Aではない君と (講談社文庫)

  • 236人登録
  • 4.13評価
    • (15)
    • (16)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 薬丸岳
  • 講談社 (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937146

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Aではない君と (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 薬丸岳『Aではない君と』講談社文庫。

    確かに途中、胸を打たれる展開もあったが、読後は暗澹たる気持ちになった。そういう意味では初めて薬丸岳に裏切られたように思う。決して、面白くなかったのではなく、余りにも終盤の展開が重過ぎて、打ちのめされてしまったのだ。どうして、薬丸岳はこうした難しいテーマを題材にしても真っ向勝負で納得のゆく決着を描けるのだろうか…本当に凄い作家だと思う。

    同級生の殺人容疑で14歳の息子・翼が逮捕される。両親や弁護士の問いにも頑なに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話していた…果たして真実は…

  • あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが。少年犯罪に向き合ってきた著者の一つの到達点にして真摯な眼差しが胸を打つ吉川文学新人賞受賞作。

  • 一気読み。物事の良し悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ、という一文が深く印象に残った。読後感爽やか、ではないけど、読んでよかったなと思います。

  • 今まで感じた事がないような、言葉で言い表せない感情を持ちながら読みました。
    少年犯罪と親子をテーマに書かれており、内容はかなり重いです。ですが、文章は読みやすくあっという間にこの世界に引き込まれ、一日で一気読みしてしまいました。
    読後は決してすっきりはせず、色んな感情がごちゃごちゃしますが、読む価値ありです。

    かなり重めの内容なので、疲れている時や気分が沈んでいる時は、読むのを控えた方が良いかもしれません。

  • 離婚した妻と暮らす14歳の息子が同級生を殺した。建設会社での仕事も順調で、部下である恋人との再婚も間近という順風満帆な人生を歩んでいた主人公に突然訪れる事件。
    序盤は自分への被害がなるべく少なくなるようにとか、なるべく職場にバレないようにと考える主人公が妙にリアル。
    息子がどうして同級生を殺してしまったのかが明らかになっていく過程も読み応えあるが、本作のメインは加害者である息子がどうやって罪を償うのか主人公が悩むところであろう。もちろん答えなんてなく、とても重い結末だった。
    被害者少年は、殺されたこと自体はかわいそうではあるが、自業自得な側面も感じてしまう。そういう意味でもスッキリしない終わらせ方だったが、逆に真実味がある。

  • 自分の子供が殺される-もし自分にそんなことが起きてしまったら、いったいどういう風になってしまうのだろう。または殺す側だったら・・・とても想像することが出来ない。というか想像するのが怖い。それによって現実になってしまいそうな気がする。
    犯罪者の身内ということでは、東野圭吾の「手紙」が強く記憶に残っている。本作もまた、残るだろうか。

  • 子供を殺された親、かがいしやの親、こころを殺されたもの、体を殺されたもの、とても考えさせられた小説。特に第三章が良かった。

  • 動物を殺すことは許されるのに、人を殺すことは許されないのはなぜか。
    心を殺すのは許されるのに、からだを殺すのは許されないのはなぜか。
    心を殺すのと、からだを殺すのはどちらが罪なのか。

    14歳の少年が殺人を犯した。
    少年法に基づき、処罰を受ける。

    その後、更生できるのか。

    社会は人を殺したことのあるものを受け入れてくれるのだろうか。

    近くに少年法で守られている時に人を殺したことのあるひとがいると分かったら、受け入れることができるだろうか。

    ひとを殺したことはなくても、ひとを裏切ったことはなかったか。
    とても考えさせられる作品だった

  • 本屋で何気なく手に取った本。
    ページをめくる手が止まらなくて、短時間で読み終えてしまいました。
    自分が吉永だったらどうするか、翼だったらどう思うか……、そんなことを考えながら読みました。
    吉永の父親が言った「物事のよし悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ」。
    この言葉が胸にきました。

  • ストーリーとしてはぐっと引きこまれ、考えさせられる部分があった。けれど後味というか、納得できない部分が残った。結局こころとからだを殺すことのうち、からだを殺す方が悪いと父親は言う。理由は被害者の父親はもう被害者と会話したりできないからだという。それに併せて加害者である息子に生きていてくれてよかったと言う。けれど一方で最終的にはこの十字架は息子一人が背負って生きていくのだと締めくくる。
    随分自分勝手だなぁと思った。こころを殺されて、このあとも社会的にも精神的にも殺され続けなければならない息子。ひとりで生きて行かねばならない。それほど人を殺すということは重いことだが、心を殺された「被害」に対する「罰」はどこにいくのか?加害者の息子のした悪行は結局、世間にはしらされない。動物の命を奪わせる残虐な行為を強いておいて、その強いたことに対する罪はお咎めなしというのが納得できない。勿論それが法律であり、法律上はペットを殺されても所詮器物損壊にとどまる。けれどなぜ人を殺して罪になり、愛する「家族」である飼い猫を殺されても罪に問われないのか?私の倫理観がおかしいのかもしれないが、長い間その理由がわからない。
    また被害者の父親の心境も理解できない。自分が親だったら殺されて当然のことをしたと思う。むしろ本当の被害者だったのは、心を殺された加害者のほうではないかと思う。

  • 本当に一気読み。個人的に、薬丸岳史上一番辛い気持ちになった。重いのはいつものことで、そしてそういう薬丸さんの小説が好きなんだけど、今回はいつもと違う感じだった。
    子どもが殺人という罪を犯して、そしてまったく反省しなかったら、どうしたらいいんだろうか?子どもはいないけど、考えるだけで苦しい。きっと「自分の育て方が悪かった」と思って反省するだろう。でも子どもにどうやったらその罪の重さを自覚してもらえるかっていうと…。
    そして少年院から出てきた翼が、心から反省して、でも「この先、翼のことを本当にわかってくれる人とは出会えないのだ。」というモノローグは、ものすごく重い。
    罪と向き合うって、こういうことか。これが殺人でなければ、なにか違うのか。

  • 自身の子どもが殺人事件を起こしたとき、どのように罪と向き合い、謝罪していけばよいのか?重いテーマに取り組んだ意欲作。公私ともに順調に見えた吉永圭一に、離婚した妻が引き取った息子翼から電話が入ったが、その場で出られなかった。その後翼が逮捕されたことを知らされる。事情を全く話さない翼。翼と向き合ってこず、翼の現在を全く知らない自身に気づく。次第に事実が明らかになり、翼の苦しみやそのサインを見過ごしていたことを知る。
    自分やその周囲に人物は殺人事件の被害者にしかならないわけではなく、加害者にもなりうる。またちょっとしたかけ違いでそんなことが起こりうる。加害者は悪党だけがなるものではない。子供とはいえ、その人生をすべて把握できるわけではなく、未成年で殺人を犯す子供の親は、特別な子供に無関心な親ではない。誰でも起こる重大なことにどのように向き合うのか、考えさせられる小説です。

  • もし、自分の子供が人を殺してしまったら・・・・。

    この物語の父親のように、子供に寄り添って生きることが、私にできるだろうか。
    この物語は親の成長記でもあるように感じた。

    仕事と恋愛に忙しく、子供に対して無関心気味だった父親が、事件をきっかけに、自身と子供との関係を見直し「子供との関係を深めていこう」「寄り添っていこう」と努力していく。

    終始、重苦しい内容だが、読んでよかったと思う。
    「心を殺すのは許されるのに、どうしてからだを殺しちゃいけないの?」この言葉が、読後も頭に残っている。

  • 2017/7/24 読了。
    人を殺すこと、親を愛すること、慈しむ心を持つこと、恐怖に縛られること、仲間を求めること、許しを請うこと…
    様々な、子供の純真な想いが痛いほどに飛んでくる作品。

    テンポよくスラスラ読める〜といった類の話では無いが、先が気になって止めることができない。良作。

    『物事のよし悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ』

  • 201707/「心とからだと、どちらを殺したほうが悪いの?」という問いに薬丸岳が今作で出した結末。吉川文学新人賞受賞作の今作、京極夏彦の選評「提起された問題は、読み手の許に届き、読者それぞれが『つけられない結末』を共有できる」が見事に言い表してる通り。どの登場人物達の立場になってもつらいし、理解できても感情では納得できないこともあり、それでもページめくる手は止められなかった。薬丸岳、毎回思うけど、とことんすごい作家さんだ。

  • 胸を打つ吉川英治文学新人賞受賞作
    あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話していた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが……。

全16件中 1 - 16件を表示

Aではない君と (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

Aではない君と (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Aではない君と (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Aではない君と (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Aではない君と (講談社文庫)の作品紹介

第37回吉川文学新人賞受賞作

*選考委員のコメントより

伊集院静氏
思わず唸った。
薬丸岳という小説家の力量と才能に頭が下がった。

大沢在昌氏
より道のないまっすぐな物語は、最後まで密度を失わず、
重く暗い話でありながら、目をそらすことを許さない。
名状しがたい感動を私は味わった。

京極夏彦氏
提起された問題は読み手のい許に届き、
読者それぞれが「つけられない結末」を共有できる。

恩田陸氏
もし自分が主人公の立場に立ったら、と
胸が痛くなるような心地でハラハラしながら読んだ。

Aではない君と (講談社文庫)はこんな本です

Aではない君と (講談社文庫)のKindle版

Aではない君と (講談社文庫)の単行本

ツイートする