アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)

  • 156人登録
  • 4.06評価
    • (19)
    • (29)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 青崎有吾
  • 講談社 (2016年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940306

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
麻耶 雄嵩
青崎 有吾
ピエール ルメー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • ルパンにオペラ座の怪人、ホームズにワトスンなどなど盛りだくさん。ごった煮のパロディは書く人には楽しいのだろう。騙しあいの知能ゲームは好きだが、何でもありのスプラッタな肉弾戦は苦手。

  • シリーズ二作目。一つの宝石を巡り「鳥籠使い」一行と、ホームズ、ワトソン、ルパン、オペラ座の怪人・ファントムなどが奪い合います。前作よりも本格ミステリーから離れてしまっているのは残念なところですが、盛り沢山過ぎるかと思われたストーリーは綺麗に纏まっていますし、厨二病やエロ要素もあってエンターテイメントとしては読み応え抜群です。

  • 05/25/2017 読了。

    図書館から。

    さらによかったー。
    有名どころがたくさん登場してきて、
    ごった煮みたいで面白い(笑)

    次の巻は誰が表紙かなー。
    待ち遠しい!

  • 第1部を読んでいたので、驚きは少なく免疫も出来ていたので、衝撃度という点では少なかった。ただし、ハチャメチャぶりはよりパワーアップしている。何せ登場人物?が豪華。

    登場する有名な怪物どもは、私の持っているイメージとは全然違う怪物が多いが、作者のサービス精神が旺盛で本当に楽しめました。

    まだまだ続編も続くようなので楽しみに待っています。

    それにしても、津軽と静句はいいな。

  • さてお立ち会い。お気に入りライトミステリの第2段は、なんとルパンvsホームズvs輪堂鴉夜(りんどうあや)atロンドンin1899年。鳥籠使いの正体はバレてるから、1巻のおどろおどろしさは薄まって、コミカル舞台劇みたいになってる。とはいえ、怪盗と探偵の騙し合いは、序盤の伏線張りまくりの効果もあって、かなりの先読み戦。予告状どおりに密室から宝石を盗み出す古典をリスペクトしつつ、和風アレンジを加えた新作落語のような妙味は、さすがのミステリ出身。後半は、ロイズ保険の殺し屋達や化け物軍団などわんさか出てきて、屋敷の東西南北に入り乱れての戦闘は、もはやワンピース状態。デビュー作の「体育館の殺人」もそうだったけど、登場人物多めのタイプ。オペラ座の怪人、切り裂きジャック、魔術師クロウリー、そして宿敵モリアーティ教授、、、盛りすぎ。怪盗っていやぁルパンだけでなく日本にも石川五右衛門てぇのがおりまして~古典落語の釜泥(かまどら)ネタ、蒸気機関車発明したのは、日本じゃスティーブンソンと言われてるが、じつはトレビシックが発明した後の実用化だったネタなど、うんちくも楽しい。

  • マーダーファルス2巻。
    ファルスに相応しく、吸血鬼、切り裂きジャック、フランケン、魔術師、ルパン、オペラ座の怪人、ホームズとキャストには事欠かない。それでいてそれぞれの見せ場があり活躍ないしは暗躍する。その中で不死であるが故に生首の鴉夜、半人半鬼の津軽、戦うメイドの静句がダイヤを守るために彼らと戦うハメになる。
    面白い。ミステリというよりはアクション映画のよう。映画にするにはエグすぎるシーンは多いが不快には感じない。ファルスというだけのユーモアがあり楽しめる。
    次巻を楽しみにしたい。

  • ほぼバトルものみたいな書きぶりだったけどそういうのも器用に書けちゃうのがすごい。

  • 前作に引き続き、なかなかに面白かった。

    序盤にちょっとコミカルで笑っちゃう、鳥籠取り違え騒動がなんとも…(笑)
    鴉夜の助けを求める声が可愛くてね。
    ここのグループはシュール且つチグハグながらのコンビネーションが好きである。

    話は、ルパン(+ファントム)の怪盗を軸に、あちらのグループもこちらのグループもと動いて、騙し騙されなんだけど飽きない。
    とにかく、登場人物達はお馴染みの顔ぶれだから、それぞれの映像作品の顔を思い描きながら読めて、よりはっきりとしたストーリーで追える所が良い。

    怪盗劇が一段落した後の主たる敵、教授一派とのバトルは一つに絞らず、あっちもこっちも場面展開で息つく暇もなく繰り広げられているから落ち着きはないけど、少しずつ"鳥籠使い"の面々の過去が分かり始めてここからが本番かなという流れではある。

    今回、明らかになった謎からの次回作が楽しみ!

  • ミステリ要素少なめ。ほぼアクション。
    少しグロい青い鳥文庫という感じの中高生向けという感じ。

  • とりあえずこの表紙やめてほしい。
    買うときに恥ずかしかったよー。

    肝心の中身はというと、前作に続きとても面白かったー!!
    どうなるの?というとこでの場面転換は素晴らしいし、あの人もこの人ももーてんこ盛り過ぎ!
    ワクワクする展開でずっと飽きさせず、一気に読んでしまった。
    2巻で早々に1巻で話の本筋となると思った、謎のグループがそうそうにわかってしまい、もう終わり?と思ったけど、まだ続きそうで期待!

  • 不死の生首探偵と仲間たち。グロい設定が気にならない面白さ。ルパンとホームズの対決にいろんな組織が絡んできて大騒ぎ。

  • アジトのくだりがいいですねー

    雪だるま式に登場人物が増えていくんでしょうか
    ロイズは便利な当て馬ですね

    なんだかライトノベルほどキャラがこなれておらず
    ダークファンタジーほど毒も灰汁もないような
    文章がうまいだけに物足りない
    レーベルのコンセプトとしてはこれでいいんでしょうけれどねー物足りなさが残ります

  •  静句さん、えろいです。

     VSルパンVSモリアーティ教授一派。
     一巻よりバトルが入ってたかなーって思ったけど、一巻もそれなりに戦ってたな。ミステリっぽい部分もしっかり生きていて面白かったです。ルパンが宝石を盗むあたりだとか、師匠のことを勘違いしている部分だとか、いろいろ仕掛けが組みこまれてた。
     読んでちょっと日にち立ってるから、感想が出てこない。
     オペラ座の怪人がかっこよかったし、キャラとしてもとても好き。苦労するタイプ。ルパンも好きだけどね。
     ジャックはやっぱりジャック・ザ・リッパーだったね。教授一派が仲良しなのがいいよね。カーミラくんにタオル巻きなさいって注意する教授かわいい。ジャッ君の容姿がいまいちイメージがわきません。読み飛ばしてるだけだろうけど。赤毛でめっちゃ強いっつーから、血界戦線のクラウスさんが脳内に出てきます。
     抜粋。ジャックのセリフより。


    「おまえ、頭がおかしいな?」


     人外VS人外バトルは派手で、頭おかしくていいね。

  • 前半は怪盗 vs 探偵、後半は怪物 vs 探偵。バトル面では、怪物が怪物らしく強いだけでなく、特に異能がなくても技術と知恵で怪物と渡り合える人間がわらわら出て来るのが特色かな、と。ただ、静句が強い理由はちょっとよく分からない。

  • まさしくフルキャストって感じ。主人公トリオの過去もうっすら見えて、この先に期待。

  • 待望第2巻。全作1よりもバトルシーンが多い印象。
    読んでいて本当にワクワクする。
    余計なことは言いたくない。はやく次を読みたい。

  • ダイヤをめぐりルパン、鳥籠使い一行、ホームズ、ロイズ保険機構、教授一派が入り乱れる展開が上手いなぁ。
    導入の各チームが続々顔合わせするシーンはワクワクしたし、鴉夜が打ち出したダイヤ警護の奇策には腰を抜かした。
    超快作だわ……

  • 純粋にワクワクする読み物として面白かった。
    ホームズ、ルパンなどの知能と論理の一幕と人外たちの戦闘っていう一冊で物語の様相を変えるまさにファルスにふさわしい作品です。

  • 11月14日読了。図書館。

  • 豪華キャストが揃ったダイヤ争奪戦。ルパンの名に恥じない鮮やかな手口と探偵達との高度なせめぎあいが楽しめる前半から一転、怪物達との壮絶なバトルが繰り広げられる後半まで息をもつかせない展開が続いて、その全てが楽しめました。

  • 五つ巴の各勢力の激突、それぞれが怪物級のキャラ達で、そんな奴らが知恵比べをする面白さ。さらにアクションシーンの描写が非常に視覚的(脳内で漫画的に描写されたキャラクターがガンガン動いてくれます)で格好いい!(特にダイヤを3人で奪い合うところが良かった)会話で楽しませるだけでなく、地の文の描写が楽しい文章が書けるのって凄いですね。
    一級のエンタメ作品、楽しめました。3が待ち遠しい。

  •  待ってました2巻。期待を裏切らない面白さ。
     なんかもうみんなかっこいい……それしか感想が出て来ない……鴉夜さんが鳥籠から飛び出してころころする場面がとてもシュールで楽しかったです。津軽は剽軽そうに見えて強かだなあ。とてもすき。

  • いやぁ、お見事です。面白かった。これだけ入り組んだ造りだと発売が予定より遅れたのも頷けます(本当の理由は定かでないですが)。次々と古今東西の有名どころを投入して、多視点での場面転換は忙しいったらありゃしない。一瞬でも目を離したら読み手側もしてやられるので気を抜けません。最後に登場したのは誰?誰?早く次のバトルを!!

全30件中 1 - 25件を表示

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)を本棚に「積読」で登録しているひと

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)の作品紹介

一八九九年、ロンドンは大ニュースに沸いていた。怪盗アルセーヌ・ルパンがフォッグ邸の宝石を狙うという予告状を出したのだ。警備を依頼されたのは“鳥籠使い”一行と、世界一の探偵シャーロック・ホームズ! さらには保険機構の用心棒に、鴉夜たちが追う“教授”一派も動きだし……。怪物だらけの宝石争奪戦を制し最後に笑うのは誰か? 加速する笑劇、五つ巴の第二幕!

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)はこんな本です

アンデッドガール・マーダーファルス 2 (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする