悲録伝 (講談社ノベルス)

  • 342人登録
  • 3.85評価
    • (27)
    • (44)
    • (28)
    • (6)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 西尾維新
  • 講談社 (2015年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990448

悲録伝 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スパートがいちばんまともだったんだなー

  • 四国大冒険、終決。   
    魔女の正体、『悲恋』の秘密。   
    四国ゲームの黒幕。四国ゲームの真の目的。   
    究極魔法とは。   
    空々空と愉快な仲間たち八人の一行は、一番最初の魔法少女と邂逅する。   
    一番最初の魔法少女は語る。   
    そして、究極魔法を手に入れる一人の勝者。   
    究極魔法を手にした先は……。はてさてどうなることやら。   
    この八人のパーティはこれが最初で最後かな。諸行無常。

  • 「自信があったことなんて、絶対に僕は、一度もないよ」
     逆説的に、それは確信を持って言えた。
    (P.207)

  • いちおう四国編にケリをつけたこの巻に限って云えばそれなりに面白かった(破壊丸の使い方とか素直に美味いよなあと)んだけどやはりというかここに至るまでがあまりにも冗長すぎるのがなあ……。

  • 勝者は、一人。命を懸けたゲームが、ついに迎える最終局面! 
    「伝説シリーズ」最新作

  • 四国編を一気読みしすぎて一巻一巻の感想が書けないのでまとめて。
    空々くんの中の犬籐さんの存在が予想以上に大きくて驚いた。
    あと以外に人が死ななかったというか、ここでメインの登場人物を出揃わせるためのこれまでの犠牲だったのかもしれない。
    とりあえず大団円というか、良いところに落ち着いて良かった。

  • 四国編がようやく完結!究極魔法とは何か、なぜチーム白夜は究極魔法を手に入れようとしないのかなどの謎が解ける。チーム白夜は進んでいるんだな(笑)

  • 四国編、長かったですね。
    長く楽しめました。
    読んでいて楽しいので時間が経つのが早いのですが長いので時間がかかりました。
    もう悲鳴伝の内容を忘れてしまったのでこの悲録伝の前に悲鳴伝を読み直してから読みました。四国編のもう少し早い段階で読み直しとけばよかった。ww
    次も楽しみにしています。

  • 究極魔法、途中で期待が膨らんだんだけど。
    そしてまた、地球との戦いへ戻るのか。。。
    四国編、長かったな〜

  • 四国編完結。
    魔女・魔法少女の正体、究極魔法とは何かが明かされる。
    始まりの魔法少女との会見。
    最後は、悲鳴シリーズとは思えないほどあまり死なずにエンドを迎える。

全34件中 1 - 10件を表示

西尾維新の作品

悲録伝 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悲録伝 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悲録伝 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悲録伝 (講談社ノベルス)の作品紹介

魔法少女同士の死闘をあらゆる手段で生き延びた、
十三歳の英雄・空々空と、七名の女性――
幼児、秘書、科学者、人造人間、三人の魔法少女。
思想も、能力も、思惑も、すべてが異なる八人だが、
四国からの脱出と、『究極魔法』奪取を共に目指すことを決める。
ゲームに挑む最後の晩、幼児にして魔女・酒々井かんづめは、
彼女だけが知る“過去”を皆に告げるのだった……。
八人のろくでなしは、生き残ることができるのか。
『究極魔法』は誰の手に? 波乱の四国編、堂々完結!

悲録伝 (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする