伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)

  • 127人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (16)
    • (15)
    • (8)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 周木律
  • 講談社 (2014年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990226

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
周木 律
麻耶 雄嵩
米澤 穂信
法月 綸太郎
青崎 有吾
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • いい意味でも悪い意味でもいつも通り。
    不可能犯罪に見えた殺人が建物トリックによって明かされる。
    ただ、こうも建物の構造を踏襲してくるとトリックになんとなく検討がついちゃうというか…
    はやにえの図を見た瞬間「あっ…」ってなっちゃうよね。

    ただラストの展開にはやられたよ…
    これが今後にどう作用するのか…
    次作も読んじゃうんだろうなぁ…
    なんだかんだで好きなんだよなぁ…

  •  十和田只人、ちょっとそこなおれ、正座しろ正座。
     がっつりネタバレ、ご注意を。

     あーのさぁ、いやまあ、今作はあれです、館というより島の図面を見てもトリックには気づけなかったけど、死体図を見て仕掛けに気づけちゃうという新たな試み。試み? そうなるにはどうならないといけないか、と考えたら自然と行きつく結論ですわな、堂が転がるっての。
     いや、うん、トリックはおもしろい、壮大でたまらないすごい好き。好きなんだけど、何が納得いかねぇかって、十和田只人、お前だお前。何最後、善知鳥神に罪なすりつけようとしてんだ、なんだそれ、そうしろって御大の指示か? 美しくない、まったくもって美しくない。少なくとも本格推理小説の犯人における理想の姿からはかけ離れてる! 零点! っていうところに一人で憤っております。
     神くんを犯人だと指摘する部分がどうにもお粗末だなとは思っていたし、最後に真犯人が出てくるというパターンは好きな部類ではあるんだけど。
     なんだろうなぁ、至高のものを求めて常識を越えた行動をするってのは別にいいんだけどさぁ、その割にはやってることがちっせぇんだよなぁ……だからどうにも存在自体が矛盾してるように思える。整合性が見えない、作者としては超越したところを歩かせたいんだけど失敗してるキャラクタに見えちゃう……。うーん。いや、名前に只人ってつけてるから人間でいさせたいんだろうけど、なんだろう、とにかくやってることが気に食わない。今作のことがなければ別になんとも思わなかったんだけどさぁ、ほんと「その咎を神くんに引き受けてもらった」ってなんだそれ。『ザ・ブック』を読むためにってことか、今警察に捕まるわけにはいかないってか。
     なんだろう、ネタも筋も好きなんだけど、書き方が好みじゃないんだな、たぶん。で、きっともっと自分が好きになる書き方があるってのが分かるから腹立ってるのかもしれない。ああそれだ、もったいねぇえええ、だ。折角の良いオチなんだから、もうちょっと、こう演出の仕方、あったろ!! 勿体ない、ほんともったいない! 書きようによっては鳥肌級だってのが分かるからさぁ……感覚が絶対的に合わないんだろうな、この作者と。
     最後、神くんが言ってた宗派を変えろってのはあれか、藤御大信仰ではなく私のところにいらっしゃいってことか。
     抜粋。


     だから私はここにいるのね――解っていたけれど。


     この一文、最後まで読んで戻ったらすごいうわぁ、って思うわ。このシリーズで一番可哀そうな子って神くんじゃね?

  • デビュー作の眼球堂から欠かさず追っている今シリーズ。森博嗣のS&Mシリーズを彷彿とさせるキャラやアプローチが巻を追うごとに際立っている印象が拭えませんが、今作のプロローグほど強く感じたことはありません。

    絶海の孤島で交わされる、数学が得意な女子大生と天才と唄われる博士の会話。
    「そこには無(=0)しかない。魅力的でしょう?」と、宮司百合子に語った善知鳥神。
    「数字の中で7だけが孤独なのよ」と、西之園萌絵に語った真賀田四季。な…なんかシンクロしてる…!(゜o゜)

    すべF以降、森作品の各シリーズに傾倒しまくった私には、懐かしく往時の高揚感が思い出されました。
    「今は夏。彼女はそれを思い出す」っていう書き出しに、めちゃくちゃ痺れたなあ…。っていう感想、前にもどこかで書いたなあ…←

    天才の描写やミステリとしての評価は圧倒的にすべFに軍配が上がるのですが、それでも私の周木作品に対する評価が「森博嗣の二番煎じ」に留まらないのは、周木作品には森作品にはなかった「本格ミステリへの実験的な挑戦・こなれたミステリファンへの挑発」が既刊全てに通底していると強く感じるからです。

    今シリーズに仕掛けられた「堂トリック(帯には館トリックとありますが、シリーズに敬意を表してこう書きます)」は、ミステリファンには「何となく」ネタの検討が付くんですよね。

    この部分が動くんだろうな。回転かな!それともスライドかな!?←楽しい

    そんな読み手の予想を斜め上に裏切るトリックがすごい(語彙…)。
    そして、眼球堂の衝撃のラストに象徴されていたどんでん返しが、今作でも再び味わえます。シリーズ完結を待たずにこの結末ですか…すごい…(語彙…)。

    数学の薀蓄書き込み過ぎじゃないかな~説明されても分かんないし~←、とか、この天才同士の会話はなーんか物足りないな~、とか、森作品と比較するとどうしてもイマイチだなと感じる部分もあるにはあるのです。重箱の隅を突くようですが←本当に…

    でも、理数系ミステリを書いてて、森先生と同じ賞からデビューしてて、しかも森先生に推薦文書いてもらっちゃった時点で、比較されるのは自明だもんなあ。周木先生の執筆スタイルも、なかなか挑戦心溢れるよな~。っていうか、編集部がそういう売り出し方するか、そりゃ…。

    とまれ、今後も追い続けていきたいシリーズですし、期待値は高まるばかりなのでした\(^o^)/しかし私は揺るぎない犀川先生推しだぜ\(^o^)/


    絶海の孤島、伽藍島。島に建てられた二つの館で、数学史上最大の難問に関する講演会を行うーー招待された妹・百合子に付き添って島を訪れた宮司。かつて宗教施設として使用されたその館は、教祖が瞬間移動の奇跡を行った場所だった。
    超越者・善知鳥神、放浪の数学者・十和田只人も参加した講演会の直後、講演者たちが姿を消し、瞬間移動したとしか思えない状況で、奇妙な死体となって発見される。

  • シリーズ初の孤島もの。館トリックにおける“お約束”を開き直ったかのように濫発し、バナッハ-タルスキ・パラドックスともなぞらえた古めかしくも新しい複雑な仕掛けが良し。ここまでやられちゃ文句は言えません。しかしもうひとつの数学的テーマとリンクした終盤の展開はそれ以上に衝撃で、一作目ならいざ知らず、シリーズもののミステリでこういうひっくり返しを行った作品はちょっと見たことがありません。まさしく極点。これから先、どうするつもりなんでしょう?

  • 容紹介
    メフィスト賞受賞シリーズ、早くも第四弾!

    警察庁キャリアの宮司司は、大学院生の妹・百合子とともに
    宗教施設として使われた、二つの館が佇む島――伽藍島を訪れる。
    島には、数学界史上最大の難問・リーマン予想の解法を求め、
    天才・善知鳥神や、放浪の数学者・十和田只人も招待されていた。
    不吉な予感を覚える司をあざ笑うかのように、講演会直後、
    招かれた数学者が姿を消し、死体となって発見される。
    だが、その死体は、瞬間移動したとしか思われず……?
    張り巡らされた謎が一点に収束を始める、シリーズの極点

  • 一般人代表(ただし警視正)の宮司氏視点から語られているので、なんとなくわかります。
    「こいつら何言ってるんだ」感。
    はい、全力文系ですみません。
    とりあえず、なんだろう。
    これが最終巻で、謎が全て解き明かされるかと思ったらそうでもなかった。

  • トリックがあまりにも物理でびっくり。
    背景は思った通りで、びっくりなし。
    この話が転換点?

  • 『遠慮することはない。語るべきものの内には、常にいくばくかの逸脱が含まれてこそ価値がある。

    そもそもまったく逸脱のない論旨には、それが常識だろが、非常識だろうが、人に伝えるべきことが論理的に存在し得ない。

    それこそ、『青は青い』というように、トートロジーしかなり得ないからだ。だとすれば、あえて話をするほどのものではない、という結論にしかなり得ない。

    したがって、そこに逸脱があればこそ、すなわち荒唐無稽さがあればこそ、それは語り得るだけの価値を持つということになるのだ。』

    今回も物凄いトリックだった。いろいろ超越してる。

  • 今回も最大の手がかりは見取り図だった……という点までならネタバレにはならないだろう、『~堂の殺人』シリーズだし。トリックは上出来、ドラマは不出来というのも相変わらずで、せっかくのサプライズが「いや、まあ、別に……」という印象になっているのは残念な感じ。

  • おー!!そういう展開になりますか!!

  • トリックが相変わらず大掛かりですごいですね。今回のラストは推理小説としていいのかな。本格だと思ってたけど、ドンドンずれて行く気がする。

  • ・バナッハ=タルスキパラドックス
     中身の詰まった球体Kが「ひとつ」ある。この球を、適当に有限個に分割し、再び寄せ集めることによって、球体Kを「二つ」つくることができる。

     一見しただけで明らかに間違っている。しかし、数学的には誤謬が無く、論理的にも問題が無い。


     数学科の研究室に所属している宮司百合子のもとに一通の招待状が届いた。
     その招待状はリーマン予想の最先端を研究する学者に向けられた講演会だった。
     しかし、その会場は絶海の孤島で行われるという。

     そして向かった先、伽藍島へ行くのだが招かれざる兄、警視正の司もついてくる。

     その島は、とある宗教団体が保有する島だった。教団の名前は「BT教団」正式名称をバナッハ=タルスキ秘数教団といった。

     客の中には放浪数学者の十和田に、超越者の善知鳥神も招かれていた。

     リーマン予想の最先端の解法について、二人の数学者が講演した。そして、宿泊所に戻るとその二人が戻ってこない。

     会場へと戻った参加者が見たものは、マイクスタンドに串刺しになった二人の死体だった。


     伽堂と藍堂の二つの正方体の公園会場、そしてその二つを繋ぐ桟橋と伽藍島の形状。

     宮司のアイデアをもとに、十和田が宣言する。

    「さて、始めようか、講義を」


     というわけで堂シリーズ四巻目、シリーズ一貫して建築物にトリックがひそまれている。

     物語の序盤で建築物の構造が示され、それをもとに読者は理解しなければならない。

     そしてもう一つの鍵が、バナッハ=タルスキパラドックス。一つのものが二つになる。そのパラドックスのどこに誤謬があるのか。

     十和田の解法に、論理的には間違いがないが読者は疑問を感じるだろう。
     その違和感がラストにつながる。

  • ここに来て思いきったことをしてきているが、この先のビジョンがどのくらいあるのか興味深い。トリックが若干大味化しているのも多少気になるかな。

  • シリーズ4作目。今回も登場するトリッキーな仕掛けのある建物。数学的云々はやはりよくわからない(苦笑)のですが。またしてもスケールの大きな仕掛けには「おおっ!」と驚かされました。
    そしてシリーズとしてのクライマックスに繋がりそうなとんでもない事象が……いったいどうなるんでしょう。次作が気になります。

  • 今回も奇想天外な仕掛けだったなぁ。

  • 堂シリーズ4作目。バックストーリーの転機となるであろう作品。今までのシリーズの中では一番謎解き部分と数学ネタが面白く感じられたが、結末と動機が理解しにくいせいか消化不良な印象がある。

  • 堂シリーズ四作目。
    伽堂、藍堂それぞれの館で起きた殺人事件。
    今回も、ものすごい物理トリックいや建築トリック。
    さすがに四作目なので物理トリックがあることを疑わないけど、これは予想以上。

    神と、十和田と宮司兄妹の関係性が少しずつ明らかに。
    「あの事件」の真実を早く知りたい。

  • トリックに途中で気がついてしまった?というか、まさかちがうよなぁと思っていたら、そうだったので、すこし残念でした。でも最後の犯人には驚きました!

  • 被害者二人が『百舌鳥のはやにえ』のようにマイクスタンドに刺さっていたという不可解な状況と、入り口が遠く離れた二つの部屋をどうやって移動したのかという二点がメイン。物理トリックは既視感ありますしアンフェアギリギリのような気がしましたが、これ迄の四作の中で一番良かったと思います。
    しかし、キーとなる部分が説明不足で満足出来る内容ではありませんでした。特に動機が「リーマンの定理だ」の一言で片付けられているのが納得出来ません。煙に巻くようなやりとりが多く苛立ってしまいました。
    ラストも微妙でした。有耶無耶にしたまま次回作へ持ち込む幕引きだと本作への満足感は半減してしまいます。作者自らハードルを上げてしまった次回作はどうなるのか見物です。

  • 数学者・十和田シリーズ第4弾

    <あらすじ>

    宮司警視の妹・百合子のもとに招待状が届く。
    伽藍島という島でリーマン予想について講習会を行うとのこと。
    主催者は藤衛(五覚堂の殺人 参照)。
    それを知った宮司は妹の保護者として一緒に参加することに。

    伽藍島には、伽堂と藍堂という2つの建物があり、
    その建物は、BT教団という宗教団体の施設で、
    20年以上前から教主不在のため一般に貸し出されている
    その伽堂と藍堂で講習会が行われることになった。

    ――――――――――――――――――――――――
    BT教団とは戦後、世界平和を理念に掲げ発足した教団で、
    教主・昇待蘭童は戦後、少ない物資を目の前で複製する
    という奇術で団員を増やし、
    また伽堂で祈りを捧げた後そこから姿を消し藍堂に現れる
    という瞬間移動を披露していたという。
    ―――――――――――――――――――――――――

    島には幾人かの数学者が招待されており、その中には
    十和田只人と善知鳥神もいた。

    主催者は急用で来れなくなったとのことだが、
    講演会は行われることになり、伽堂藍堂の管理人で
    BT教団員でもある老女・品田に一同は伽堂と藍堂に案内される。
    2つの建物は共に大きさが同じ立方体で、
    建物の中は朱色と緑色でそれぞれ色分けされていた。

    予定通り数学者Aが伽堂で講演を行い、
    その数学者を残し、藍堂へ移動し数学者Bが講演を行った。
    そして講演が終わり、伽堂に戻ったら
    部屋の中央に数学者Aと数学者Bの死体が!

    伽堂と藍堂を結ぶのは浅橋1つしかなく、抜け道もない。
    一体どうやって数学者Bは藍堂から伽堂へ瞬間移動したのか?
    そして犯人はダレなのか?

    犯人探しをしてる中、管理人・品田の死体が。。。


    <オチ>

    十和田が真相を暴く。
    伽藍島自体が回転し、さらに伽堂がサイコロのように
    縦に回転する仕掛けになっていて、殺された数学者は
    2人共伽堂で講演を行っていた。
    そして犯人は善知鳥神だと指摘。
    善知鳥は「神を倒すには『ザ・ブック』を読まなくてはならない」
    という言葉を残し逃亡。姿を消す。

    事件は終わり、船を待つ一堂。
    百合子は十和田と2人きりになり、百合子は十和田に告げる。

    真犯人は十和田只人。
    そして十和田を指示したのは藤衛で
    藤衛はBT教団の教主・昇待蘭童である、と。

    22年前の事件で逮捕された藤衛
    時を同じく姿を消したBT教団の教主。
    五覚堂の事件後、藤衛が釈放されたとき十和田は消息を絶った。
    実はその時に十和田は藤衛に会って今回の指示を受け、
    品田と協力し2人の数学者の殺害を実行し、
    狂信者の品田は教主の指示で自殺したのだった。

    十和田は言う。
    『ザ・ブック』を読むためなら僕は人殺しでも何でもする。
    『ザ・ブック』には世界の秘密が書かれている。
    その世界の秘密とは・・・リーマンの定理だ。

  • 本って、やっぱり有る程度読む側のバイタリティによって感想が左右されるもので、あんまり調子が良くないときに読むと、がっつり楽しむことができない。
    それが原因なのかは分からないけど、今回の作品はイマイチのめりこむことができなかった。というか、うーん、正直マンネリ化してきてないかな?由緒正しい本格の様式美と言えば、そうなのでしょうが。

    (以下ネタバレ)
    森博嗣フォロワーと言われることの多い作者でしたが、今回の解決を見るともはや一種のバカミスに足を踏み込んでる気もする。いや、これ警察が来たら即効バレるでしょwという
    大オチの、あの禁じ手の真相の衝撃度もイマイチに感じたのはやはりバイタリティのせいなんでしょうか。
    しかしこの作品、このあとどういう方向で行くのか。今まで書かれていた次作予告が無かったけど、まさかこれで終わり…じゃないよね?

全23件中 1 - 23件を表示

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)に関連するまとめ

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)の作品紹介

メフィスト賞受賞シリーズ、早くも第四弾!

警察庁キャリアの宮司司は、大学院生の妹・百合子とともに
宗教施設として使われた、二つの館が佇む島――伽藍島を訪れる。
島には、数学界史上最大の難問・リーマン予想の解法を求め、
天才・善知鳥神や、放浪の数学者・十和田只人も招待されていた。
不吉な予感を覚える司をあざ笑うかのように、講演会直後、
招かれた数学者が姿を消し、死体となって発見される。
だが、その死体は、瞬間移動したとしか思われず……?
張り巡らされた謎が一点に収束を始める、シリーズの極点!

ツイートする