その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

  • 401人登録
  • 3.43評価
    • (21)
    • (48)
    • (70)
    • (11)
    • (6)
  • 75レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2015年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990554

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
有栖川 有栖
米澤 穂信
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • ミステリの核となる事件とそのトリックはまあそんなに特筆すべきこともないんですがタイトル通り、可能性を提示してそれを否定する、という点にのみ特化したお話。見せ方がおもしろいな、と。ところどころに漂うラノベっぽい感じは目を瞑るとして。
    ただ語り手である「フーリン」がやたらとキャラがぶれてるのが読んでいて居心地が悪かったですが。冒頭から必要以上に残忍な人柄が描かれてるかと思ったら結局ただのワトソン役・・・以下のただの驚き役にしかなってないし。時々思い出したかのようにとってつけたような残忍っぽさが逆に違和感。

  • かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、青髪の探偵・上笠丞と相棒のフーリンのもとを訪れる。彼女の中に眠る、不可思議な記憶。それは、ともに暮らした少年が首を斬り落とされながらも、少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった。首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇蹟の正体とは…!?探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、すべてのトリックが不成立であることを立証する!!


    ・レビュー

    粗い部分は多いが面白い。発想を存分に活かして作品に落とし込んでいるのがよく解る。

    麻耶雄嵩の「これはアンチミステリではない ただの奇跡だ」という帯はかなり正鵠を射ているというか、まさにこの作品を形容する一つの視点として真実味がある。

    ジャンルとしては確かに「探偵」に対してアンチミステリ的な試みが成されているのだけれど、ストーリーというかプロットには思いの外真っ当なハウダニットのロジックが組まれていて、全体を通すとアンチミステリというより反転ミステリといったような感じだ。

    かのシャーロック・ホームズは「不可能なものを排除していって、残ったものがどんなに信じられないものでも、それが真実」という名言を残しているけれど、今回の探偵である上笠丞はこのホームズのスタイルと対になるような探偵だ。
    それは一見人の手によるとする解釈が困難な事件の、あらゆる人的・現実的な可能性を否定し尽くすことで、その事件が「奇蹟」であることを証明するというものである。
    探偵というのは奇蹟のような事件を人の手による犯罪だと見破ることが多いわけだが、本作の上笠丞は奇蹟の存在を信じており、真の奇蹟を証明することを目指し、ライフワークにしている。

    上記の通り、探偵としての上笠丞の仕事はいわばトリックの網羅だ。それで解決できなければ、それは「奇蹟」であるわけで、したがってその証明方法は奇蹟という選択肢以外のあらゆる可能性の矛盾をついてロジックで消去していくことになる。

    以上の設定からしてストーリーは少々珍しい物になっている。
    まず依頼人により「問題」に当たる過去の一見奇跡的な事件が語られる。それに対して上笠丞はそれが奇蹟であるという結論を出す。
    そして本作の主要な内容は多重推理、多重解決のミステリとなっている点だろう。
    上笠丞の「奇蹟という結論」に対して様々なキャラクターが目の前に立ちふさがり、仮説を呈するのだ。つまり、人的なトリックであると証明するのが敵であり、それを解決できない奇蹟だと証明するのが主役である上笠と相棒のヤオ・フーリンになる。立場が反転しているのが面白い。

    一つの問題が最初に提示され、それに対して複数の敵がそれぞれトリックの可能性を出していく。ここで重要なのが、上笠丞は現実的根拠と証言を以ってしてその仮説やトリックを論破していく必要があるが、敵に当たる側から提示されるトリックはあくまでも可能性さえあればなんでもありという点だ。
    奇蹟の証明の為にはそれ以外のすべての可能性を排除せねばならないので、逆に言えば奇蹟でないことを証明するならばたとえ僅かでも可能性を指摘すればいいことになる。
    これがルールとして前提にあるので、本作は非常にバカミス的なトリックがいくつも出てくることになる。可能性さえあればなんでもありなのだから。
    しかしこれを根拠に現実的じゃなくてつまらないとか駄作というのは少々違うだろう。まず前述のルールの内なのだから実際の解決とは趣旨が違う。

    面白いのはそれに対する上笠丞の矛盾の指摘にある。この作品におけるミステリ的面白みは、解決ではなく「解決の否定」の方だ。
    こちらは語られる事件の内容の僅かな記述や表現を根拠に... 続きを読む

  • 「ミステリーアリーナ」の時にも感じたのだが、本格ミステリにおけるひとつのテーマに対し、とことん突き詰め、そして突き抜けた解答を読者に提供してくれる。そんな作品には敬意を評したい。
    逆説の完成形といってはいいんではないでしょうか?奇蹟が起きたことを証明する為に、トリックが不可能であることを証明する。ロジックに重点を置くミステリファンは必読。
    論証と反証。なんて幸せな時間…
    続編を読むのが楽しみで仕方がない。

  • 仮説に対して反論する、という設定は面白かった。ただ、一作目なのに設定を詰め込みすぎてて、仮説と反論を追いたいのに設定を理解しなきゃいけないのがかったるく感じた。

  • 借金1億超えの探偵の元に、15年前に起きた新興宗教の集団自決事件で唯一生き残った少女からこの事件で起きた不可能犯罪が本当に不可能な「奇跡」だったのか検証してほしいと依頼される。
    次々と現れる刺客が展開する可能性に探偵は「その可能性はすでに考えた」と言って反証していく。
    探偵ウエオロ、高利貸しフーリン、元検察・大門、フーリンの旧友兼仇敵リーシー、天才小学生元弟子・八ツ星などのキャラがみんな濃い。
    最初のページに見取り図もちゃんとある推理小説。

  • トリックを否定する、少し変わったミステリ。
    内容もキャラクターも、クセが強い。
    論理の応酬は興味深い反面、飽きも来るかも。
    特異な設定はおおいに評価したい。

  • 奇蹟を証明したい探偵の元に不可解な事件が持ち込まれる。探偵はついに奇蹟を確信するが、次々と証明する勝負を挑まれ打ち破っていく。
    探偵がロジックを否定する側というのが面白い。色々と難癖をつけられるが「その可能性はすでに考えた」と決めゼリフを言い否定する。映像化しても面白そうではある。

  • うむむ。期待値が高すぎたか。いわゆる多重解決の応酬モノなんでしょうが、『否定』を前提としてる推理のため、なんだか明らかに逆算して考えてるよね感がチラチラ見えちゃうといいますか……。
    あと、キャラや舞台設定に外連味を持ち込む事は悪くないんですが、その諸々の設定情報が序盤、なかなか出てこないため、前半、この登場人物たちは一体何の信念に基づいて何をやっておられるのか……、という印象を受けてしまう。
    (読んでる側はミステリの謎の考察に全力投球したいのに、妙に思わせぶりなキャラ設定を小出しにするせいで、そっちも気になっちゃって、読書してて作品の印象がどっちつかずの中途半端になっちゃう。とくに、いつバラしても問題無いキャラ背景ならとっとと明かして、読者と作者でそこは世界観を理解する情報として平等な状態にしてしまい、あとは頑張って用意したミステリネタの考察に読者に集中して貰った方が良いのではと思うのですー)
    あ、あとワトソンが自分を語りすぎて探偵役の行動描写が少ないせいで、探偵役の魅力が伝わらないのも残念だったかな。(結局、どんな性格の奴なのか最後までよく判らんかった…)

    奇跡が存在することを証明する、そのためにトリックの不成立を証明する、というアイディアはとても面白いので次作があるなら楽しみにしておきます。

  • いかにもラノベ然とした登場人物のネーミングや文章表現に、読み始めの頃は多少抵抗を感じたが、ストーリーに入り込めて以降は意外とスイスイいけた。
    主人公が奇蹟の証明にこだわる根拠やその理論的背景などにまつわる説明が拙い、という根元的な弱点はあるものの、デビュー2作目にして(だからこそなのか)このような舞台設定に挑戦したという意気込みは素直に評価したいと思う。
    帯の惹句でどなたかが言及されているように、まさにこれこそが作家性というものではないか。

  • 奇跡を証明するために、あらゆる仮説と可能性を反証するという逆転の発想。
    反証に次ぐ反証、最後はアウフヘーベンまでも!
    荒唐無稽でかつペダントリー。
    論理的なのか論理的でないのか、もはや予測不能です。
    残虐趣味が好きにはなれませんが、間違いなく奇書であることは確かです。
    近年なかった、エキサイティングなミステリでした。

  • 10年以上前に起きた不可能犯罪について、仮説とそれを否定する勝負が繰り広げられる。新しい試みで、とても面白かった。この主人公のシリーズを読んでみたいと思う。

  • 最初に抱いた感想はミステリー版グラップラーバキ。作中で言及されている通り、詭弁に近いトリックの仮説をぶつけあい、探偵がそれを破壊していく。まるで、バキに登場する怪しげな格闘術のように。作品としての完成度にほとんど寄与していない物語もその雰囲気の構築に一役買っている。

  • 新宗教団体が集団自殺を遂げた不可解な謎に対し複数の仮説が並立的に提示されます。探偵役の上苙丞が論理的に全て否定していくのですが、思わぬ事態へ発展していく趣向は秀逸で、一味違った多重解決を楽しむことが出来ます。
    しかし、刺客たちが上苙丞の論理にあっさりと引き下がるのには拍子抜けですし、バカトリックの仮説ばかり並べたのに真相だけ真面目で無難というのもなんだかなぁという感じです。

  • 事件の謎は「奇蹟」が起こしたことを証明するために、あらゆる全ての可能性を否定して事件を解決しようとする探偵、上笠 丞(うえおろじょう)。
    裏社会の大物である(そして美女でもある)フーリンとともにひとつの事件が「奇蹟」によって起きたことを証明しようとします。
    依頼された事件が、「カルト宗教団体の首切集団自殺」にまつわるという、猟奇的かつ特殊性の高い事件という点で、すでに荒唐無稽ではありますが、さらに、その事件のトリックの仮説をたてるライバルが次々と登場してきて、ミステリーというより「推理格闘小説」の様相を呈してきます。
    このライバルたちが、またひとくせもふたくせもあり、お互い奥義を出し合うかのようなディベート合戦が繰り広げられます。
    もともとの謎が突飛なこともあり、仮説もかなり暴論ですし(さらに小難しい点もあり)、反証も詭弁のような感じはしますが、読者がしらけない程度のレベルを保っていますし、合間に挿入される薀蓄の数々に、思わず読み進めてしまいます。
    またダークかつハードボイルドな雰囲気の中で、アニメやゲームのキャラクターのような人物を登場させ、挿絵がないのにビジュアル的なかっこよさが感じられます。
    とはいえ、普通に謎解きを楽しむ作品ではないし、トリックを想像する楽しみは少ないです。
    ただ、その屁理屈にも似たディベート合戦と、後半にかけてたたみかける超展開は、他でなかなか味わえない愉快な物語でもあります。

  •  本作を読んでみようと思ったのは、たまたまネット上で話題になっているのを見かけたからである。多重解決ものらしい? 今年は深水黎一郎さんの『ミステリー・アリーナ』という傑作を読んでいたので、俄然興味が湧いた。

     作者の井上真偽さんは、第51回メフィスト賞を受賞してデビューし、本作が第2作である。何だか嫌な予感がする装丁。帯の推薦文は麻耶雄嵩さんだぜ…。早速読んでみると、多重解決もの的な要素は確かにあるものの、多重解決ものではない。

     カルト宗教団体による集団自殺事件の、唯一の生き残りという女性が、探偵を訪ねてきた。長年の疑問を解いてくれという。それは「奇蹟」か否か? 探偵は言う。すべての可能性が否定されれば、「奇蹟」の存在が立証される…。

     簡単に言ってしまうと、本作は推理勝負である。次々現れる対戦相手が、トリックを披露する。荒唐無稽だろうが何だろうが、可能性さえあればいい。依頼者の遠い記憶以外、証拠は何もない。と言うより、証拠を示す必要がない。

     探偵は、相手の説が不可能であることを、論理的に看破しなければならない。相手は根拠など要らないのに、探偵には根拠が求められる。どう考えても探偵が圧倒的に不利であり、こんな推理勝負は読んだことがない。期待できるか?

     そもそも、現在起きている事件ならともかく、10数年前の事件のすべての可能性を否定できるわけがない。本作のタイトルは、探偵の決め台詞でもあるのだが…うーん、確かに動かぬ証拠だあぁぁぁぁぁっ! とまでは正直思えなかった。

     面白い試みなのは認めるし、相手も探偵もそれなりに筋が通っているけれど、やられた感は乏しかったかな。大体、対戦相手がこれだけか? 背後にそんな大物がいたなんて、驚く以前に戸惑うだけだ。「奇蹟」の道は果てしなく遠そうだな…。

     この癖のあるキャラクターたちは、再登場するのだろうか。キャラのファンはそれなりにつくかもしれない。

  • 前作の印象からして、次作を買うことはないだろうと思っていましたが、出版社側の猛烈なプッシュ、そしてなにより麻耶の帯に吊られて買ってしまいました。
    その内容はと言うと、うーん、評価が難しい…
    一風変わった推理合戦の果てに起こる矛盾。その導き出し方はかなり面白いと思います。否定に否定を重ねてきた推理が、さらに否定される。その過程は極めてロジカルで、なるほど文三が推したい気持ちもわかります。
    それでも、この真相はこの設定に在っては肩すかしと感じてしまいました。ミステリとしての設定、趣向に殺られてる感は否めません。
    推理自体は面白いのに、真相がチープでつまらない。
    光る部分はあるのに、何とも勿体無い作品です。

  • 結構たのしめた。
    奇蹟を信じる探偵がトリックの可能性を潰していくお話。

    次々彼に挑む刺客を論破していく流れはなかなかユニークでした。


    2017.9.18

  • 気に入った!
    不可解な事件について考えられるトリックをことごとく覆し、奇蹟であることを明らかにさせたい探偵の決め台詞がタイトルのセリフ。普通のミステリと逆で、トリックを暴こうとする側が悪の組織的な怪しい人たちで、キャラも口上もトリックも意味不明なことばかりだけど、読んでて楽しかった。

  • <紹介>
    不可能状況(犯罪)のあらゆるトリックの可能性を不可能だと証明して、それが本当に人知の及ばない”奇跡”だと証明しようとする探偵の話。

    <おすすめポイント>
    漫画的に強調されたキャラ付けと筋立てで読みやすい。
    推理対決が理屈っぽくもあり子どもの口喧嘩のようでもあり絶妙な味。

    <感想>
    フーリンもいいけどリーシ―のキャラが好き。

  • 07/16/2017 読了。

    図書館から。

    『探偵が早すぎる』よりはこっちのが好みかも。

  • よくあるラノベ風頭脳派美男子の探偵物かと思いきや、いきなりカプレカ数が出てきて理系へのつかみはパーフェクト。しかも探偵が事件を解くんじゃなくて、いろんな刺客が推理した仮説を次々と反証するという一風変わった構成。他のすべての可能性を否定することで、首なし聖人の奇蹟「カルト教団集団自殺で、首を斬られた少年が、胴体だけで少女を運んで救った」を証明する。敵のとんでも仮説には必殺技よろしく名前がついていて、主人公が決め台詞『その可能性はすでに考えた』とともに論破する。もちろん黒幕は、神以外の奇蹟を認めないバチカン枢機卿しかない。しかもセコいことには、探偵が示した否定の矛盾の指摘、つまり否定の否定を仕掛けてくる。こりゃ麻耶雄嵩先生のデビュー作「翼ある闇」に匹敵するトンガリ作品だ。ほとんどの人は付いてけないと思うけど、一応ハッピーエンドだし、論理ゲームに徹してるから楽しい。

  • ◆◇◆そのトリックは実現不可能◆◇◆

    十数年前、人里離れた場所にあるカルト教団で起こった集団自殺事件。ただ1人生き残った少女がその謎を解くために探偵の元を訪れます。意識を失いかけたその時、確かに奇跡が起こったと…。探偵はすべてのトリックが実現不可能であればそれは起こったという奇跡の証明に乗り出します。次々と現れる挑戦者達が事件の真相トリックをぶつけます。それに対し、次々と不可能証明をしていく探偵。決めゼリフはもちろん「その可能性はすでに考えた!」。終盤ではなぜ探偵が奇跡にこだわるかなどの過去もあきらかになります。一般的なミステリーとは違って事件を解明させないように取り組んで行く過程が面白い、破綻してしまいそうですが、最後まで綺麗にまとめたのはさすが。登場人物の設定が弱いのでもっと振り切った方が更に良かったかもしれません。続編もでていますので、そちらにも期待です。

  • なんというか、チャレンジング^^;
    読み手、読み時を多いに選びそう。
    自分は嫌いじゃないよ。

  •  バカミスといっては失礼なのかな。どういう分類にいれればいいのだろうか。周囲を崖に囲まれて孤絶した宗教団体の集落で信徒の集団殺人事件が起こり、唯一助かった少女が不可思議な事件の真相解明を探偵に依頼する。少女の証言のみを手掛かりに、探偵に敵対する勢力が次々にいろいろな可能性を挙げては、探偵がそれを否定していくというスタイル。可能性を考えるのは自由なのでかなりのバカミスっぽいトリックが繰り出されるが、可能性を全否定するのは容易ではなくそこが読みどころとなっている。そこで終わればバカミスそのものだが、最後に当の探偵がきちんと常識的な謎解きをして終わるので、本格ミステリとして成立しているといっていいだろう。フーリンだのリーシーだの中国人の脇役も馬鹿げていておかしいし楽しめる。

  • あらゆる可能性を否定して、残った真実(奇蹟)を証明する。というのはとても面白かった。

    ひとつひとつの、可能性の話も、そしてそれを否定していくのも読んでいるとすごいなぁと思うばかり。

    ただあんなにも個性的な探偵なのに、あんまり活躍しないことであんまりキャラに魅力を感じることが出来なかった。
    もっと探偵が序盤の変人ぶりを見せてくれると思ってしまった。

全75件中 1 - 25件を表示

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)に関連するまとめ

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)の作品紹介

「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」
この傑作を読まずして、今年のミステリは語れない!

かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)と相棒のフーリンのもとを訪れる。

彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇跡の正体とは……!?

探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する!!

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする