あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

  • 654人登録
  • 3.47評価
    • (12)
    • (54)
    • (59)
    • (11)
    • (1)
  • 60レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936606

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 6人の女性を主人公にした短編集。

    年齢も職業も背負っているものもちがう彼女たちに共通なこと。
    ”一生懸命に生きている”ということ。
    困難な状況になったとき、見えてくる”大切なこと”、”大切な人”

    解説の中にあったことば。
    <自分は、自分の大切な人>
    納得!!!

    6編のうち、一番好きなのは『波打ち際の二人』
    ハグとナガラの物語。
    【星がひとつほしいとの祈り】【さいはての彼女】にも登場するあの二人です。

  • 勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独の内に他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは…(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人の存在に気が付いた時の温かい気持ちを描く珠玉の六編。

  • 独身女性がそれぞれ主人公の6編。
    特に、女性読者には「読む特効薬」。
    世界を飛び回る著者らしく、舞台は日本ばかりでなく、トルコ、ロスそしてメキシコと多岐にわたっている。

  • 恋愛というよりは家族との繋がりがメインの話。

  • 自立して生きる女性たちの短編集。
    ただのハッピーエンドではない、心の奥に火が灯る、ときに涙が溢れそうになる。
    女性はやっぱり強い。

  • うつくしいものに触れる人生。たどり着けない場所への憧憬を抱くことすら、そのひとの物語を輝かせる。

  • 原田マハの短編集。母の葬儀で母の父への愛を知る姉妹の姉・栄美の(最後の伝言)。マナミの友人のメキシカン料理の得意な老婦人の六十歳の素敵な結婚の話しの(月夜のアボガド)。亡くなった父から送られた誕生日の贈り物を受けとる聡美の(無用の人)。イスタンブールで私のなき母の作った梅干しを食べて感動するエミネの(緑陰のマナ)。母の介護に疲れた私・波口喜美が友人ナガラと旅する(波打ち際のふたり)。ルイス・バラガン邸を訪れた咲子のかつてのビジネスパートナー青柳君への想いを描いた(皿の上の孤独)。歳を重ねた独身女性の想いを綴った小説。

  • 読みやすく良かった。
    「最後の伝言」が素敵だった。
    短編全てがじんわりと優しく、誰かを大切に思う気持ちが伝わってくる。それと同時にタイトルにあるように、自分もまた「誰かの大切な人」なんだと感じた。

  • 20170808

  • 独身女性達が主人公の短編小説。原田マハの小説は、所々に響く言葉がある。今回気に入った言葉の2つを記載。

    ①一番の幸福は、自分が好きな人と一緒に過ごすってこと。大好きな人と、食卓で向かい合って美味しい食事をする。笑ってしまうほど単純で、かけがえのない、ささやかなこと。それこそが、何にも勝る幸福なんだ。

    ②たとえ一般的には何の価値もなく、無用扱いされているものであっても、自分にとって面白いものであれば、それは面白い。

    主人公の女性達と自分を時々重ね合わせて、心に響いた言葉を胸に留めて自身の生活を豊かにしていきたい。

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)のKindle版

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする