ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)

  • 39人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (6)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 本格ミステリ作家クラブ 
  • 講談社 (2015年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990479

ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 個人的には好みが分かれた作品が多かった。

    気に入ったのは「三橋春人は花束を捨てない」
    「死は朝、羽ばたく」「髪の短くなった死体」

    どれも普段は読まない作家さんたちなので
    収穫でした

  • アンソロジー。11作収録。
    アンソロジーは、何作かは確実に好みの作品があるのがありがたい。
    良かったのは、下村敦史「死は朝、羽ばたく」、芦沢央「許されようとは思いません」、青崎有吾「髪の短くなった死体」。

  • 長岡弘樹/下村敦史作品が入っていたので。

    ハッとするのは上記2作品のみ。
    ほかは、ややゆるめのミステリー、というかカンタ謎解きで、こういう場合のミステリーと分類するには少々甘い感じ。

    (評論は、ミステリーではないです)

    いろいろな作家を体験できる点を良しとする。

  • 2014年に発表された本格ミステリの短編と評論から、本格ミステリのプロフェッショナルが選び抜いたベスト作品集!

  • 普段読まない下村さん、芹沢さんの作品は重たいながらも印象に残った。お馴染みのハルチカは「惑星カロン」に違うバージョンで掲載されているらしいので忘れないうちに読みたい。

  • (収録作品)小説(最後の良薬(長岡弘樹)/心中ロミオとジュリエット(大山誠一郎)/三つの涙(乾くるみ)/三橋春人は花束を捨てない(織守きょうや)/死は朝、羽ばたく(下村敦史)/舞姫(歌野晶午)/緑の女(櫻田智也)/真桑瓜(青山文平)/理由ありの旧校舎(初野晴)/許されようとは思いません(芦沢央)/髪の短くなった死体(青崎有吾))/評論 ゆるいゆるいミステリの、ささやかな謎のようなもの。(千野帽子)/二〇一四年本格ミステリ作家クラブ活動報告

  • 楽しそうな最新ミステリー

     冒頭の「最後の良薬(長岡弘樹)」からおもしろい。妻というオチはありきたりなんだが、どんでん返しがきれいに決まる。

     思わせぶりな「心中ロミオとジュリエット(大山誠一郎)」はオチが読めてしまうが、幸せの価値を問うラストは良いな。


     期待の割りにはイマイチだったのが「三つの涙(乾くるみ)」。残念。

     逆にとてもすばらしいと感じたのが「三橋春人は花束を捨てない(織守きょうや)」。このオチには驚いた。緻密だなぁ。普通怖いのは女なんだがなぁ。

     既読の「死は朝、羽ばたく(下村敦史)」も、このシリーズに加わるに十分な力量を持つ作品。

     「舞姫(歌野晶午)」のオチがわからない。たぶんアフリカだと思うけど、その伏線が見えない。よっておもしろくない。

     「緑の女(桜田智也)」はおもしろくない。研究室の雰囲気はたっぷりなんだけど、発散し過ぎたな。

     なぜ時代劇にしないといけないのかわからないまま読んだ「真桑瓜(青山文平)」。確かにその背景は楽だけど、現代にアレンジできなかったのかな。残念だ。

     「理由ありの旧校舎(初野晴)」はユニークなお話だけど、まったくおもしろくない。

     上質なおばぁちゃんミステリー「許されようとは思いません(芦沢央)」は既読。

     「髪の短くなった死体(青崎有吾)」の凸凹名探偵コンビはユニークだけど、トリックはおもしろくないな。

     既読もあったけど、なかなかに楽しめたアンソロジーだ。いいな、ミステリー。

  • 長岡弘樹「最後の良薬」えええ!?そんなのありなの……ギャグかよ…?
    大山誠一郎「心中ロミオとジュリエット」これはわかりやすかった。ま、それしかないですよね。
    乾くるみ「三つの涙」乾くるみさん好き。シリーズ化してほしいようなキャラクターたちだ。
    織守きょうや「三橋春人は花束を捨てない」これはなかなか好きです。何といっても依頼人の理由…このキャラがいい。まあ主人公はドン引きしてますが。
    下村敦史「死は朝、羽ばたく」これも面白かった!素直にびっくりしました。
    歌野晶午「舞姫」物理トリックはやっぱりちょっと苦手。しかし今回はそれ以上に主人公がどうも苦手だった。
    櫻田智也「緑の女」謎解き部分はなかなか面白かった。
    青山文平「真桑瓜」これも好き。この後味が好き。
    初野晴「理由ありの旧校舎」うーーーんこれもわかりやすかった。「全開事件」と言っても一番ふつうに思いつく理由だったし。
    芦沢央「許されようとは思いません」いくらなんでも…いやな村だ。良い面が一切描かれないのはちょっともやもやするけど、「理由」をわかりやすくするためかな。
    青崎有吾「髪の短くなった死体」役割分担ペア探偵の設定楽しい。
    千野帽子「ゆるいゆるいミステリの、ささやかな謎のようなもの。」

    「死は朝、羽ばたく」「真桑瓜」辺りが好き。
    「三つの涙」「三橋春人は花束を捨てない」はキャラが好き。

  • 軽めでテンポ良く読めるものから、重苦しく、深く考えさせられるものまで。様々なミステリが楽しめる一冊でした。
    特に印象的だったのは後者だけど(下村敦史さんの『死は朝、羽ばたく』や芦沢央さんの『許されようとは思いません』)、個人的には軽めで、登場人物のキャラが立っているお話の方が好きかも。まぁ、好みの問題ですね。

  • 【収録作品】長岡弘樹「最後の良薬」/大山誠一郎「心中ロミオとジュリエット」/乾くるみ「三つの涙」/織守きょうや「三橋春人は花束を捨てない」/下村敦史「死は朝、羽ばたく」/歌野晶午「舞姫」/櫻田智也「緑の女」/青山文平「真桑瓜」(時代もの)/初野晴「理由(わけ)ありの旧校舎」(ハルチカもの)/芦沢央「許されようとは思いません」/青崎有吾「髪の短くなった死体」(ダブル探偵もの)/<評論>千野帽子「ゆるいゆるいミステリの、ささやかな謎のようなもの。」

全11件中 1 - 11件を表示

ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベスト本格ミステリ2015 (講談社ノベルス)の作品紹介

本格ミステリ作家クラブが選んだ2014年のベスト本格ミステリ短編&評論のすべて!

ツイートする