シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)

  • 769人登録
  • 3.86評価
    • (43)
    • (77)
    • (55)
    • (2)
    • (3)
  • 30レビュー
著者 : 弐瓶勉
  • 講談社 (2010年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063106336

シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二巻まで一気読み。

    親しい人がすぐに死んだり、その姿で敵として現れたり、人間同士もつまらないプライドを出して潰しあったり、重い。
    重いわ。

  • 漫画喫茶で読みました。
    将来的に電子書籍で購入すると思います。

    アニメでも思ったけど、秘匿回線での通信が行われていることなんて調べればわかりそうなものなのに。
    むしろ受信側で秘匿回線であることがわからない通信システムって・・・。

    星白退場かよ。
    メインヒロインかと思ったのに早すぎくね?
    エアリスなの?

    やっぱり長道失敗後の住民の手の平の返しっぷりが酷い。

  •  TV版の描写が時間をかけた丁寧なものだと良く判る。つまり、重要シーンに尺をとり、説明シーン、感情描写シーンを上手く挟み込んでいるのが特徴。例えば長道と星白の漂流譚でも、食糧・水不足は徐々に判る展開にしたり、光合成シーンや静かな宇宙を眺望するシーンに時間を割く等、個々の描写に力を入れている。TV版は本作をブラッシュアップし面白さを増すが、その土台を提供しているのが本作だろう。例えば、ヒロイン星白閑、驚愕の戦死はなかなか思いつかないし、まして複数の奇居士に変貌して争闘し一部は捕虜化するとは簡単に思いつくまい。

  • 漂流シーンは至高だった。

  • そんな馬鹿な......星白がこんな無残に.....

    岐神に怒り心頭、許さんぞ。淡白な絵だけど時折グロいカットが入ってくるなぁ。星白ちゃんの復活を信じる。

  • 表紙の星白さんがまさかまさかの…。
    海苔男ひどい、ひどすぎます。

    しかし、絵が単調なので緊迫感がイマイチ伝わってこないのは残念なところ。

  • 「シドニアの騎士 第九惑星戦役」
    TBS 毎週金曜26:10~
    キャスト:逢坂良太、洲崎綾、豊崎愛生、櫻井孝宏
    http://www.knightsofsidonia.com/

  • シドニアのエースたち4人が寄居子に挑むが、重力杯12連覇中の赤井も含め瞬殺される。
    絶望的な戦いの中で、長道が命令違反を犯し、単体で寄居子に挑む。
    そして宇宙空間に放り出された星白を追って、シドニアに帰還できる限界距離を超えてしまうが……。
    失われた地球とシドニアの歴史が少しずつ明らかになる。

  • ラブ臭漂う前半と変わって、後半が可哀そうな展開に・・・。のりお酷い(ノД`)・゜・。

  • 買うた

全30件中 1 - 10件を表示

弐瓶勉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シドニアの騎士 2 (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする