鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)

  • 81人登録
  • 3.76評価
    • (4)
    • (12)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 内藤了
  • 講談社 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940535

鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • ブクログのキャンペーンで当たったので。
    田舎を舞台にしたホラーが好きなので期待して読みましたが、少し物足りなかったです。もっと怪奇について掘り下げて欲しかったです。話がサクサク進むのはいいのですが、いまいち話に入り込めませんでした。

  • 初読み作家さん。時代物と思ったら、古い土蔵とその土地に関係するホラーだった。その筋の専門家がやたらかっこいいのが救い。家の近所でも最近蔵の移設してたのを思い出しつつ読んだ。

  •  このシリーズは、いいですね。負けず嫌いな春菜、逞しい仙龍。なんで二人が惹かれ合ったのか全く分かりませんが、いいコンビです。 

  • タバコのポイ捨てすんな。

  • 因習と人の業の深さ。
    現代社会に生きる者には理解しがたい「掟」や「しきたり」「しがらみ」を全部懐に抱いて、受け入れる強さと靭やかさ。
    人が住む以上、そこには歴史が存在する。
    悲しくても苦しくても、生きていく以上はそれを受け入れる他ないのだと痛感する。

  • 山奥の旧家をめぐる謎を、広告代理店勤務の春菜と、因縁物件専門の曳き屋・仙龍が明らかにしていく。

    人間の血で「鬼」と書かれた蔵の戸、盆に隠れ鬼をしてはいけないという言い伝え、一族に頻発する不審死と、おどろおどろしいお膳立てはばっちり。雰囲気としては、三津田信三の刀城言耶シリーズに似てる。時代設定が現代なせいか、だいぶライトな印象ではあるけれど。
    でも、明らかになった祟り神の正体は切ない。厳しい時代を必死に生き、村を守ろうとした村人と蒼具家の人たちの想いが哀しい。

    自称キャリアウーマンで勝ち気な春菜のキャラに馴染めないまま終わってしまった。まだ1作目なので、徐々に定まっていくのかな。

  • 作者初です。
    あらすじ見て面白そうだから買いました。
    ページ数も少ないし、専門用語とかあまり出てこないので読みやすかったです、怖いけど、次どうなるんだろうと、どんどん読み進められました。脇役が、個性があって面白いです。
    読んでて気になったところは、風景とかの描写です。上手く言い表せませんが、なんか直接的というか、情緒的でないというか。特に、においの描写が。なんだろなー。気になりました。

  • 「盆に隠れ鬼をしてはいけない」と言い伝えられている蒼具家。その蔵には、人間の血液で「鬼」と書かれており、一族には不審死が頻発していた。一族に秘められた過去を因縁物件専門の曳き屋である仙龍が明らかにする…

    怖い話は苦手なのに、読み出したら止まりませんでした。怖いし哀しい真実なんだけど、ラストが清々しくて読了後はスッキリしてました。シリーズ2作目が今から楽しみです(*´꒳`*)

  • 建物に纏わる怪異を書くシリーズになるらしいものの第一弾。
    猟奇殺人班シリーズとはうってかわってしっとりとした和物ホラーでした。
    空気感は三津田先生の刀城シリーズをものすごーーくライトにしたかんじだと思います。民話ホラーみたいな。
    冒頭の語りが結末に繋がるのがなんとも物悲しい雰囲気を醸し出していて面白かったです。

  • ゾッとする雰囲気から始まって、昔から続く怨念、祟りの元を絶つ。真実が見えてくる度に「怖い」から「悲しい」に変わる。集落とか信仰とか祟りとかツボ満載でとても面白かった!シリーズ2作目が楽しみ。

  • 内藤了『鬼の蔵 よろず建物因縁帳』 講談社タイガ。文庫書き下ろしの新シリーズ。藤堂比奈子シリーズに比べると、どうもしっくりこない。

    主人公は広告代理店勤務の高沢春菜。山深い寒村の旧家・蒼具家に移転工事の下見に行った春菜が古い蔵で見付けた『鬼』の血文字…

    土地や建物にまつわる怪異譚なのだが、同じ系統の作品で言えば、荒俣宏のシム・フースイ・シリーズの方が圧倒的に面白い。

全11件中 1 - 11件を表示

内藤了の作品一覧

内藤了の作品ランキング・新刊情報

鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)を本棚に「積読」で登録しているひと

鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)はこんな本です

鬼の蔵 よろず建物因縁帳 (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする