あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

  • 589人登録
  • 3.46評価
    • (8)
    • (50)
    • (45)
    • (9)
    • (2)
  • 53レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936606

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
恩田 陸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中年女性が主人公の絆をテーマにした短編集。どの話も甲乙つけがたい傑作ぞろいだが、個人的には第一話「最後の伝言」が女性の男にはない強い魅力を感じた。おススメ。
    あらすじ(背表紙より)
    勤務先の美術館に宅配便が届く。差出人はひと月前、孤独の内に他界した父。つまらない人間と妻には疎まれても、娘の進路を密かに理解していた父の最後のメッセージとは…(「無用の人」)。歳を重ねて寂しさと不安を感じる独身女性が、かけがえのない人の存在に気が付いた時の温かい気持ちを描く珠玉の六編。

  • それぞれの「誰かの大切な人」を描いた短編集。
    一遍一遍が極上な内容な上に、また描かれる背景が目に浮かぶようで、まるで短編映画を観ているような感覚。
    個人的には、最後の「皿の上の孤独」がとても好き。「私」と青柳君の関係やお互いを大事に思う気持ちがとても切ない。世界遺産になっているバラガン邸にも、思わず行ってみたくなった。

  • 久しぶりに心があたたかくなる本を読んだって感じです。最初のお話で一気に引き込まれ、後はしみじみと読み進めました。しばらくするときっと忘れてしまうような物語たちですが、読んでいるひととき幸せに過ごすことができました。社会的、経済的に成功したと他人に思われるような人生よりも、密やかにうつくしいものを愛でる心を持つ生き方に憧れます。

  • 初めて原田マハを読んだ。
    なんとなく今まで避けていたけど。

    6つの短編集、それぞれの話が良かった。
    どれも読んでて心地よかった、静かに物語が進んでいく感じがして、でも単調ではなくて、泣けるところもあった。

    最近、心が疲れ気味だったので癒された。
    手元に置いておきたい本。また読み返そう。

    一人旅にまた行きたくなった。

  • 読みやすかったです。
    母との関係の話は、涙でした。

  • 読んでいて心がすうっと透き通る瞬間がある。
    人を愛するって素敵なことだと改めて思う。
    私も愛する人を大事にしよう。

  • 優しいお話ですね。
    やっぱり親との関わりのくだりは年齢が近いだけあってグッと来ます。いろいろ考えてしまう。
    最近湊かなえやら西加奈子やらちょっとクセの強い話を読んでばかりやったからちょっと一休みになりました。
    まぁちょっと物足りなくも感じたけど(笑)

  • 中年独身女性たちがそれぞれの主人公の短編集。
    舞台や職業など皆違うけれど、『誰かの大切な人』

  • 三十後半以上の女性たちが主人公の、根底静かで、しっかりとした短編集。
    ひと作品ずつ泣きながら読む。@アレキパ、ペルーのホテルの中庭。
    アレキパが似合う小説でもあった。

    最後の解説もまた、秀逸。
    「家族といった助け合うことを前提とした既存の集団単位ではなく、恋愛のような情動に駆られた関係でもなく、人間同士として相手と向き合って関係を築いて行くことの豊かさが、本作の随所で描かれていく。
    ただし、単純に「自分の人生に大好きな人がいてよかった」という展開にはしていないところが秀逸だ。そんな相手が常に傍にいるとは限らないし、大好きな人でも気持ちがすれ違う時はあるし、一生一緒にいられるわけもなく、、、だからこそ、大事な人とつながる瞬間がいかに貴重かが伝わってくる。
    その一方で。。。(中略)孤独の大切さもほのかに見せているのが心憎いところなのだ。孤独を愛する人の豊かさを否定しない優しさがそこにはある。」

    一人旅が好きだ。
    人との関わりは少し面倒だ。
    だけど、時に関わって、時に助けられて、良かったと感じる。
    人との関わりが苦手だけど、それでも、人と大事な関係は瞬間、持てているのかもしれないと、自分を肯定できる本でもあった。

    2017.08.15@Arequipa Peru

  • 安定の面白さ。
    感情移入してしまうので公共の場では辞めておいた方がいいかも(笑)

    人には様々な幸福がある。
    それに気づく機会も必ずある。
    そう思わせてくれる一冊。

  • 同世代女性として共感できるところはあるが、彼女達のように自立できていれば、未来に自信がもてるんだと思う。美術以外にも見てみたいと思うモノがたくさん登場して興味深かった。

  • 長期病院通いのため、待っている時間に軽く読めるのがないかな、と短編集だったのと薄さで手に取りました。
    原田マハさんを読んだのは初めて。
    短いお話の中に人の優しさ暖かさが凝縮されていました。
    舞台となる場所や季節どれも違って、空気感や色が感じられて良かったと思います。
    好きだな、もっと読んでみよう。

  • 初めての作家さん。バスの車中用に購入して、2往復目で一気に読了。
    6つの短編集。
    女性の作家が書く女性の話。
    これまで出会った女性作家のどなたとも少し違う小説で、おもしろかった。

    今日とある講習会に参加。
    年齢が私の半分以下の女性に若干不愉快な思いをした。
    別に長く生きてるからとえらそぶったつもりはないし、若さをうらやましがったりもしていない。若いけれど私が経験したことがない職業についていると知って、職場の様子を尋ねたら「私ら下っ端にはわかりません。」と返答。
    それならばと、グループワークで与えられた課題に私の意見を出しても無反応。そればかりか私の意見は無視した挙句、自分の意見で場をまとめてしまったので、「まっいいか。」と大人の対応をしたところ、結局私の意見が正解。ほら見たことか…など大人げないことは言わず黙っていると、彼女も無反応のまま終了。
    無駄に年齢を重ねているわけじゃない!と、言うつもりはないけれど、自分の親より年上の人の言うことってちょっと聞いてみてもいいんじゃない?だって、自分の知らないこと知ってるんじゃないかしら?と思いませんか?普通。
    私ら未だに知らないことばっかり。知らないことに出会うことを楽しみにすら感じてる。だから自分より若い人からも、聞きたいこといっぱいあるし、本を読むのもそう。突発的に講演会や講習会に参加するのもそう。人の話って聞かなきゃ知るチャンスを自分で捨ててることになるのにな。

    「あなたは、誰かの大切な人」の感想からかけ離れてしまいましたが、6人のそれぞれの主人公の生きざまがはっきり見えて、頑張ったから「今」があることに爽快感を覚えました。
    人は決して無駄に年齢を重ねてはいないと、今日の体験で自分が感じたことを証明してくれた気がします。

  • 短編集だが、どれも少しずつジンと来るものがあるストーリーばかり。
    一人でいること、年取っていく親のこと、色々考えさせられた。そしてなにより、誰かの大切な人でいたい、としみじみ思った。

  • それぞれの女性の転機における場面を描いた短編集。
    幸せの形や何を大切にするかはそれぞれに違うってしみじみ思いました。
    そして女友達を大切にしたいなとも思いました。

  • 最後の伝言
    Save the Last Dance for Me

    月夜のアボカド
    A Gift from Ester's Kitchen

    無用の人
    Birthday Surprise

    緑陰のマナ
    Manna in the Green Shadow

    波打ち際のふたり
    A Day on the Spring Beach

    皿の上の孤独
    Barragan's Solitud 

    誰かがあなたのことを大切に思っているよ
    どこかで きっと

  • 3.5
    短編集
    他界した母。
    年齢も国籍も違うが魂が温かくなるような料理を食べさせてくれる友。
    身も心も疲れ果てた時力をくれる友。
    同志であり、友であり、心の恋人である異性。

    女性の視点で描く、大切な人

  • 原田マハさん、(引き続き)ハマリ中・・
    40代女性、独身。私もこんな風に思える人生になるのかな。
    『最後の伝言』『月夜のアボカド』『無用の人』『緑陰のマナ』『波打ち際のふたり』『皿の上の孤独』

  • 部下がこの人の小説を読んでいたことを聞いていたので、鴨川散策へ行く前に丸善で平積みになっていたので買った。優しい物語を書く人だなというのが感想です。

  • 2017.6.2
    最近大好きな原田マハさんの短編集。読み終わった後ほっこり、でもただただほっこり感があるだけじゃない。しっかり自分の人生を歩んでいく女性たちが描かれていて、でもその中には迷いや悩みもあって。人は、人から見ただけじゃ分からない色んなものを抱えながら生きている。良いことも悪いことも、全部ひっくるめて、自分の人生を愛してあげたいと思った。瀧井さんの解説もまたステキ。

  • こつこつと仕事をする。
    地道に取り組む。
    自分らしく生きる。
    ひたすら繰り返す。

  • ひたむきに自分を生きている人への
    原田マハさんの視線は真摯で辛辣だけど
    底抜けに優しい。

    描かれた美しい女性たちの生き方とともに
    タイトルの言葉が胸に沁みます。

  • 作者の話は大好きだ。絵に興味があるから尚更親近感があるのかも。
    このお話は強い女子の話。ものすごく前向きで、頑張ってる、すごくきちんとした妙齢の女子。いろいろあるよね、これだけ生きてくれば、恋も仕事も家族も・・・。前に向かって進んでいく彼女達は手の届きそうな憧れで、元気や勇気をくれる・・・本当にそんな話なんだけど。
    こんなにみんな強く生きれるのかな?ずるずるずるずる思っていたのと違う方向へ流されてしまったから、こんな卑屈な思いを抱いてしまうのかな?
    強く進んで行けないからか・・・岡倉天心の本を残して逝ったお父さんにものすごく共感できた。娘(こども)に伝えたいことはたくさんあるけど、「あなた(娘)のことを信じて、理解していたよ。」と、最期に素敵な方法で伝えてくれる。信じられてることって幸せなことだよなぁと思った。
    ちょっと私には主人公の彼女達は眩しすぎる存在だったかな。

  • どのお話も文句なく素敵なんだけど、なんかタイトルがダサくないか?
    いつもな原田マハさんらしくないというか。各作品のタイトルは秀逸なのにぁ。無用の人とか、月夜のアボカドとか。すごい素敵。

    まだまだ、人生がんばれるかな?
    かんばろうかな。
    まぁがんばってみるか。

    だって、たぶん、(こんな自分は)ひとりじゃないから。

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする