シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)

  • 285人登録
  • 3.87評価
    • (22)
    • (33)
    • (17)
    • (6)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 講談社 (2017年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062936996

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ゴッド・オブ・ミステリー・島田荘司推薦!
    「これは歴史の重厚に、名探偵のケレン味が挑む興奮作だ」―島田荘司。シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。聖典のあらゆる矛盾が解消され論証される、20世紀以来最高のホームズ物語、ここに誕生。

  • 2017年6月講談社文庫刊。書下ろし。ホームズが、伊藤博文のいる日本で、大津事件に挑むお話。ホームズにあまり感心できませんでした。らしくないような。

  • 本当に伊藤博文とシャーロック・ホームズが出会ったように感じながら、とても楽しく読めました。
    シャーロック・ホームズのお話は子供の頃に読んだことがありますが、あくまでも海外の事件で距離感がありました。本作では日本の事件を伊藤博文とシャーロック・ホームズが解決へ導いていくので、親近感がわきます。クライマックスへ向かうにつれ、とてもハラハラドキドキしながら読みました。

    大人しくしていられないシャーロック・ホームズはいつもやんちゃで好奇心旺盛。まるで子供のようで、また首を突っ込んでる! と毎回心配になる反面、彼が絡んでどのような事件展開になるのかと楽しみでもありました。

    タイトルを見たときに、どうやって伊藤博文と絡むのかと本の発売を心待ちにした甲斐がありました。
    伊藤博文については千円札の人というイメージしかなかったので、とても興味をかき立てられて人物史を読んでみたくなりました。

    歴史的な重要な事件と個性の強い2人が対峙する様には大興奮でした。本当に2人が会っていたらいいなと思わずに入られません。

  •  シャーロック・ホームズは中学生の頃に全作読んでいるはずなのに、さすがにホームズのことを思い出すことは少ない。しかし、成長期に読んだ本の印象だけは最近読んだ本よりも何故か残る。ホームズを描写するワトソンとホームズの探偵事務所の情景はいつも思い出すことができる。当時、表紙などろくに付いていなかった文庫本を手に取って、子ども小説から卒業して大人の時代に自分は突入するとの自覚をもって開いたのがホームズの短編集だった。

     そのホームズのシリーズをまさか松岡圭祐の著書として読むことになろうとは! しかもエキセントリックなタイトル。歴史の中に実在の人物と架空のヒーローを織り交ぜて何位をしようというのか?

     しかし読後の印象は、松岡ワールドに入り込むシャーロック・ホームズのあまりのフィット感に愕然とするばかり。

    松岡圭祐とホームズがこんなにもフィットすることに今まで気づかなかった自分が、今さらながら愚かであった。『千里眼』シリーズを全部読んでいるくせに現代の臨床心理士を描いた作家の根幹に、実はホームズの観察力+推理力が潜在していたことを気づかずにいたのだから。

    ここで描かれるホームズは、持ち前の推理力で大津事件とロシアの裏事情にある謀略を抉ることで何と日本を救う。『催眠』や『千里眼』のシリーズで広げられた大風呂敷のプロットが、何とホームズと伊藤博文のいた時代に広げられる。ああ、松岡ワールドだなあ、と思う。

    このところ美人ヒロイン小説のシリーズに終始していた松岡圭祐が真向勝負の歴史小説『黄砂の籠城』に続き、歴史に推理と冒険を加えて原点回帰のスケール感のあるエンターテインメントを書いてくれたことが何より嬉しい。

  • 自分の中で伊藤博文よりもシャーロック・ホームズの方が知ってる人だった(笑) 明治時代の日本に来たホームズの様子を読めるだけでも有り難いです。しかも歴史に絡んできたヨ〜 イッキ読みでした!

  • 明治時代の日本に、小説上の人物であるシャーロックホームズが登場し、現実に起こった事件(大津事件等。ただし、架空の設定の箇所があるかもしれない。)がもたらす国難を伊藤博文とシャーロック・ホームズが解決していくという展開。エンターテインメント小説な面が強いですが、ミステリー(推理小説)でもあり、一気に読了してしまいました。

  • いやぁ、実に惜しい!
    自分に歴史的知識がもう少しあったら楽しかったのに!!

    歴史知らずからすると、中盤チョイだれちゃうかも
    でも後半はしっかりいつものスッキリ味と家族愛の松岡節まで付いてくる。

    ただ、そろそろ添乗員さんとか公務員さんに逢いたいなぁ…と

  • パスティーシュとしてとても面白く読んでしまった。
    ホームズとバリツの謎が、ね。うふふ。
    こういうとんでもな繋がり方、嫌いではないです。

  • シャーロック・ホームズがライヘンバッハの滝で失踪した後に、日本に渡航して伊藤博文に会っていたという設定のパスティーシュ・ミステリ。
    タイトルに「対」と付けていて殆ど対決しないのは、、もう珍しくも何とも無いが、この作品では対決どころか互いに協力し合っている。ここまで「対」じゃないと流石に違和感を感じてしまった。
    当時の日本で現実に起こった有名な事件をホームズが推理するのだが、これが結構説得力があり、本当にそういう真相だったのじゃないかと錯覚した。何より小説として面白い。
    日本人を美化しすぎている点が気になったが、これは出色のホームズ・パスティーシュじゃないかな?

  • 歴史が苦手なので当時の状況説明されても全く頭に入らない。そのうえロシア人だかイギリス人だかカタカナ名もたくさんで、謎解きどころじゃなかった。完全に苦手分野で残念。

  • 日本の実際あった事件、大津事件にホームズが挑む話。

    ホームズはもちろん空想上の人物ですが、実際に大津事件にこんなふうに関与してたかもしれないとおもわせるくらい上手くハマってました。

    ホームズの空白時代の話しなので、ワトソンはほんの少ししか出てきませんがそれでもホームズとの関係性がやっぱり良い。

    あとはマイクロフトとの兄弟関係についても良かったです。

    伊藤博文かっこよかった。
    教科書程度のことしか知らないからどんな人なのか実際のとこはよくわからないけど、少なくともこの伊藤博文はかっこよかった。

  • 最高に面白かった。 ところでこれが日本礼賛とか賛美小説とか言ってる人、正気か。太平洋戦争じゃなく明治時代だぞ。欧州の中でも特にイギリスが日本に憧憬を持ち、この前年に皇太子が来日し、大勢のイギリス人建築士や科学者が日本の行政に協力した頃だ。日本に到着する前後のホームズの心理描写は、ハーバート・G・ポンティングの著書のアレンジで、やはり船旅で日本に来た当時のイギリス人の感情を再現したものだ。著者の勝手な日本賛美ではない。そうして時代は日英同盟へと向かう。イギリス人の日本人観が悪くなるのは日露戦争からかなり経ち、中国での陸軍の横暴が見えるようになってからだ。 アルセーヌ・ルパンですら短編「謎の旅行者」で日本へ行ってみたいと話すほど、一時期欧州で日本は評判が高かった。 ほんと、そんな時代背景も知らんのが読んだりするんだな。呆れる。

  • 途中まで読んだけど、日本人礼賛が見え見えで、鼻についてやめた。前作から歴史小説家に転身されたようですが、不自然なまでに日本人が素晴らしいと持ち上げ、帯には大物与党政治家の推薦の言葉。この先にあるのは政治家転身か? 全作読んできましたが、もういいかなー。

  • 松岡圭佑によるシャーロック・ホームズのパスティーシュ作品。
    ライエンバッハの滝におけるホームズとモリアーティ教授の対決の後、ホームズが日本に渡り、現実の歴史的事件の解決に携わっていたら…という筋。
    いつもながらディティールにこだわったエンターテイメント小説。トリックも秀逸で、手に汗握るアクションやほろっと来る場面もあり、とても上質で贅沢な作品。

  • 1891年、同時期に起こっていたライヘンバッハの死闘と日本の大津事件。
    いくつもの架空のシーンが、架空の名探偵をこの現実の歴史に迎え入れる。
    著者さすがのエンタメに牽引され、ロマンと謎解きに目を輝かせ、歴史と人の想いに胸を熱くする。

    聖典未読の僕がライヘンバッハの滝にて初対面を果たしたホームズは、自身の死を偽装し、姿をくらますことで犯罪組織を一網打尽にせんとするとにかく超スゲーやつで
    そしてかつて確かにあった日本の尊い魂。
    法治国家とはどんなものか、途上で悩む伊藤博文。
    悪への私刑を果たしてしまったホームズは何を思うのか。

  • 松岡圭祐さんの本、新刊が出るたびに買っているのだけれど
    最近、急に近代史モノになって、歴史が苦手なので、前作の『黄砂の籠城』上下は途中で保留状態(^-^;
    これは、読みやすかったです。
    伊藤博文は初代総理大臣であったことと千円札のヒゲの人、っていうくらいのことしか知らず、
    むしろ、子どもの頃に読んだシャーロック・ホームズの方がよく知ってました(実在人物ではないでしょうけれど)。

    でも、2人が本当に出会っていて史実を表現しているかのような、リアルさ。そしてとても面白かったです。

  • 一気読み。面白かった。
    ストーリー展開良し。シャーロック・ホームズ作品の醸し出し良し。伊藤博文の人物像良し。歴史的事件等も良し。

  • まさか、ホームズ氏がこんな形で大津事件の後始末に関わっていたとは(笑)。
    日本でも人気のドラマSHERLOCKも楽しいが、本家本元のホームズが明治の日本にやって来て、伊藤博文と行動を共にするという、シャーロック好きは勿論、そうで無い方にも読んで損はないミステリ。

  • シャーロックホームズにしては、情に厚く常識的な人物像でした。

    でも、やっぱりホームズはホームズ。

  • 発想がすごい。本当に二人が出会っていたかのような話でした。歴史ものが苦手なので私には少し読みづらく。。。☆3。

  • なぜこれを書いたのかが分からないし、どこまでがフィクションなのかも分からないが、とにかく面白かった。すごいね。

  • 人生について書くのなら
    まず人生を送らねばならない。
    生きることが人生だ。
    生きた結果ではない。

  • 時代背景・登場人物の嗜好に、かなりスケールの大きな推理が加わり、読後満足度は大きい。映像化して欲しい。

  • 映画向けかな。

全33件中 1 - 25件を表示

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)の作品紹介

ゴッド・オブ・ミステリー・島田荘司推薦! これは歴史の重厚に、名探偵のケレン味が挑む興奮作だ。
シャーロック・ホームズが現実の歴史に溶けこんだ。いかに彼は目撃者のいないライヘンバッハの滝で、モリアーティ教授に対する正当防衛を立証し、社会復帰しえたのか。日本で実際に起きた大津事件の謎に挑み、伊藤博文と逢着する。聖典【シリーズ】のあらゆる矛盾が解消され論証される、二十世紀以来最高のホームズ物語。

細谷正充 (文芸評論家)
 松岡圭祐の新刊は、なんとシャーロック・ホームズと伊藤博文が、明治の日本で共演する。おまけに扱う事件が、日本とロシアを震撼させた大津事件。時代ミステリーの秀作にして、新たなるホームズ譚の収穫。これほどの物語が文庫書き下ろしで入手できるとは、なんとも嬉しいことである。

北原尚彦(作家・ホームズ研究家)
 ホームズが死亡していたと思われ不在だった時期(ホームズ研究家=シャーロッキアンは「大失踪期間」と呼ぶ)に何をしていたのかについて、「チベットなど東洋へ行っていた」と説明されるものの、詳述されることはない。その謎に秘められた期間、ホームズは秘かに日本に渡っており、伊藤博文とともに難事件を解決していた。それも、歴史に残る重大な出来事に隠された真実を。──それが本書『シャーロック・ホームズ対伊藤博文』なのである。
 本作では、歴史上の出来事とシャーロック・ホームズの年代記を巧みに組み合わせている。博文は一八六三年から六四年にかけて、実際に仲間とともに渡英している。だからこの際に、博文とホームズの(最初の)出会いがあっても不思議ではないのだ。
 本作は虚実の混ぜ具合が、実に絶妙だ。山田風太郎や横田順彌の明治小説と似た味わいの、重厚でありながら第一級のエンターテインメントなのである。

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする