探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

  • 317人登録
  • 3.92評価
    • (12)
    • (33)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • 探偵がなかなか出て来なくていつ出てくるのかなと読んでいたら、まさかの上巻の最後(笑)
    途中から橋田が探偵なんじゃないかと思ってた。
    だから探偵が出て来ないんだろうなと思ってたら、ちゃんと最後に満を持して出て来た。
    探偵こと千曲川光。
    この探偵のキャラ設定がまた面倒(笑)
    性別は男、心は女、性的嗜好は同性愛。
    つまり、身体は男だけど百合ってことだな。
    外だけ見たら普通の異性愛に見えるやつだ。
    そんな光は、かなり容赦ない。
    マユリの元彼の秀英はアナフィラキシーショックで病院送りにして、六強とコンビニ店員は毒蜘蛛に襲わせてやはり病院送り、メルリとのその手下は爆弾でメルリは右目がダメになって手下は左手がダメに…。
    トリック返しという異名を持つ光の手腕はなかなか辛口だ。
    ただこの有能な光と接するときの橋田は、なんというか光よりも立場が上というかもう少し高みにいるように思えたのが気に掛かった。
    橋田は一体何者なんだろうな。
    光とは古い知り合いみたいだけど、どんな関係なんだろう。
    謎が多い橋田だけど、ソンビに扮したところは笑った。

    それにしても一華は大変だな。
    約10人VS一華だもんな…。
    命がいくつあっても足りないな。
    下巻ではどうなるのかな。
    一華はちゃんと遺産を護り抜けるのかな?
    法要は無事に乗り切れるのか…。

  • 殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。

  • いままで見たことない探偵がここにいた。
    テレビでは「推理しない探偵」が話題になっているが、事件を未然に防ぐ探偵、は、もっと新しい。いや、よく思いつきましたねぇ。井上さん!
    実は井上ミステリ、初読みだったのだが、楽しいね。ぐいぐいとくるリーダビリティ、さすが。
    読みながら、これはコナン君みたいに連続アニメにするときっと人気出るだろうなと思ったりなんかして。
    (上)のラストでようやく姿を現す「名探偵」の設定もアニメチックでそそられる。
    早く(下)が読みたくて仕方がない!

  • 相続した莫大な財産のために命を狙われる少女。そして彼女の命を守るために遣わされた探偵。なのだけれど……まさしく「探偵が早すぎる」! 未遂、というかその段階で捕まえちゃうの!? 史上最速の名探偵、恐るべし。
    しかも次々繰り出される刺客とトリックに次々対処していく探偵。さくさくとなされていく「トリック返し」は実に見事です。ただし、なんかもったいないような気がしなくもないかも。犯人に同情はしないけれど、その無念さはいかに。

  • 犯人が事件を起こす前に解決するというのが、新鮮に思えた。
    トリックも斬新なものが多く、しかも暴いたトリックを犯人に軽い形でやり返す、トリック返しまでやってしまうのだから、ホント探偵が強すぎる。

  • 面白い。
    主人公、一華の命を狙う者たちの犯罪計画を、犯行を行う前の計画の段階で探偵が未然に防いでしまうと共に、その犯罪を返してしまう。
    鮮やかだね。仕方ないよね。自業自得だよね。うんうん。
    一華の周りの人物も、個性的で面白い。
    特にジャンケンフランケンは、声を出して笑ってしまった。
    後編は、探偵と家政婦??の橋田の事も色々わかると思うので、読むのが楽しみ。

  • これ以上ないほどの最速探偵。毎回どんなパターンで防ぐのか楽しめる。下巻も早く読みたい。

  • 父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

    ★探偵が早すぎるってタイトルなのに全然探偵が出てこなくて、実は家政婦さんが陰で探偵を?とか勘ぐって読んだ。
    登場人物が多いし、名前が難しいけど、最初にまとめてあるのは助かった。

  • 探偵が早すぎて、犯人が可哀想すぎる
    重版が早すぎる! 大好評シリーズ続刊登場!
    驚天動地の犯罪トリックの数々vs.事件が起こる前に解決する探偵!

    「俺はまだ、トリックを仕掛けてすらいないんだぞ!?」完全犯罪を企み、実行する前に、探偵に見抜かれてしまった犯人の悲鳴が響く。父から莫大な遺産を相続した女子高生の一華。四十九日の法要で、彼女を暗殺するチャンスは、寺での読経時、墓での納骨時、ホテルでの会食時の三回! 犯人たちは、今度こそ彼女を亡き者にできるのか!? 百花繚乱の完全犯罪トリックVS.事件を起こさせない探偵!

  • 探偵が早すぎる。  
    そしてトリック返し。 
    洞察力、観察力、先見力。  
    探偵が早すぎる。

  • 普通なら事件が起こってから解決するのが普通の探偵。でも、この探偵は犯人がトリックを施すための材料を手に入れたりしたときの痕跡で事件を暴いてしまう。
    全体としては面白いけど、犯人側の名前が感じの当て字なので読みにくい上にキャラクターの人間関係が覚えにくい。最後のほうで、犯人達の事情が色々描かれているんだけど、頭に入ってこない。それさえなければなぁ。。。
    すっごい続きが気になる!ってほどでもなかったけど、次読むと思います。

  • 事件が起こる前に解決!なんと斬新な!
    そしてトリックにはトリック返しなんて。登場人物がみな、キャラが確立していて、斬新な世界を邪魔せず良い感じになっている。
    下巻も楽しみ

  • 未遂のうちに事件を止める早すぎる探偵。しかもトリック返し。やられたらやり返す、ではなくやられそうになったことをお見舞いするって、もはや探偵じゃないね。遺産がらみの悪役側も馬鹿馬鹿しくて大袈裟で、全体的に非現実的で面白い。やっと探偵の姿がわかって下巻に続く。楽しみ!

  • 計画段階で犯人がわかるところが斬新。後編に期待。

  • 探偵・千曲川光により助けられる女子高生・一華の物語。
    事件を未然に防ぐ設定のため、連作短編集の装い。
    どこで探偵が犯人を特定するのか?どの行動が犯人のミスだったのか?を考えるのを楽しむ作品。

    <あらすじ>
    父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。
    その遺産を狙って一華を事故に見せかけて殺そうとする親族。
    一華に常時仕える使用人の橋田は、一華を守るため探偵・千曲川光を雇う。
    千曲川は一華が犯人たちに襲われる前に事件を察知し、その犯人が実行しようとしたことと同じことを犯人に仕返す。
    闇の世界では伝説の『トリック返し』の異名を持つ最強の探偵だった。

    「ヘビースモーカー」
    小麦アレルギーで殺そうとした犯人をニコチンショックで倒す

    「毒蜘蛛」
    毒蜘蛛で殺そうとした犯人をセアカゴケグモで倒す

    「カボチャと魔女」
    爆弾で殺そうとした犯人を同じく爆弾で倒す

    ※すべて犯人は殺さず再起不能にさせた


    <下巻へつづく・・・>

  • 父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
    それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
    史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

    星評価は下巻後にします。

    殺人事件を計画の時点で防ぐ探偵とは新しい。推測が多く、犯行前のトリックの評価に困る…。トリック返しなる気持ちのいい逆転を楽しむ作品。
    バカが多すぎるので、そこを楽しめる読者なら、おすすめユーモアミステリ。

    下巻が楽しみで仕方ない。

  • 【収録作品】プロローグ/第1話 ヘビースモーカー/第2話 毒蜘蛛/第3話 カボチャと魔女/第3.5話 決戦前夜
     都合良すぎるが、トリック返しは小気味いい。

  • おもしろい!!
    ミステリーかどうかは別として、単純におもしろい!トリック返しは割と残酷だけど、グロさやエグさはないし、爽やかな気持ちで読める。下巻が早く読みたい。

  • 06/21/2017 読了。

    初・真偽作品。
    メイドいいキャラしてる!!

    事件が起こる前に終わっちゃうので、
    斬新だわー。
    個人的には、ちょっと物足りない感があるけれど、
    (推理ではなく、推測な感じが…んー。)
    面白いには面白い。
    続き楽しみ。

  • ミステリの枠組みを使って、魅力的なキャラがテンポよくストーリーを展開していく様は面白かった。事前に防ぐという設定も面白い。ミステリかは置いといて。

  • とても面白かった。未然に防がない、防げない探偵物が多くある中で、これは面白い……。実際、事件を未然に防いだ探偵物も数多くあるとは思うが、この作品はテンポも良く読みやすく、1つの事件ではなくいくつかの事件を防いで行くというのが楽しさの1つだと思う。個人的にはシリーズ化して欲しい。

  • 探偵が早く気づきすぎる!
    家系が複雑でまだ全員把握しきれてないが、下巻が待ち遠しい。
    金持ち家系特有の(?)うつけな娘が多そうなのが少し気になるが、今のところは担当との優劣は圧倒的すぎる。
    最後のパークの話、犯人もアトラクションも子供に容赦なさ過ぎなんだけどw

  • このコンセプトの話を読みたいと待っていた。

  • 一筋縄ではいかない探偵を送り出してくる作者の新作は、事件を発生する前に終わらせる探偵。ここまで徹底的なものは初めて読みました。トリックの応酬の見事さは言うまでもなく、細部まで丁寧に作り込まれていて読みごたえ抜群。更に一波乱も二波乱もありそうな下巻が待ち遠しいです。

全25件中 1 - 25件を表示

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の作品紹介

『その可能性はすでに考えた』の著者が仕掛ける究極の逆転劇!

父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。
それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵! 完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする