謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

  • 151人登録
  • 3.61評価
    • (5)
    • (7)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
  • 講談社 (2017年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062940948

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
森見 登美彦
辻村 深月
恩田 陸
村田 沙耶香
ピエール ルメー...
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新本格30周年記念アンソロジー。
    『白』と違ってダークな雰囲気の作品集に仕上がっていた。恩田陸の短編はやっぱりいいなぁ。
    井上真偽、余りチェックしていなかったが面白かった。他の作品も読んでみようかな。

  • 白に引き続き購入。6名中3名は未読だった作家さん。

    『想い出の館のショウシツ』
    ディリュージョン社シリーズ。久しぶりに読んだはやみねさん。なぜ館が記憶から消えたのかって謎はすぐわかったけども、火事の謎は……。最後の最後でファンにはサプライズ。知らない人はよくわからないオチかも。

    『麦の海に浮かぶ檻』
    恩田陸さんっぽい、少年少女の話。転校してきた少女の謎。これもシリーズなのか。知らなかったけど楽しく読めた。

    『QED~ortus~鬼神の杜』
    QEDシリーズ。この人のも久しぶりに読んだ。歴史の知識量に懐かしさを覚える。謎自体は特別な知識が必要だけどとても単純?論理的ではあった。

    『時の館のエトワール』
    わりと好きな話だった。まあファンタジーじゃないとすればそうなりますね。これもシリーズものらしい。

    『首無館の殺人』
    えっっっぐ。えっっっぐい。初めて読んだけども、綾辻さんの「鬼畜系特殊設定パズラー」って評が納得の話だった。こういうサイコな動機とかやり方は好きなんだけど、いかんせん話がゲロと腐臭に満ちてて好きになれない。

    『囚人館の惨劇』
    バス事故にあって逃げ込んだ館は、ネットで噂の囚人館と呼ばれる場所だった。陸の孤島で次々起こる殺人。THE館ミステリー……いや犯人モロバレだからパニックホラーでは……?と思いきや。
    作者さんの名前は見たことあるけど今まで読んだことなくて、今回のアンソロで興味湧いた。

    白もそうだったけど、館ミステリー……?ってのがちらほら。館ミステリーって書くの難しいのね

  • なんだか、館?という作品も混じっていたような。
    1番好きなのは恩田さんのかな。既存シリーズから来ているので懐かしい。
    はやみねさんも面白かった。児童書のシリーズとつながっているようなので、そちらも読んでみたい。
    終盤の2作は、ちょっとグロな感じで読むのがしんどかった。

  • 初読みで、シリーズの雰囲気を掴めていないものがちらほらあったけれど、それを抜きにしてもなかなか楽しめた。高田さんは蘊蓄のハンパなさに圧倒された。白井さんは相変わらずヤバいくらいぶっ飛んでいたけど、オチが少しわかりづらかった。井上さんには完全に予想を外された。まさかあの流れからあんなラストに繋がるとは思いもよらなかった。

  • 2017/11/03読了

  • 綾辻行人『十角館の殺人』に始まる“新本格ミステリ”30周年を記念した講談社のキャンペーンからうまれたアンソロジー

    寄稿者は、はやみねかおる、恩田陸、高田崇史、綾崎隼、白井智之、井上真偽

    ひとくちに“新本格”と言っても幅が広く、さまざまなテイストにふれるのにちょうどよい1冊

  • 恩田陸を目当てに購入。
    まさかまさかの理瀬シリーズのあの人が主人公とは!
    読み終え、なるほどーー!!とファンならば、嬉しい納得!
    もっともっと読んでいたかったーー。
    恩田陸の作品だけに星をつけるなら四つか五つなんだけど、後半の作品がグロくイマイチだったのが残念。

  • 「思い出の館のショウンツ」はやみねかおる★★★
    ディリュージョン社シリーズ。そして長年のファンのための話。
    「麦の海に浮かぶ檻」恩田陸★★
    これもファンのための話か?最後の方はよく分からなかった。
    「QED~ortus~ ―鬼神の社―」高田崇史★★
    歴史解釈はまあまあだが、やはりミステリ(館じゃないし)としてはイマイチ。
    「時の館のエトワール」綾崎隼★★★
    予想される範囲内だが、まあまあ面白い。ただ登場人物にシリーズもの?な感じがする。
    「首無館の殺人」白井智之★★★★
    一番ぶっとんだ作品。余計な情報が多すぎて、トリックに驚きにくいのが味か?
    「囚人館の惨劇」井上真偽★★★
    なんか綺麗なオチのような、そうでもないような。

    館ものとしては亜流。だからこその黒か。
    ただそれよりも、6作中4作でそれぞれの作者のシリーズものを出すのはやめてほしい。
    人間関係などが省略されていて違和感があった。

  • 今回は各作者さんらしさがより強く出てたんじゃないかなと思います、その分、館モノのテイストが弱まってしまう方もいらっしゃったので、これは好みになるかなと。
    今回も好きだった作品を二つだけ。

    ◆思い出の館~(はやみねかおる)
    はやみね先生、初でした。
    テンポ良くて楽しい。
    ライトノベル感と違った読みやすさ。
    タイガ作品読んでみたいと思います。

    ◆囚人館~(井上真偽)
    白黒含めて一番良かった。
    他の作品に比べて長かったので、色々書き出せたのはあるかと思いますが。
    伏線の回収と、更なる裏切り。好きでした。
    探偵が早すぎるの時も思ったのですが、最後によい話持ってくるのずるいです(素敵です)笑

  • 高田崇史『QED ~ortus~ ―鬼神の社―』目当てで購入。桑原崇大学3年生、棚旗奈々大学1年生の、二月、節分の頃。

全10件中 1 - 10件を表示

はやみねかおるの作品一覧

はやみねかおるの作品ランキング・新刊情報

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)を本棚に登録しているひと

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)の作品紹介

「館」の謎は終わらない――。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、色とりどりのミステリの未来!
奇怪な館、発生する殺人、生まれいづる謎、変幻自在のロジック――!
読めば鳥肌間違いなし。謎は、ここにある。新本格30周年記念アンソロジー第三弾。

収録作品:
はやみねかおる『思い出の館のショウシツ』
恩田 陸『麦の海に浮かぶ檻』
高田崇史『QED~ortus~ ―鬼神の社―』
綾崎 隼『時の館のエトワール』
白井智之『首無館の殺人』
井上真偽『囚人館の惨劇』

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)はこんな本です

謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)のKindle版

ツイートする