探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)

  • 179人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2017年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940719

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青崎 有吾
恩田 陸
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

  • ミステリの枠組みを使って、魅力的なキャラがテンポよくストーリーを展開していく様は面白かった。事前に防ぐという設定も面白い。ミステリかは置いといて。

  • 探偵が早く気づきすぎる!
    家系が複雑でまだ全員把握しきれてないが、下巻が待ち遠しい。
    金持ち家系特有の(?)うつけな娘が多そうなのが少し気になるが、今のところは担当との優劣は圧倒的すぎる。
    最後のパークの話、犯人もアトラクションも子供に容赦なさ過ぎなんだけどw

  • このコンセプトの話を読みたいと待っていた。

  • 殺人事件が起きる前にトリックを解明し、事件を起こさないばかりか、そのトリックをそのまま犯人にお見舞いする必殺技「トリック返し」を駆使する異色のミステリー。買ってから気づいたが、前々から気になっていた『その可能性はすでに考えた』の人だったらしい。思ったよりもライトな文体とポップなキャラクターで、ギャグも多く、非常に読みやすい。しかも、状況設定そのものは古典的な日本のミステリーにありがちな遺産相続にまつわる同族殺し……というのがなかなかシニカル。下巻を早く読みたい。

探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする