人生相談。 (講談社文庫)

  • 101人登録
  • 3.67評価
    • (7)
    • (8)
    • (9)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 真梨幸子
  • 講談社 (2017年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062937177

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
湊 かなえ
米澤 穂信
沼田 まほかる
有効な右矢印 無効な右矢印

人生相談。 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ★4.0
    新聞に掲載された「人生相談」から始まる連作短篇集。登場人物が多く、終盤は駆け足となった印象が残るものの、様々な人生相談と的外れなようで後にじわじわ効いてくる回答が癖になる。そして、ミスリードさせる巧みな文章に加えて、それぞれが辿る末路に救いがなく、しかもそれをはっきりとは描き切らないところが面白い。さらに、嫉妬や悪意、卑屈さ等、人間の醜い部分もサラリと見せられる。特に、岡部と佐野山、葛西あたりは更生の余地がないかも。それにしても、彼女に何があって西野奈々子になってしまったのかが気になるところ。

  • 他の方も書いていますが、登場人物が多く、また偽名を使う等ミスリードを誘う文が多い為一読しただけだと理解するのが難しいです。
    私の理解力が足りないのかも知れませんが…
    人物相関図を作りながら読むか、ドラマ化等すればかなり面白い内容だと思います。

  • 旅先に寄った本屋でパラ見して購入。それぞれ別の話かと思いきや読み進めると繋がっている。
    登場人物が多く覚えきれない。初めてノートにあらすじと各章の登場人物を書き出した。
    ミスリードを狙った文章が盛り込まれているからか?わかりにくいところがある。いや自分の読解力のなさのせいだろう。でも読み切った。面白い。

  • 今読み始めたばっかりだけどいきなりイヤな感じ。
    1994年と2004年が行ったり来たりでややこしい。
    短編のようで長編。

  • 個人的ではありますが、
    今まで読んだ小説の中で
    一番面白いと感じる作品でした。

    最初読んだ時には短編集だと思い読んでいましたが
    実際そうではなく、
    結局最後まで読んだが「?」となってしまいました。
    というのも時系列と登場人物が複雑に絡み合っていて、
    それを繋げるのが難しかったからです。

    だから2回目は登場人物を紙に書きながら
    整理して読みました。
    それによって少しは話の内容とオチを
    理解できましたが、
    まだそれでも何かが引っかかっている点があります。

    自分の読解力の低さもあるかもしれませんが、
    何回も読み返したくなるような作品、
    何回も読み返さないと腑に落ちない作品
    というのは読み手にはたまらないものだと
    感じた作品でもありました。

  • 登場人物がおおくて、こんがらがった。

  • 人生相談の投稿欄を巡り、過去と現在、一見関連性がないようで網の目のように張り巡らされた相関、こんがらがった。そしてつまらない相談だなと思っていたら、ぞわっとする事実が。

  • タイトルに惹かれて読み始める。連作短編集のようなミステリー?? 強烈な個性の登場人物が多くその独特な世界に入っていけなかった。登場人物の繋がりも複雑で読み終えた後は何が何だかさっぱりわからなくなった。もう一度読んで理解しよう。。という気にもなれず。私にとっては???の本。

  • 集中して、メモを取り、相関図まで書きながら、続けて2回読んだけれど、一部この人は ???でモヤモヤ感が残ったまま。
    時系列も複雑なので、これは昔?今?となってしまう。
    自分の読解力のなさ。。。悔しいー!!

  • 文庫化。
    新聞の人生相談コーナーを主軸に、様々な事件が起きる……が、どれもこれも嫌な感じなのが素晴らしい。

  • 真梨幸子『人生相談。』講談社文庫。

    真梨幸子の真骨頂とも言うべきイヤミス小説。新聞の人生相談コーナーに寄せらた相談と回答を軸に物語は展開していく。1つ1つの相談は独立しているのかと思いきや、次第に複雑に絡み合い、最後には壮大な物語の全貌が明らかになる。

    確かにイヤミスとしては面白いのだが、余りにも物語が込み入っているせいか、読み終えた瞬間にどっと疲れた。

  • 2017年9月10日読了。
    2017年57冊目。

  • 様々な人生相談に絡めて複数の話が進行していくユニークな趣向。いけ好かなかったりゾワゾワする登場人物ばかりなのに、関係や正体を予想しながら読んでいくのは意外と楽しかった。ただし後半は見事に頭の中では収集つかずw巻末にでも空欄の相関図があったら名前を埋めながらもっと楽しめたのに。
    人物の焦点が最後まで絞れなかったからか、読み終わってもスッキリしない。とりあえず読み返しながら人物整理をしたい気分。
    エステの顛末もきつかったが、母親ならではが陥るラストの彼女のダークゾーンは同じ立場としてヒヤリとさせられる一撃だった。

  • あなた、相談する相手、間違えていませんか?
    父が遺してくれた家に、見知らぬ家族が住み着いた。しかも我が物顔で。大洋新聞の「よろず相談室」に届いた一通の人生相談。掲載された回答から導かれた予想外の悲劇。身近な事件が一つの殺意に繋がっていく。

全16件中 1 - 16件を表示

人生相談。 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生相談。 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

人生相談。 (講談社文庫)の作品紹介

大洋新聞の「よろず相談室」には老若男女から様々な相談が寄せられている。しかしこの各々の相談の裏には衝撃の事件が隠されていた!

人生相談。 (講談社文庫)はこんな本です

人生相談。 (講談社文庫)の単行本

人生相談。 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする