探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

  • 331人登録
  • 3.88評価
    • (15)
    • (36)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
恩田 陸
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • 殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。

  • 面白い。
    主人公、一華の命を狙う者たちの犯罪計画を、犯行を行う前の計画の段階で探偵が未然に防いでしまうと共に、その犯罪を返してしまう。
    鮮やかだね。仕方ないよね。自業自得だよね。うんうん。
    一華の周りの人物も、個性的で面白い。
    特にジャンケンフランケンは、声を出して笑ってしまった。
    後編は、探偵と家政婦??の橋田の事も色々わかると思うので、読むのが楽しみ。

  • 父の死により莫大な遺産を相続した女子高生の一華。その遺産を狙い、一族は彼女を事故に見せかけ殺害しようと試みる。一華が唯一信頼する使用人の橋田は、命を救うためにある人物を雇った。それは事件が起こる前にトリックを看破、犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?史上最速で事件を解決、探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

    ★探偵が早すぎるってタイトルなのに全然探偵が出てこなくて、実は家政婦さんが陰で探偵を?とか勘ぐって読んだ。
    登場人物が多いし、名前が難しいけど、最初にまとめてあるのは助かった。

  • 探偵が早すぎる。  
    そしてトリック返し。 
    洞察力、観察力、先見力。  
    探偵が早すぎる。

  • 事件が起こる前に解決!なんと斬新な!
    そしてトリックにはトリック返しなんて。登場人物がみな、キャラが確立していて、斬新な世界を邪魔せず良い感じになっている。
    下巻も楽しみ

  • 未遂のうちに事件を止める早すぎる探偵。しかもトリック返し。やられたらやり返す、ではなくやられそうになったことをお見舞いするって、もはや探偵じゃないね。遺産がらみの悪役側も馬鹿馬鹿しくて大袈裟で、全体的に非現実的で面白い。やっと探偵の姿がわかって下巻に続く。楽しみ!

  • 【収録作品】プロローグ/第1話 ヘビースモーカー/第2話 毒蜘蛛/第3話 カボチャと魔女/第3.5話 決戦前夜
     都合良すぎるが、トリック返しは小気味いい。

  • おもしろい!!
    ミステリーかどうかは別として、単純におもしろい!トリック返しは割と残酷だけど、グロさやエグさはないし、爽やかな気持ちで読める。下巻が早く読みたい。

  • ミステリの枠組みを使って、魅力的なキャラがテンポよくストーリーを展開していく様は面白かった。事前に防ぐという設定も面白い。ミステリかは置いといて。

  • 探偵が早く気づきすぎる!
    家系が複雑でまだ全員把握しきれてないが、下巻が待ち遠しい。
    金持ち家系特有の(?)うつけな娘が多そうなのが少し気になるが、今のところは担当との優劣は圧倒的すぎる。
    最後のパークの話、犯人もアトラクションも子供に容赦なさ過ぎなんだけどw

  • このコンセプトの話を読みたいと待っていた。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする