人類最強の初恋 (講談社ノベルス)

  • 746人登録
  • 3.35評価
    • (19)
    • (66)
    • (85)
    • (26)
    • (4)
  • 71レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : 竹 
  • 講談社 (2015年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990400

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • タイトルで買わずにはいられなかった。ほぼ潤さんの一人称で、テーマは宇宙。しれっと触れられる戯言遣いのその後はファンサービスかな。ただただ戯言シリーズ好きな人向けのスピンオフでした。

  • 面白いのか面白くないのか
    どう判断していいのかわからない。

    飛ばしながら読んでそれなりに楽しめたが
    シリーズファン向けですね。

  • 西尾維新、、初めて読みました!
    最強シリーズ第1作目、
    人類最強の請負人 哀川潤を主人公とした話で、
    彼女のテンポのいい?キップのいい話し方、
    どんどん読み進めていけました。
    うん、ライトノベルぽい。
    登場人物の関係性をよく知るためには、他のシリーズも読む必要がありますねー。
    内容も面白かった!予測のつかない展開、上手ですね。シースルーくんにストーンズ!

    宇宙に行った犬、クドリャフカについて勉強になりました。

  •  どんなにトンデモなことが起きても、どんなに絶望的な状況におかれても、人類最強が主役という点と彼女自身のポジティブ思考で、「まあどうにかしてどうにかなるんだろうなー」という変な安定感と安心感を感じて全然ドキドキハラハラしなかった。
     本編よりもむしろ、過去作にて名前だけ出ていた七愚人の一人の初登場、絶縁娘からの「マジこれ?」な報告、あの人がまさかの良人ゲット、がサプライズ過ぎて印象強かった。詳細はぜひ本編を!

  • 痛快爽快。さすが人類最強。
    宇宙にドナドナされても元気いっぱいですね。

    人類全体からハブにされるような「人類最強」の
    ひとり語りを書いちゃうっていうのが西尾先生のすごいところ。
    凡人や一般人じゃない考え方・発言が出るって
    どういう頭の持ち主なんだろう。
    むしろ、頭のなかに人類最強が住んでるとか?

    この世界は確かの時間は確かに進んでいて、
    戯言の彼らも元気な様子で嬉しい。

    まだもう1冊出るようで、新たに時が流れて
    人類最強がどうなるのかまだまだ楽しみ。

  •  帯の文句、どっかで言ってた?

     そもそもこのとき潤さんっておいくつですかね? 女性に年齢を尋ねるのは失礼ですか? ていうかもはやどうでもよくなってきましたね、いろいろと。
     期待はしてなかったけれどもだからといって読み終わって疲労を覚えないわけじゃあないんだなぁって。
     面白いか? これ。
     とりあえずシリーズの年表が欲しい気もするけど、そこまで深く読み込むほどでもねぇかなって。とろみちゃんが好きです。
     《最強》シリーズ開幕、って帯にあるけど、これ、続くの? 今度はSF路線で突っ走るの? ヒューレットおじいちゃんが好きです。
     こうなってくるともはや戯言シリーズ初期三作が不要であるようにしか思えない。無駄にミステリしてんじゃねぇよっていう。
     ひたすら人類最強の請負人の一人称で進めてこの量にできるっていうのはまあすげぇなとは思うけど、思考と対話のみで行動がほとんどないから、話の展開もさほど大きくないっていう。結局潤さんの言葉がカギ括弧に収まってた部分って一か所もない?
     然刃のじいちゃんが好きです。機関長の妹様って友のことですか? 玖渚、子ども産んだってこと? え、戯言遣いの子ども? マジで?
     抜粋。人類最強の請負人と地球最高峰の頭脳の対話より。


    あたし、今、世界中からシカトされていじめられてるんですけど、どうしたらいいですか?
    「いじめられるほうが悪い」


     ヒューレットじいちゃん、真賀田四季っぽいけど、あれよりユーモアを持ってるみたいでいいよね。

  • 《最強》シリーズ第1弾作品4月24日発売!

    「初恋は、実る」

    孤高の赤、哀川潤(あいかわ・じゅん)。
    彼女の『今』が語られる、《最強》シリーズ、開幕!

    「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」
    人類最強の請負人・哀川潤。
    強くなり過ぎた彼女に、遂に世界のすべてが降伏する。
    倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、
    そのとき、初めての「恋」が襲い掛かる!
    『戯言』では済まされない、『人間』の枠を越えた、
    『最強』のラブストーリー!

    ▼担当編集者 コメント
    人類最強の請負人・哀川潤が主役の本作は、誰よりパワフルな彼女だからこそ挑むことができる冒険や、新たな出会いに満ちた、どエンタメです。読んでいるとこちらまで元気が湧いてきますし、読後感は爽快です。イラストレーター・竹さんによる美麗なカバー絵とピンナップも必見です! 

  • 二編収録。一話目はそれなりに楽しんで4点、二話目が2点で総合3点と言う感じ。二話目は幾ら何でも羽目を外しすぎて冷める。

  • 潤さんのハチャメチャだけれど、筋が通ってるところが好き。

  • つまり人類に恋したのか、あたしは? 人類が好きだと思えば思うほど、距離が開いていく――今に至っては三十八万キロだ。参ったね、好きになるほど嫌われる。
    (P.193)

  • 哀川潤の一人称、読みづらい。やはりこの方は語るより語られるのが似合うのか。テンポの良い会話は楽しいんだけど今回はそれもないし、ひたすらくどい。シースルーの特質は面白かったのだが。失恋はまだ短めで良かったかな。とろみのぐちぐちが面倒だった。言葉尽くすのは戯言遣いに任せよう。あっそういえば!おめでとうございます!(笑)どんな子になるんだかすげー興味深いわ。

  • 西尾維新、元々ぶっとび設定だけど、
    とうとう、宇宙人出てきたり、月に行ったりした。
    主人公は哀川潤。
    人類最強だから、もはや人類や地球が舞台では足りないということか。

    「天才」「才能」と「努力」の相関関係に関する考察が面白かった。

  • 久々の哀川さん。1人称で読んでるとやや大人しい印象を受ける。
    シースルーというキャラクターが良くて印象に残った。
    宇宙旅行に関しても、そこに居続ける発想はなくて良かった。

  • ほとんどタイトルどおりの話。(^^;
    SF とかそういうジャンルとしてとるべきでしょうかね?
    戯言シリーズの読者は戸惑うかも。
    西尾維新ってのがつまるところ、恋愛小説家だということが再確認できた感じ。
    話のスケールは大きいんだけど、ちょっとちまちました印象を受けるところは、賛否あるところかな。

  •  人類最強の哀川潤さんの一人称で語られる物語です。
     タイトルから想像していた話とはかけ離れているので、タイトルは忘れて読んだ方がいいと思いました。
     宇宙人だったり宇宙に行ってしまったり、想像を超えた話でした。

  • 人類から抜きん出たことによって世界から疎まれ、ハブられることになった哀川さんとそれを見かねた宇宙人との恋愛?SFチックなお話。
    作中では丸くなったと言っているが、さすがは哀川潤、やることなすこと全てスケールが大きくて読んでいて気持ちが良い。
    ファンにとって馴染み深いあの2人の吉報が書かれていて胸が一杯になった。

  • もはや、ミステリじゃないわな。
    戯言本編ですら、途中からミステリじゃなくなったし。
    人類最強の請負人の日常(?)話。
    わちゃわちゃ、楽しんでおられます。

    小ネタで挟まれてた、あの二人のその後に、おおお!!ですぞ。

  • 人類最強の初恋というが、初恋というか……なんというか(苦笑)宇宙人まで出てきてしまって、もはやどうしたら?!状態。こんなぶっ飛んだ展開になるのか、哀川潤絡みだと……うーん、ちょっと求めていたのとは違う。

  • 単純に面白かった。
    amazonのレビューではイマイチだったけど、ファーストコンタクトSFとして楽しめました。

  • 〈最強〉シリーズ、開幕!

  • 想像してたのと全然違った内容だった。 
    さすが規格外で破天荒な最強さん。 
    もはやSF(最強のフィクション)の世界になってしまったわけだが、謎の地球外生命体、謎の月星人、とんでもねえぜ。 
    まさか最強さんが主人公になるとこんな世界になってしまうとは。

  • 哀川さん人類逸脱しすぎ!というお話。戯言シリーズの懐かしい面々にもちょこちょこ触れられるのでシリーズファンには嬉しい。特にいーちゃんと玖渚のその後は感無量。
    結構しっかり友情を結んでるように見える、哀川係のとろみちゃんとの掛け合いも面白い。
    とはいえ、本文中にもあるように哀川さんも丸くなったというか逸脱し過ぎて一周回って他者への期待のハードルが低くなったというか。
    忍耐強い哀川さんに違和感を感じるレベルだった。

  • 掲載されている2話ともに前半は良かった。後半の話の展開が突飛すぎて、読後感はいまひとつ。

  • どちらも宇宙が関係する物語。
    戯言シリーズでは見れなかった彼女の一面が見れたような気がしました。

    「人類最強の初恋」
    独りぼっちの彼女を見つけた彼方からの訪問者。
    彼女の甘酸っぱい初恋の物語かと思って読み始めたら全然違う雰囲気で驚きました。
    最後に語られた彼が地球に来た理由が単純なようで何か深いなと思いました。

    「人類最強の失恋」
    辿り着いたはいいが帰る方法は。
    ついに宇宙にまで行ってしまった純さん。
    何処に行っても変わらず思いのままに行動する純さんは流石だなと思いました。

  • 人類最強の請負人、哀川潤

    戯言シリーズ、人間シリーズからのスピンオフになるのかな?
    あんまり久しぶりすぎていろいろ忘れてました(笑)

    一瞬にして東京を壊滅させた宇宙からの飛来物を受け止めた
    哀川さん(さすが!w)
    その飛来物の正体は?

    そして、月へと放逐された彼女の運命は・・・

    哀川潤は、もっともっと
    ひっちゃかめっちゃかでいいような気がする(笑)
    自分でも何度も「丸くなったなーー」って言ってるけどね(笑)

全71件中 1 - 25件を表示

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)に関連するまとめ

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)の作品紹介

孤高の赤、哀川潤(あいかわ・じゅん)。
彼女の『今』が語られる。
《最強》シリーズ、開幕!

「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」
人類最強の請負人・哀川潤。
強くなり過ぎた彼女に、遂に世界のすべてが降伏する。
倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、
そのとき、初めての「恋」が襲い掛かる!
『戯言』では済まされない、『人間』の枠を越えた、
『最強』のラブストーリー!

人類最強の初恋 (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする