あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

  • 589人登録
  • 3.46評価
    • (8)
    • (50)
    • (45)
    • (9)
    • (2)
  • 53レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936606

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
原田 マハ
宮下 奈都
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独の内に他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは…(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人の存在に気が付いた時の温かい気持ちを描く珠玉の六編。

  • 独身女性がそれぞれ主人公の6編。
    特に、女性読者には「読む特効薬」。
    世界を飛び回る著者らしく、舞台は日本ばかりでなく、トルコ、ロスそしてメキシコと多岐にわたっている。

  • うつくしいものに触れる人生。たどり着けない場所への憧憬を抱くことすら、そのひとの物語を輝かせる。

  • 原田マハの短編集。母の葬儀で母の父への愛を知る姉妹の姉・栄美の(最後の伝言)。マナミの友人のメキシカン料理の得意な老婦人の六十歳の素敵な結婚の話しの(月夜のアボガド)。亡くなった父から送られた誕生日の贈り物を受けとる聡美の(無用の人)。イスタンブールで私のなき母の作った梅干しを食べて感動するエミネの(緑陰のマナ)。母の介護に疲れた私・波口喜美が友人ナガラと旅する(波打ち際のふたり)。ルイス・バラガン邸を訪れた咲子のかつてのビジネスパートナー青柳君への想いを描いた(皿の上の孤独)。歳を重ねた独身女性の想いを綴った小説。

  • 読みやすく良かった。
    「最後の伝言」が素敵だった。
    短編全てがじんわりと優しく、誰かを大切に思う気持ちが伝わってくる。それと同時にタイトルにあるように、自分もまた「誰かの大切な人」なんだと感じた。

  • 独身女性達が主人公の短編小説。原田マハの小説は、所々に響く言葉がある。今回気に入った言葉の2つを記載。

    ①一番の幸福は、自分が好きな人と一緒に過ごすってこと。大好きな人と、食卓で向かい合って美味しい食事をする。笑ってしまうほど単純で、かけがえのない、ささやかなこと。それこそが、何にも勝る幸福なんだ。

    ②たとえ一般的には何の価値もなく、無用扱いされているものであっても、自分にとって面白いものであれば、それは面白い。

    主人公の女性達と自分を時々重ね合わせて、心に響いた言葉を胸に留めて自身の生活を豊かにしていきたい。

  • 中年独身女性たちの話。

    歳を重ねて 良くも悪くもいろいろな経験をした女性たちは
    大切な人と素敵な老後を過ごしていただきたい。

    穏やかな場所に旅に出たくなったな。

  • 人は一人では生きているわけでない。当たり前のことを感じさせる本でした。

  • 原田マハさんの文章は温かいな。ほっこりしたり、ジーンときたりと、短編なので少し物足りなさを感じながらも、結構よかった。☆3.5と言ったところ。

    急に母親を思い出した。こないだ電話で話したばかりなのに、なんだか恋しくなった。

  • 6/25 読破
    短編集です。原田マハさんの作品によくある女性を主人公としたお話でした。話の舞台が海外であることも多く、行ってみたい!という気持ちになりました。特に好きだった話は「最後の伝言」です。夫が典型的な髪結いの話。妻がどれだけ夫を思っていたのか、、最後は涙を流しながら読みました。
    本のタイトル通り自分も「誰かの大切な人」だといいなぁ って思いました。

  • 20170624 短編のよさがわかる。タイトルのつけ方からよくできでいると思う。素直に読み進められて自分を見直す機会が持てそうな気分にさせてくれる。

  • 「最後の伝言」「無用の人」「波打ち際のふたり」など共感出来るが、全体的に設定や表現、文章が気取っていて苦手。

  • 6編から成る短編集。総じて原田マハらしい、“救い”の物語だなーと思った。
    私は「最後の伝言」が一番好き。顔だけが取り柄というダメ父が、母が亡くなる時も病院に来ず、「母が大事じゃないのか」と怒る娘たち。それでも父は、本当に母を必要としていた。そして母も父が好きだった。そういう物語。
    病院に会いに来ない父に怒る娘たちだけど、実は母に「来ないで」と言われていた父。「化粧をしていない姿を見せたくないから」という理由で。最後まで父親に恋してたんだね。なんかステキ。
    まあ自分がこの父親の娘になりたいかっていうと、それは別の話だけど(笑)

  • 原田マハさんの短編集は苦手かも。
    いい話なんだろうけど、作り話っぽさが寄り添えない。
    でも書きたいジャンルなんだろうな

  • たとえ今孤独であっても、まだ記憶のない頃に誰かの大切な人であったり、未来で誰かの大切な人になるかもしれない。少し照れくさいけれど、そんなタイトルからして秀逸。一話一話、大事に丁寧に読みたくなる短編ばかり。
    思いがけない再会もあった。他作品の登場人物にまた別の作品で再び遭遇するのは嬉しく、旧知の人の息災を知るような不思議な気持ち。ナガラの「人生を、もっと足掻こう」の一文がとても懐かしく、『緑陰のマナ』の「あなたを今日まで、ずっと守ってくれた食べ物だったのですね」の一言に泣けた。

  • 無用の人の話が好きだった。
    主人公の父親の朴訥な人柄がたまらなかった。

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする