バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)

  • 65人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (2)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940665

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
法月 綸太郎
米澤 穂信
青崎 有吾
有効な右矢印 無効な右矢印

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • うーん!相変わらずこのシリーズは面白い!!!
    異色ミステリー。ミステリー?って感じですが。
    論理ゲームとかロジックとか好きならオススメです。
    探偵の性格はヒドいですが(片方)(笑)

    ヒドいといいつつ割と今回三途川まともだったのでは??と思うのは私だけだろうか。
    ラリってた(言語的な意味で)分可愛く思えた。
    そして緋山くんもなかなか付き合いが長くなってきて三途川の扱いに慣れた様子が面白い。

    バカ、のくだりはなにか三途川には「別の言葉」に聞こえてるオチかと思ったけどそのままフェードアウトしましたね。
    バカはバカってことかな??

    犯人でも容疑者でも探偵でもそもそも人間でもない「天使」の高みの見物視点が新鮮でよかった。口調が荒くて笑える。どうでもいいけど私と似ている。

    そして地味にイラストが好きだ。かっこよさと可愛さを兼ね備えていて且つ世界観にあっている。
    次は飛ばしちゃったトランプのやつを読もう。

  • 「言葉」を奪われた探偵達――推理は天へ届くのか!?
    ゲスな天才探偵・三途川理と宿命のライバル、緋山燃の推理対決!
    勝気な天使はヒトから「言葉」を取り上げた……知の輪郭に迫る、本格ミステリの極北!

    地上に舞い降りて楽しく遊びすぎてしまった3人の天使達。天界に帰る力が溜まるまで身を隠すべく、彼女達が人間にもたらしたのは「言語混乱」という災厄だった…! この世で誰も使っていない言語しか、話すことも理解することもできなくなった青年実業家・椿を助けるために呼ばれたのは、輝く瞳に赤毛の高校生探偵・緋山燃と、彼をライバル視する極悪探偵・三途川理で……!?

  • 殺人事件はおまけのようなもので、今回は未知の言語に対する推理の話だった。三途川の言語が封じられたためにいつものゲスな感じが半減。相手が天使じゃね…。

  • 今回は言語という特殊設定ミステリ

    しかし、トリックやロジック云々よりキャラ小説としての側面が強い印象。
    今まで本人以外誰にも名探偵扱いされなかった三途川がとうとう名探偵足り得た1作。ゲスさはキープしたままで名探偵達成!
    あと思ってたより、緋山は人間味あるのね

  • 今作もまたお馴染みの特殊設定モノです。さらに作中発生した殺人事件の扱いが二の次な辺り(この事件、発生しなくてもこの作品のプロット成立するよね?)、なんか私が期待してるのとどんどん違う方向へ進んでるな、この作家さん。

    緋山主人公の、ベタベタに普通のミステリ書いて欲しいんだけど、この作家さん、特殊設定が先に浮かぶタイプっぽいから無理かなー。

    で、ワスレロモノのあの中途半端な終わり方の続きはどうなったんでしょうか……。

  • 言語混乱は面白い試みだったのに、後半はたまに三途川がリルリル言ってるだけの死に設定になってしまってるのがなぁ。ダイイングメッセージも中途半端だったし。三途川の企みのゲスさはブレてなくて良い。

  • なかなか画期的なお話ですが、画期的すぎて読むのがつらいです。バベルの塔なのでまぁ言葉が通じなくなるわけですが、意味不明なカタカナの長文はつらいね。
    2つの謎言語を翻訳するくらいの心意気で読めば、もう少しおもしろさも感じられるのかもしれませんが。

  • 悪徳名探偵三途川理シリーズ第6弾。
    レーベルの問題なのか、あまりミステリでなくなっているのが残念。

    今回は≪言語が通じない特殊条件下での推理≫・・・なのだが。
    はっきり言って、何をしたいのかが分からない。
    言語問題を解決したいのか、事件の解決をしたいのか、天使たちの扱いを取り上げたいのか、三途川理のゲスっぷりを表したいのか、やりたいことが分かりにくい。
    終わり方も唐突。

    それでも、三途川理シリーズとなると、楽しみにしてしまうのも事実。
    次作に期待。

  • おなじみゲス探偵、三途川理シリーズ。
    今回の特殊アイテムは天使です。
    制約は《言語》。
    三途川が一枚上手なのかもしれないけど、そこはほら、あのひと思考があれだから。
    緋山燃の後悔は、たぶん三途川と出逢ってしまった時から始まっている。不憫。
    緋山燃が特殊アイテムなし、ゲス野郎なしの本格ミステリに挑むスピンオフがあっても全然構わない。むしろくれ。

全9件中 1 - 9件を表示

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)を本棚に「積読」で登録しているひと

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)の作品紹介

地上に舞い降りて楽しく遊び過ぎてしまった三人の天使達。天界に帰る力が溜まるまで身を隠すべく、彼女達が人間にもたらしたのは「言語混乱」という災厄だった…! この世で誰も使っていない言語しか、話すことも理解することもできなくなった青年実業家・椿を助けるために呼ばれたのは、輝く瞳に赤毛の高校生探偵・緋山燃と、彼をライバル視する極悪探偵・三途川理で……!?

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)はこんな本です

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする