D坂の美少年 (講談社タイガ)

  • 193人登録
  • 3.77評価
    • (12)
    • (24)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
  • 講談社 (2017年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940658

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

D坂の美少年 (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  •  今回は瞳島眉美が時期生徒会長に当選する話。

     中学三年生のロリコンもとい咲口先輩は中学三年生で卒業まで残り数カ月なのに、中学一年生から生徒会長である彼の後継を誰もが決めていなかった。 
     急ぎ行われる生徒会選挙に向けて、咲口は副会長の長縄先輩を推薦していたのだが、急きょそれはご破算となる。
     
     長縄先輩がひき逃げされて入院したのだ。

     ここで突然に表舞台に引っ張り出されたのがクズもとい眉美だった。
     現生徒会長の推薦と、先代生徒会長の推薦でじわじわ順位を上げていくも、現時点での一位は同じクラスの隣の席、地味系男子だった。

     ひき逃げ事件と生徒会選挙。
     美少年探偵団は同時進行で美しく事件に取り組む。


     シリーズ6巻、眉美ちゃんのクズっぷりが引き返せないところまで来てる。
     謎を残して時間に続く。

  • 他人から見れば「子供の遊び」かも知れないが、本人たちは本気だ。限りのある今しかできないことを、本気でやっている。くだらないことを話して笑っている彼らにもいつかは今を懐かしむ日が来てしまうのかと思うと、少々寂しい気持ちにもなるシリーズ最新作。

    天才児くんにあんな愛称で呼ばれたい。

  • 天才くんがまゆってよんでたのを知った時の不良くんの動揺がww

  • 美少年探偵シリーズ

    いよいよ卒業間近となった「先輩くん」の後を継ぐため
    何故か生徒会長選挙に立候補するハメになった眉美

    美少年たちの全力サポートが始まる

    ひき逃げ事件の謎は?
    そして闇の組織からの刺客、沃野の正体は?!

    永遠には続かない「楽しい時間」この先どうなるのか。

  • 君だけの、清き一票が欲しいんだ。
    最悪の状況でも、最高のチームであろう――それが、美少年探偵団。
    見た目は美少年。だけど心と知名度は他の団員に及ばない「美観のマユミ」よ、生徒会長を目指せ!

    美少年探偵団副団長にして指輪学園生徒会長・咲口長広。彼の卒業が迫り、新生徒会長を決める選挙が開催される。しかし、最有力候補と目されていた少女がひき逃げ事件に遭い、候補を辞退。このままでは学園運営陣による締め付けが強まりかねない。探偵団は事件を解明し、眉美を生徒会長にする計画をたてて……!? 探偵団創設者「美談のオドル」も登場! 美少年シリーズ第六作!

  • 天才児くんがいっぱいしゃべってる!一冊につき二言の縛りはどこに・・・

  • 江戸川乱歩に手を出したおかげで、より楽しめたような。錯覚?
    選挙?めんどうだ、今のままで良いよ。そんな意見は本当に、最大多数なのだろう。皆、自分の生活でいっぱいなのだ。
    非難されるべきとも思わないが、危険性を把握しておくべきだろう。空気を読むことで、致命的な渦にのまれていると気づけないこともあると。

  • 陰謀めいてきました

  • 生徒会選挙の話。
    まさかあの眉美が立候補することになるなんて。
    美少年探偵団の関係性が凄く好きになってきました!

  • えっ眉美ちゃんそこに収まって大丈夫なの?? という驚きと戸惑いとともにいよいよこのシリーズも対決がメインの流れになっていくのかしら??
    札付くんと眉美ちゃんも好きなので次巻も楽しみ!

  • 眉美の毒の吐き方がエスカレートしている。心の中の毒づきと思ったら口に出してるし。生徒会長選挙に出ることになって命を狙われる眉美を守るチームが頼もしい。応援演説が素晴らしくて感動した。褒めてもらうっていいことだ!
    今回のタイトルも秀逸だけど、次作は『美少年椅子』ですって。楽しみ。

  • 精神的に調子が悪く、ずっと小説を読むことができなかった。読みたいという気持ちはあったものの、体がついてこないという感じで。アニメ見たり、漫画読んだりとリハビリをしたものの、小説がどうしてもダメ。
    ようやく、「これならなんとか手を出せるかな」という自分の好きな「美少年シリーズ」の最新刊に手を出すことができました。集中力が続かず途切れ途切れの読書になりましたが(この厚さならほとんど一気読みできてた)、いや、これは面白かった!!
    このシリーズ、最初はすごく面白くて、中盤だんだんダレてきて、うーん手グセで書いてる感じがするなあ…という評価だったんですが、これは久しぶりに素晴らしかったんじゃないでしょうか。
    ミステリ的にもなかなかの出来ですし、シリーズものの、キャラクターの魅力も存分に出てて、なおかつ続きが非常に気になる展開。(選挙の結果を最初の方にネタバレしちゃってるのはどうかと思ったけど)
    なんていうかな、ラノベが陥りがちな安易なヒロイズムみたいなものにハマりかけて、うわってなるんだけど、主人公の眉美がクズキャラだから(あとたぶん、普通のラノベと男女が逆だからってのもある)、割合自然に受け入れられるなあ。
    いやあ、今回は久しぶりに良かった。やっぱこのシリーズ好きだー。そして着実に時間が進んでいるのも実感。あと何巻くらい続くんだろう。長広の引退と同時に終わりとかになるのかな?

  • 今回はなかなかよくできた面白いストーリーだった。  
    ミステリーとしても。 生徒会選挙戦としても。    
    やっぱりリーダーはリーダーだね。    

    ――かけがえのない今に乾杯。

  • このシリーズ、各章が短くてテンポよく進んでいくので読みやすい。「D坂」という名称をよくそんなふうに「使える」なあと感心しました。

  • 団長のスピーチに胸が熱くなる.
    美少年シリーズの団体<チーム>であること,に毎回心震える.

  •  私、瞳島眉美はこの度、指輪学園の次期生徒会長に立候補することになりました!
     自他ともに認めるクズであるこの私に、清き一票を!
    「…………………………………………」
     どうしてこうなった!

     なんか、球磨川禊の再来のような、詐欺師以上に物騒な輩が登場。現実主義と平等主義の塊である無個性による個性の駆逐? 数巻に渡って対決しそうな流れだけど、終わりは美しく閉じられるのか、それとも…?
     そして、過去の全てのシリーズで描かれているテーマ「成長」と「変化」がついに今巻で登場。
     人は常に変わる。いつまでも今のままではいることはできない。だからこそ、過去を美しい思い出として振り返るために、今を美しく生きる。後悔しないように。

  • 生徒会長の座を目指すライバルは。
    彼らは一生少年探偵団なのかと思っていたが、やはり歳を重ねるにつれて変わっていってしまうんだな…。
    学園内に侵入し平然と過ごしているどころか、生徒会長に立候補まで出来てしまう学校のセキュリティは大丈夫なのだろうか…。

  • 眉美のクズさが止まるところをしらない。「キャラクターが勝手にクズになっていく」ことなんてあるんですね。リーダーの演説は何のてらいもなくて、真っ直ぐで、なんとも美しい。愛すべきクズ、それが瞳島眉美。

  •  美少年探偵団副団長にして指輪学園生徒会長・咲口長広。彼の卒業が迫り、新生徒会長を決める選挙が開催される。しかし、最有力候補と目されていた少女がひき逃げ事件に遭い、候補を辞退。このままでは学園運営陣による締め付けが強まりかねない。美少年探偵団は事件を解明し、眉美を生徒会長にする計画をたてて……!? 探偵団創設者「美談のオドル」も登場! 美少年シリーズ第六作!

  • ちょっと納得できないオチかなぁ。このシリーズもここにきて、少し終わりを匂わせ始めましたね。

  • 意外と楽しかった!

    眉美ちゃんのちょっとハラハラな言動が癖になってきたよ
    っていうかイケメン侍らせて羨ましい

    僕も男装したいな

  • 団則・第二則が有限であることを痛感する話だった。
    あとクズちょっと落ち着いて?「まゆ」ってめっちゃかわいい呼び名あるから落ち着いて?

  • そうかあ、長弘先輩も卒業で生徒会長辞めるんだ。美少年探偵団は何十年経っても小学生のままのカツオくんみたいなつもりでいたよ。てな訳で、思いがけず生徒会長選渦中に放り込まれた眉美ちゃんのドタバタ劇おもしろかった。一生モンのクズ呼ばわりされても美少年探偵団の友情・団結はちゃんと感じるので意外に感動もの。でも事件そのものは更なる謎を呼んでいるので不穏な空気も…。

  • 内容紹介
    美少年探偵団副団長にして指輪学園生徒会長・咲口長広。彼の卒業が迫り、新生徒会長を決める選挙が開催される。しかし、最有力候補と目されていた少女がひき逃げ事件に遭い、候補を辞退。このままでは学園運営陣による締め付けが強まりかねない。探偵団は事件を解明し、眉美を生徒会長にする計画をたてて……!? 探偵団創設者「美談のオドル」も登場! 美少年シリーズ第六作!

全28件中 1 - 25件を表示

D坂の美少年 (講談社タイガ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

D坂の美少年 (講談社タイガ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

D坂の美少年 (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

D坂の美少年 (講談社タイガ)を本棚に「積読」で登録しているひと

D坂の美少年 (講談社タイガ)の作品紹介

美少年探偵団副団長にして指輪学園生徒会長・咲口長広。彼の卒業が迫り、新生徒会長を決める選挙が開催される。しかし、最有力候補と目されていた少女がひき逃げ事件に遭い、候補を辞退。このままでは学園運営陣による締め付けが強まりかねない。探偵団は事件を解明し、眉美を生徒会長にする計画をたてて……!? 探偵団創設者「美談のオドル」も登場! 美少年シリーズ第六作!

D坂の美少年 (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする