7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)

  • 208人登録
  • 4.17評価
    • (6)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 講談社 (2017年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062991056

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有栖川有栖
三浦 しをん
恩田 陸
ピエール ルメー...
有栖川 有栖
宮部みゆき
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 七人の顔ぶれ、そして特別デザインしおりランダム挟み込みと新本格30周年記念出版として打ち出した企画のこのノベルズ。豪華ですね。
    どれも、その作家さんらしい作品で大変満足しました。

  • 新本格30周年記念アンソロジー。
    タイガからもアンソロジーが予定されめいるが、ノベルズ版初期から第一線で活躍している大御所揃いで、どれかひとつを選ぶのも難しい。タイガの方も楽しみだなぁ。

  • 新本格30周年記念のアンソロジー。このあたりの世代の作家さんにどっぷりはまった身としては、これもう珠玉の一冊です。全部書下ろしで、どれもこれもが読みごたえのあって楽しいこと!
    お気に入りはやっぱり綾辻行人「仮題・ぬえの密室」。これは厳密にはミステリというのもちょっと違うかもしれません。でもミステリについての物語なのは確かだし、ミステリに対する愛情はもうこれでもかってくらいに詰まっていると思いました。ほぼノンフィクションのような実名小説。これがまったくの真実であってもいいかもしれないと思えます。登場する人たちがみんな楽しそうで幸せそうで、読んでいるこっちもものすごく幸せな気分になりました。嗚呼、ミステリって素晴らしい。

  • 「船長が死んだ夜」が有栖川先生の作品。言葉を聞くことは大切なこと。とだけ。野上巡査部長がいい人でした。
    「仮題・ぬえの密室」綾辻先生の作品。これは学生時代の想い出?ラスト7ページは有栖川先生のファンは嬉しいのかな?せつないのかな?
    しおりガチャはやめてぇ~。正直に申しあげますと、有栖川先生のしおりが欲しかったです。

  •  新本格好きを殺す気か。

     萌え殺す気か……。
     もはや表紙からして殺す気満々だもん……。このメンバが一冊に集まってるんだよ?? 嬉しすぎて吐き気がするレベルだわ。
     掲載順は、デビューの遅い順なので、最初が麻耶くん。もう美袋くんが出てきた時点で狂喜乱舞だよね。でも逆に「名探偵縛り」ってことは綾辻どうすんのよ、とも思ったよね(笑 ほかのメンバはどうとでもなる、どうとでもしてくれそうだけど、綾辻、短編で名探偵ものって無理じゃね? って思ってたら、本人もそう書いてた。
     麻耶くんはまあ、メルが出てきていつも通りのオチだったし、法月さんと有栖川もそれぞれ、綸太郎と火村の短編。相変わらず「推理小説」としてはしっかりしてるけど、印象に残らないよな、法月さんの話は。アリスのほうは安定して読めて面白かった。免停くらってる火村に笑ったけど。
     山口さんは落語だけど、オチが奇偶っぽい。我孫子さんがちょっと変化球かなって思ったけど、よく考えたらこの中では我孫子さんの話を一番読めてないからなぁ。でも面白かった。歌野? いつも通りだよ。
     正直綾辻の話は賛否別れそうな気がする。――ような気がする。
     けどまあ、たぶんこの本を手にてるような人は新本格好きの綾辻好きだろうから許せるというか、喜べると思うんだな。話のなかで嘘つきよばわりされてる麻耶くんがかわいそう。
     個人のレビューだから好き勝手、敬称略で書いてるけど、作家の名前って「商品名」なイメージがあるんだよなぁ。だからよく手に取るものはちょっと乱暴なものいいになってしまう。綾辻や有栖川、歌野ってなってるのはよく読むからなんだろう。ただ麻耶くんだけは「麻耶くん」って書いちゃうの、綾辻のエッセイの影響だと思います。
     そんで最後のオチな。いや、名前が出てこないな、そりゃ大学時代だし、同年代とはいえ学校が違ったからしょうがないかと思ってたら、まさかのオチ要員。卑怯すぎる。まあ飽くまでも「小説」ではあるんだけど、「お前かよ!」ってツッコミをいれました。
     そういえば、挟まってたしおりは有栖川でした。たぶんそれぞれデビュー作から引用して、七種類あるんだろうな。ほかのも見てみたい。

  • 新本格30周年記念ということで、通常では考えられない豪華執筆陣と、作家同士のいい関係性を表すようなお遊び要素もありのお祭り本で楽しめた。ただ惜しむらくは、面白かったけれども初期の新本格的な犯人当て小説が思いの外少なかったこと。

  • 新本格30周年記念の超絶豪華なアンソロジー。麻耶さんは良くも悪くも相変わらず。久々のメルカトルに興奮も、やっぱり美袋が可哀想。有栖川さんは流石の安定感。綾辻さんの身内ネタ(?)は、どこまで真実なのかわからないこその面白さがある。皆さんまだまだ健在で、新本格のこれからに目が離せません。

  • それぞれ個性ある作品の集まったアンソロジー。
    とても楽しかった。そして、綾辻さんが最後、というのもすごく楽しめた。最後にぴったり。
    読んだことのない作家さんもいたので、ちゃんと読みたくなった。

    どの作品も、ほんとに楽しめた。その中で個人的にはやっぱり麻耶さんの作品が好きだなぁ。最後の締め方がほんと好きだなぁ。
    兎にも角にも、贅沢な短編集だった。

  • 新本格第一世代の豪華作家陣の書き下ろしで、入門編と言えるほどに「らしい」短編が揃っている。麻耶雄嵩の『水曜日と金曜日が嫌い』はメルカトル新作で相変わらずの銘推理、長編向きの舞台と事件を短編に強制的に落とすメルカトルの手法に美袋も読者も振り回される。美袋の設定しているメルからの電話の着信音に思わず吹き出してしまった。そして最後の一行が九州旅行の時よりも衝(笑)撃的。山口雅也の『毒饅頭怖い』は読ませる文に落語のアレンジ、饅頭怖いのアレンジからの意外な方向へのシフトはにくいテクニック。我孫子武丸『プロジェクト:シャーロック』は今回のベスト級で「名探偵」のテーマに最も相応しい。あの短さであの切れ味、名探偵のシリーズを使わないからこそできた現代のミステリの一つの例示になった、同時に過去のミステリへのリスペクトも感じる。有栖川有栖の『船長が死んだ夜』は安定した本格の手本、作家アリスシリーズの新短編として衰えぬロジックと読みやすい文が楽しい。法月綸太郎『あべこべの遺書』は軽快な机上の推理、作り物めいた作品でいまひとつパッとしない感があったが、段々と真相に近づいているような感触が読者にまで伝わるのが素晴らしい。歌野晶午『天才少年の見た夢は』はいつもの彼らしい展開、やはりこの人の作品は一筋縄にはいかない。とあるネタ被りが最大の不幸だが、それを差し引いても傑作と言える。そして綾辻行人『仮題・ぬえの密室』。ここでしか成立しないミステリファンへのギフトであり、ミステリファンだから楽しめる作品。正直本当に短編の本格が苦手なんだろうなぁと思ってしまう(笑) 結局のところ、一番すごいのは奥さんの小野不由美なのではないか。究極の身内ネタだが、今回のアンソロジーの記念碑感を大いに高めているのでよしとすべきかもしれない。ラストには競い合い高め合ってきた戦友への複雑な思いが見える。

全10件中 1 - 10件を表示

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)を本棚に「積読」で登録しているひと

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)のKindle版

ツイートする