生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)

  • 20人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 柴田明夫
  • 講談社 (2009年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062950534

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)の感想・レビュー・書評

  • 食料事情の基本が分かる本。改めて現在の日本のおかれた状況となぜ今日のようななってしまったのかが、易しく解説されている。今後の解決策のコメ政策の提言も面白いが、すぐに実行されることはないだろう。それだけの危機意識が政策当局にあるとは思われない。個人として出来ることは、食料インフレに強い金融商品に投資しておくことぐらいかも知れない。多くの人に薦めたい本だ。

全1件中 1 - 1件を表示

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)を本棚に登録しているひと

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)を本棚に「積読」で登録しているひと

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)の作品紹介

経済不況も大問題だが、それよりも深刻なのが世界の食料不足だ。総人口の増加、異常気象の続発、中国など新興国における食生活のレベルアップ、バイオエタノールの生産増による食用トウモロコシの減少…。いま各国で食料の奪い合いが始まりつつある。この危機に対して食料を海外に大きく依存する日本は何をすべきか?そして僕たち一人ひとりに問われていることは?世界と日本の「食」や「農」の現実、あるべき将来像について、わかりやすく解説する。

生きるためにいちばん大切な「食」の話 (現代プレミアブック)はこんな本です

ツイートする