探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

  • 352人登録
  • 3.86評価
    • (15)
    • (42)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
米澤 穂信
米澤 穂信
青崎 有吾
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 探偵がなかなか出て来なくていつ出てくるのかなと読んでいたら、まさかの上巻の最後(笑)
    途中から橋田が探偵なんじゃないかと思ってた。
    だから探偵が出て来ないんだろうなと思ってたら、ちゃんと最後に満を持して出て来た。
    探偵こと千曲川光。
    この探偵のキャラ設定がまた面倒(笑)
    性別は男、心は女、性的嗜好は同性愛。
    つまり、身体は男だけど百合ってことだな。
    外だけ見たら普通の異性愛に見えるやつだ。
    そんな光は、かなり容赦ない。
    マユリの元彼の秀英はアナフィラキシーショックで病院送りにして、六強とコンビニ店員は毒蜘蛛に襲わせてやはり病院送り、メルリとのその手下は爆弾でメルリは右目がダメになって手下は左手がダメに…。
    トリック返しという異名を持つ光の手腕はなかなか辛口だ。
    ただこの有能な光と接するときの橋田は、なんというか光よりも立場が上というかもう少し高みにいるように思えたのが気に掛かった。
    橋田は一体何者なんだろうな。
    光とは古い知り合いみたいだけど、どんな関係なんだろう。
    謎が多い橋田だけど、ソンビに扮したところは笑った。

    それにしても一華は大変だな。
    約10人VS一華だもんな…。
    命がいくつあっても足りないな。
    下巻ではどうなるのかな。
    一華はちゃんと遺産を護り抜けるのかな?
    法要は無事に乗り切れるのか…。

  • 探偵が早すぎる。  
    そしてトリック返し。 
    洞察力、観察力、先見力。  
    探偵が早すぎる。

  • 殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。

  • いままで見たことない探偵がここにいた。
    テレビでは「推理しない探偵」が話題になっているが、事件を未然に防ぐ探偵、は、もっと新しい。いや、よく思いつきましたねぇ。井上さん!
    実は井上ミステリ、初読みだったのだが、楽しいね。ぐいぐいとくるリーダビリティ、さすが。
    読みながら、これはコナン君みたいに連続アニメにするときっと人気出るだろうなと思ったりなんかして。
    (上)のラストでようやく姿を現す「名探偵」の設定もアニメチックでそそられる。
    早く(下)が読みたくて仕方がない!

  • <内容紹介より›
    父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を自故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した⁉史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

    ――――
    帯にもありましたが、本当に「人が死なない」ミステリです。
    犯罪として考えられるトリックに少し無理がある(不自然であったり、あまりに荒唐無稽であったり)することもありますが、それなりに考えて実行に移そうとした犯罪計画が「探偵」にあっという間に暴かれていきます。
    どうして犯行手口が、そして犯人がわかったのか。
    わずかな齟齬を見逃さず、推理を組み立てられる探偵には感心します。

    一華を狙う親族たちは「悪役」として描かれていますが、人が死なないからか、犯人に仕返し(トリック返し)がなされた後の後味も悪くありません。

  • デビュー作以来、その作風の特異性によって本格ミステリの根幹を揺らし続けている著者。この作品も例に漏れず、「事件が起こる前に探偵がトリックを看破して犯人を特定してしまう」というとんでもない物。いやあ、その発想には笑わせてもらった。
    犯人側の些細なミスが命取りになるのだが、普通は気付かないミスだし、そこから遡って実行犯を割り出すのもやや強引。その辺に不満が無い訳でも無いし、後編を読んでいないと評価は出来ないのだが、この誰も考えつかなかったアイデアに対して★4つにした。

  • 出張先のホテル(公共の宿)は、宿泊者にも本を貸してくれる
    この町はいい街だ
    でも、三冊も借りたもんだから寝たの3時・・・

  • 専門用語の羅列は、疲れるなア... 下巻に続くw

  • たしかに、、、かつてないほど早すぎる。いわゆる倒叙ミステリの新機軸。刑事コロンボや古畑任三郎は、人よりちーとだけ早く犯人を見抜くが、それでも犯行が行われてからのこと。この探偵は、犯行が行われる前に犯人を特定して、犯行を未然に防いでしまう。莫大な資産を相続した妾っ娘を亡きものにすべく、強欲えのえみ~ず一族(仮称)が、我先にと偽装事故死への火花を散らす。小麦アレルギー、毒蜘蛛、ハロウィン、、、日常と隣り合わせの非日常が、なんともコミカルで楽しい。未遂だから罰せないジレンマには、半沢直樹的な「トリック返し」が痛快。キレキレ探偵の他、無垢なヒロイン、無表情メイド、分かりやすすぎる悪徳一家とキャラが立ち、かつ連作なので、どうみても連ドラ向き。下巻も良かったら5つ星。

  • みなさんのレビューで面白そうだったので図書館へ。
    結構人気があるのね。
    そこそこ予約入ってたわ。
    上下巻なのでまだ途中なワケだがとりあえず感想を。
    なるほど。
    確かに探偵が早すぎる。
    早すぎるがゆえに探偵ものとしての面白さは半減かな。
    謎解きとか、トリックとかその辺はあまり面白くない。
    が、探偵ものとして考えなければそこそこ面白いかな。
    期待が大きかった分、正直今のところそこまでではない。
    あとは後半、どう展開していくかだなあ。
    とりあえず下巻へ。

全33件中 1 - 10件を表示

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)に関連する談話室の質問

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の作品紹介

『その可能性はすでに考えた』の著者が仕掛ける究極の逆転劇!

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする