探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

  • 280人登録
  • 3.90評価
    • (8)
    • (29)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
青崎 有吾
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • 探偵がなかなか出て来なくていつ出てくるのかなと読んでいたら、まさかの上巻の最後(笑)
    途中から橋田が探偵なんじゃないかと思ってた。
    だから探偵が出て来ないんだろうなと思ってたら、ちゃんと最後に満を持して出て来た。
    探偵こと千曲川光。
    この探偵のキャラ設定がまた面倒(笑)
    性別は男、心は女、性的嗜好は同性愛。
    つまり、身体は男だけど百合ってことだな。
    外だけ見たら普通の異性愛に見えるやつだ。
    そんな光は、かなり容赦ない。
    マユリの元彼の秀英はアナフィラキシーショックで病院送りにして、六強とコンビニ店員は毒蜘蛛に襲わせてやはり病院送り、メルリとのその手下は爆弾でメルリは右目がダメになって手下は左手がダメに…。
    トリック返しという異名を持つ光の手腕はなかなか辛口だ。
    ただこの有能な光と接するときの橋田は、なんというか光よりも立場が上というかもう少し高みにいるように思えたのが気に掛かった。
    橋田は一体何者なんだろうな。
    光とは古い知り合いみたいだけど、どんな関係なんだろう。
    謎が多い橋田だけど、ソンビに扮したところは笑った。

    それにしても一華は大変だな。
    約10人VS一華だもんな…。
    命がいくつあっても足りないな。
    下巻ではどうなるのかな。
    一華はちゃんと遺産を護り抜けるのかな?
    法要は無事に乗り切れるのか…。

  • 普通なら事件が起こってから解決するのが普通の探偵。でも、この探偵は犯人がトリックを施すための材料を手に入れたりしたときの痕跡で事件を暴いてしまう。
    全体としては面白いけど、犯人側の名前が感じの当て字なので読みにくい上にキャラクターの人間関係が覚えにくい。最後のほうで、犯人達の事情が色々描かれているんだけど、頭に入ってこない。それさえなければなぁ。。。
    すっごい続きが気になる!ってほどでもなかったけど、次読むと思います。

  • 計画段階で犯人がわかるところが斬新。後編に期待。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする