探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

  • 179人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
米澤 穂信
村田 沙耶香
青崎 有吾
米澤 穂信
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • ミステリの枠組みを使って、魅力的なキャラがテンポよくストーリーを展開していく様は面白かった。事前に防ぐという設定も面白い。ミステリかは置いといて。

  • とても面白かった。未然に防がない、防げない探偵物が多くある中で、これは面白い……。実際、事件を未然に防いだ探偵物も数多くあるとは思うが、この作品はテンポも良く読みやすく、1つの事件ではなくいくつかの事件を防いで行くというのが楽しさの1つだと思う。個人的にはシリーズ化して欲しい。

  • 探偵が早く気づきすぎる!
    家系が複雑でまだ全員把握しきれてないが、下巻が待ち遠しい。
    金持ち家系特有の(?)うつけな娘が多そうなのが少し気になるが、今のところは担当との優劣は圧倒的すぎる。
    最後のパークの話、犯人もアトラクションも子供に容赦なさ過ぎなんだけどw

  • このコンセプトの話を読みたいと待っていた。

  • 殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。

  • 一筋縄ではいかない探偵を送り出してくる作者の新作は、事件を発生する前に終わらせる探偵。ここまで徹底的なものは初めて読みました。トリックの応酬の見事さは言うまでもなく、細部まで丁寧に作り込まれていて読みごたえ抜群。更に一波乱も二波乱もありそうな下巻が待ち遠しいです。

  • いままで見たことない探偵がここにいた。
    テレビでは「推理しない探偵」が話題になっているが、事件を未然に防ぐ探偵、は、もっと新しい。いや、よく思いつきましたねぇ。井上さん!
    実は井上ミステリ、初読みだったのだが、楽しいね。ぐいぐいとくるリーダビリティ、さすが。
    読みながら、これはコナン君みたいに連続アニメにするときっと人気出るだろうなと思ったりなんかして。
    (上)のラストでようやく姿を現す「名探偵」の設定もアニメチックでそそられる。
    早く(下)が読みたくて仕方がない!

全8件中 1 - 8件を表示

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の作品紹介

『その可能性はすでに考えた』の著者が仕掛ける究極の逆転劇!

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)はこんな本です

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする