その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

  • 413人登録
  • 3.42評価
    • (21)
    • (49)
    • (73)
    • (12)
    • (6)
  • 77レビュー
著者 : 井上真偽
  • 講談社 (2015年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062990554

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有栖川 有栖
宮下 奈都
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリの核となる事件とそのトリックはまあそんなに特筆すべきこともないんですがタイトル通り、可能性を提示してそれを否定する、という点にのみ特化したお話。見せ方がおもしろいな、と。ところどころに漂うラノベっぽい感じは目を瞑るとして。
    ただ語り手である「フーリン」がやたらとキャラがぶれてるのが読んでいて居心地が悪かったですが。冒頭から必要以上に残忍な人柄が描かれてるかと思ったら結局ただのワトソン役・・・以下のただの驚き役にしかなってないし。時々思い出したかのようにとってつけたような残忍っぽさが逆に違和感。

  • かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、青髪の探偵・上笠丞と相棒のフーリンのもとを訪れる。彼女の中に眠る、不可思議な記憶。それは、ともに暮らした少年が首を斬り落とされながらも、少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった。首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇蹟の正体とは…!?探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、すべてのトリックが不成立であることを立証する!!


    ・レビュー

    粗い部分は多いが面白い。発想を存分に活かして作品に落とし込んでいるのがよく解る。

    麻耶雄嵩の「これはアンチミステリではない ただの奇跡だ」という帯はかなり正鵠を射ているというか、まさにこの作品を形容する一つの視点として真実味がある。

    ジャンルとしては確かに「探偵」に対してアンチミステリ的な試みが成されているのだけれど、ストーリーというかプロットには思いの外真っ当なハウダニットのロジックが組まれていて、全体を通すとアンチミステリというより反転ミステリといったような感じだ。

    かのシャーロック・ホームズは「不可能なものを排除していって、残ったものがどんなに信じられないものでも、それが真実」という名言を残しているけれど、今回の探偵である上笠丞はこのホームズのスタイルと対になるような探偵だ。
    それは一見人の手によるとする解釈が困難な事件の、あらゆる人的・現実的な可能性を否定し尽くすことで、その事件が「奇蹟」であることを証明するというものである。
    探偵というのは奇蹟のような事件を人の手による犯罪だと見破ることが多いわけだが、本作の上笠丞は奇蹟の存在を信じており、真の奇蹟を証明することを目指し、ライフワークにしている。

    上記の通り、探偵としての上笠丞の仕事はいわばトリックの網羅だ。それで解決できなければ、それは「奇蹟」であるわけで、したがってその証明方法は奇蹟という選択肢以外のあらゆる可能性の矛盾をついてロジックで消去していくことになる。

    以上の設定からしてストーリーは少々珍しい物になっている。
    まず依頼人により「問題」に当たる過去の一見奇跡的な事件が語られる。それに対して上笠丞はそれが奇蹟であるという結論を出す。
    そして本作の主要な内容は多重推理、多重解決のミステリとなっている点だろう。
    上笠丞の「奇蹟という結論」に対して様々なキャラクターが目の前に立ちふさがり、仮説を呈するのだ。つまり、人的なトリックであると証明するのが敵であり、それを解決できない奇蹟だと証明するのが主役である上笠と相棒のヤオ・フーリンになる。立場が反転しているのが面白い。

    一つの問題が最初に提示され、それに対して複数の敵がそれぞれトリックの可能性を出していく。ここで重要なのが、上笠丞は現実的根拠と証言を以ってしてその仮説やトリックを論破していく必要があるが、敵に当たる側から提示されるトリックはあくまでも可能性さえあればなんでもありという点だ。
    奇蹟の証明の為にはそれ以外のすべての可能性を排除せねばならないので、逆に言えば奇蹟でないことを証明するならばたとえ僅かでも可能性を指摘すればいいことになる。
    これがルールとして前提にあるので、本作は非常にバカミス的なトリックがいくつも出てくることになる。可能性さえあればなんでもありなのだから。
    しかしこれを根拠に現実的じゃなくてつまらないとか駄作というのは少々違うだろう。まず前述のルールの内なのだから実際の解決とは趣旨が違う。

    面白いのはそれに対する上笠丞の矛盾の指摘にある。この作品におけるミステリ的面白みは、解決ではなく「解決の否定」の方だ。
    こちらは語られる事件の内容の僅かな記述や表現を根拠に鮮やかに仮設を否定する。
    それに至る根拠や論理の方が、本作の推理要素だろう。

    さて、話はズレるが本作を読んで最初に僕が思ったのは、城平京の『虚構推理』に非常にロジックの運び方や手法が似ているなということだった。こういった多重解決のミステリは城平京の得意とするところで、漫画の『スパイラル~推理の絆~』やそのノベルズの2巻、デビュー小説の『名探偵に薔薇を』は、そういった要素があるか、あるいはまさに多重解決モノそのものだったりする。
    城平京というあまりにコミック原作者としての名前が売れてしまっている推理作家が、小説の舞台に戻りつつある今、本作が好きなら城平京の小説も好きなのでは、とちょっと思ったりする。

    最後に、本作にはラストの展開に際して、否定による逆転した多重推理・多重解決をうまく活かしたエピソードが待っている。プロットの構成美が非常に際立っているラストなので、見所といっていいだろう。

  • 「ミステリーアリーナ」の時にも感じたのだが、本格ミステリにおけるひとつのテーマに対し、とことん突き詰め、そして突き抜けた解答を読者に提供してくれる。そんな作品には敬意を評したい。
    逆説の完成形といってはいいんではないでしょうか?奇蹟が起きたことを証明する為に、トリックが不可能であることを証明する。ロジックに重点を置くミステリファンは必読。
    論証と反証。なんて幸せな時間…
    続編を読むのが楽しみで仕方がない。

  • 仮説に対して反論する、という設定は面白かった。ただ、一作目なのに設定を詰め込みすぎてて、仮説と反論を追いたいのに設定を理解しなきゃいけないのがかったるく感じた。

  • 借金1億超えの探偵の元に、15年前に起きた新興宗教の集団自決事件で唯一生き残った少女からこの事件で起きた不可能犯罪が本当に不可能な「奇跡」だったのか検証してほしいと依頼される。
    次々と現れる刺客が展開する可能性に探偵は「その可能性はすでに考えた」と言って反証していく。
    探偵ウエオロ、高利貸しフーリン、元検察・大門、フーリンの旧友兼仇敵リーシー、天才小学生元弟子・八ツ星などのキャラがみんな濃い。
    最初のページに見取り図もちゃんとある推理小説。

  • トリックを否定する、少し変わったミステリ。
    内容もキャラクターも、クセが強い。
    論理の応酬は興味深い反面、飽きも来るかも。
    特異な設定はおおいに評価したい。

  • 奇蹟を証明したい探偵の元に不可解な事件が持ち込まれる。探偵はついに奇蹟を確信するが、次々と証明する勝負を挑まれ打ち破っていく。
    探偵がロジックを否定する側というのが面白い。色々と難癖をつけられるが「その可能性はすでに考えた」と決めゼリフを言い否定する。映像化しても面白そうではある。

  • うむむ。期待値が高すぎたか。いわゆる多重解決の応酬モノなんでしょうが、『否定』を前提としてる推理のため、なんだか明らかに逆算して考えてるよね感がチラチラ見えちゃうといいますか……。
    あと、キャラや舞台設定に外連味を持ち込む事は悪くないんですが、その諸々の設定情報が序盤、なかなか出てこないため、前半、この登場人物たちは一体何の信念に基づいて何をやっておられるのか……、という印象を受けてしまう。
    (読んでる側はミステリの謎の考察に全力投球したいのに、妙に思わせぶりなキャラ設定を小出しにするせいで、そっちも気になっちゃって、読書してて作品の印象がどっちつかずの中途半端になっちゃう。とくに、いつバラしても問題無いキャラ背景ならとっとと明かして、読者と作者でそこは世界観を理解する情報として平等な状態にしてしまい、あとは頑張って用意したミステリネタの考察に読者に集中して貰った方が良いのではと思うのですー)
    あ、あとワトソンが自分を語りすぎて探偵役の行動描写が少ないせいで、探偵役の魅力が伝わらないのも残念だったかな。(結局、どんな性格の奴なのか最後までよく判らんかった…)

    奇跡が存在することを証明する、そのためにトリックの不成立を証明する、というアイディアはとても面白いので次作があるなら楽しみにしておきます。

  • いかにもラノベ然とした登場人物のネーミングや文章表現に、読み始めの頃は多少抵抗を感じたが、ストーリーに入り込めて以降は意外とスイスイいけた。
    主人公が奇蹟の証明にこだわる根拠やその理論的背景などにまつわる説明が拙い、という根元的な弱点はあるものの、デビュー2作目にして(だからこそなのか)このような舞台設定に挑戦したという意気込みは素直に評価したいと思う。
    帯の惹句でどなたかが言及されているように、まさにこれこそが作家性というものではないか。

  • 奇跡を証明するために、あらゆる仮説と可能性を反証するという逆転の発想。
    反証に次ぐ反証、最後はアウフヘーベンまでも!
    荒唐無稽でかつペダントリー。
    論理的なのか論理的でないのか、もはや予測不能です。
    残虐趣味が好きにはなれませんが、間違いなく奇書であることは確かです。
    近年なかった、エキサイティングなミステリでした。

全77件中 1 - 10件を表示

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)に関連するまとめ

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)の作品紹介

「謎はすべて解けました。これは――奇蹟です。」
この傑作を読まずして、今年のミステリは語れない!

かつて、カルト宗教団体が首を斬り落とす集団自殺を行った。
その十数年後、唯一の生き残りの少女は事件の謎を解くために、
青髪の探偵・上苙丞(うえおろじょう)と相棒のフーリンのもとを訪れる。

彼女の中に眠る、不可思議な記憶。
それは、ともに暮らした少年が首を切り落とされながらも、
少女の命を守るため、彼女を抱きかかえ運んだ、というものだった――。
首なし聖人の伝説を彷彿とさせる、その奇跡の正体とは……!?

探偵は、奇蹟がこの世に存在することを証明するため、
すべてのトリックが不成立であることを立証する!!

その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする