あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)

  • 590人登録
  • 3.48評価
    • (9)
    • (50)
    • (46)
    • (10)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2017年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936606

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 恋や仕事や家庭に向かってがむしゃらに突っ走って、どこかで自分を騙しているのに気づきながらも突っ走って、ふと立ち止まった時に襲ってくる孤独感。でもそれを受け入れちゃうと今までの自分を裏切ることになるからできなくて。そんなやり切れない気持ちを抱えている女性が主人公の物語もあった。世界中が舞台、でも人間は同じ。同じようなことで笑ったり泣いたり。私は孤独だ、戦わないとと暗示かけている時に自然に現れる自分の本当の心を気づかせてくれる人。その人があなたの、そして私の大切な人なのかもしれない。泣いた泣いた。泣かされた。

  • タイトル通りの内容。
    中身を再確認せず図書館に返してしまった。
    ので細かい内容は書けないけど、
    1番最初のお話、破天荒放浪癖のあるお父さんと奥さんの話が1番良かった。
    原田マハさんの本、初めて読んだけどいきなり気に入れたのでこれから読んでみようと思った。
    こちらは短編集でした。

  • ラスト2話が結構好き。赤穂の温泉にも入ってみたくなったし、ルイス・バラガン邸にも行ってみたい。


    最後の伝言:美容師の母が亡くなった。ろくでなしだけどイケメンの父が葬式に現れない。
    月夜のアボカド:ロスに住む友人から教わったメキシコ料理のレシピ。
    無用の人:他界した父から誕生日に宅配便で届いた鍵。第二展示室に展示されたロスコの抽象画。
    緑陰のマナ:イスタンブール2回目の訪問。日本から持ってきた梅干とトルコで食べたシガラボレイ。2つのマナ(食物)。
    波打ち際のふたり:旅友のナガラとの赤穂温泉旅行。認知症となった母。「大丈夫。イケるって」
    皿の上の孤独:ルイス・バラガン邸を見るためメキシコへ来た咲子。かつてのビジネスパートナーで緑内障にかかった青柳君。「案外、しぶといですね、僕ら」

  • 短編集で、一つ一つの話が女性としてホッとする話でした。ひたひたと幸せと言うか満足感が満ちてくる印象。でも読む人にとっては孤独を感じると思います。

あなたは、誰かの大切な人 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする