神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)

  • 40人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高田崇史
  • 講談社 (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936989

神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • QEDシリーズのように、興味深く面白い。
    ずっと本棚に残しておこうとは、思わないけど。

  • まさかの続編ではなく前日譚。   
    なかなか面白い歴史解釈。   
    この時代には全く詳しくないので目から鱗。   
    この説が今現在どれほどの立場にいるのかは分からないが、歴史は追究すればするほど楽しい。  

    神社に行きたくなるシリーズ第2弾。

  • 日本武尊と弟橘媛にまつわる悲劇の真相を解き明かす!
    横浜・レンガ倉庫近くで、OLの涙川紗也が男の刺殺体を発見。その頃、東海地方は、未曾有の豪雨に襲われていた。巫女の血を引く辻曲兄妹は、背後に、日本武尊と弟橘媛を巻き込んだ、巨大な陰謀の存在を察知する!

全3件中 1 - 3件を表示

高田崇史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)の作品紹介

横浜・レンガ倉庫近くで、OLの涙川紗也が男の刺殺体を発見。その頃、東海地方は、未曽有の豪雨に襲われていた。巫女の血を引く辻曲兄妹は、この全く無関係に思える事象の背後に、古代史上の人物、日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛(おとたちばなひめ)を巻き込んだ、巨大な陰謀の存在を察知する!

神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)はこんな本です

神の時空 倭の水霊 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする