蟲師(10) (アフタヌーンKC)

  • 2012人登録
  • 4.23評価
    • (350)
    • (158)
    • (181)
    • (4)
    • (1)
  • 135レビュー
著者 : 漆原友紀
  • 講談社 (2008年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063145373

蟲師(10) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 完結

  • 最終巻。香る闇はじわじわ怖かった。ヒトのヌシの話も。まだまだ続きそうな雰囲気で終わってしまって、さみしい。

  • 1~10巻まで読み終えたので、こちらに感想をまとめます。
    大変面白かったです。ハッピーエンドなんだかバッドエンドなんだかわからない、なにか割り切れないストーリーも独特で面白いのですが、蟲師の魅力はなによりもこの世界観そのものだと思います。原初的で、常識ではとても考えられないような奇妙な生態を持つ『蟲』たちの存在を中心として語られているのに、不思議と納得できるというか、一度として見たことなんかないのにどういうわけか懐かしいような、何故かはわからないけれど、「こういうことを知っている」といった感覚を、少なくとも日本人ならば多くの人が感じるのではないでしょうか。山や河、海、土、雲、闇…そういうものの中には何かがあって、それは我々人間がどうにかできるようなものではない。人間には立ち入ってはならない領域というものがあり、その禁を犯した者はどうなるかわからない。科学や理性の力などではとても説明しきれないなにかというものは、やはり確かにある…というような、直感、なにか大いなるものへの畏れ…。そういうものが、『蟲』の形となってこの物語たちを動かしていて、だからこそ独特な魅力を放っているのだと思います。
    どの話も好きだなあ。『綿胞子』、『山抱く衣』、『野末の宴』、『隠り江』、『常の樹』が特に好き。『水碧む』や『鈴の雫』も好き。いや、どれも甲乙付けがたい! この世界観に触れられて、本当に良かったと思います。満足しました。

  • 最終巻。

    遠い昔の話のような、今も近くで起こっている話のような、そんな不思議さを最後まで貫き通した蟲師最終巻。
    ギンコはやっぱり不思議な人物のままでした。
    続きもっと読みたいけれど、これで終わりなのが残念。

  • 長い時間、村を見守ってきた木が、村の危機を救ってくれた話が良かったです。
    壮大だし、今まで結構蟲と人は別物だ、と突き放した話が多かった木がするので、ヒトに優しい蟲が出てきてくれてよかったです。

    もっと続きが読みたかったですが、これが最後のようなので、アニメの方にいってみたいと思います!

  • 20150103読了。

  • 間違いなく面白かった!ラストどうなるかと思ったけど変わらないのが良かった!

  • 「香る闇」の恐ろしさったら。同じ時間をぐるぐる回る・・・カオルの選択は正しかったのか。。
    最初は好みではなかった絵柄だが、水彩で色づけされたカラーページを見たり、話に入り込むにつれ、味のあるほっこりとする絵だなぁと。
    蟲の見える世界。ギンコが見る蟲と暮らす世界を一度見てみたいと思う。蟲と人は完全に分かり合うことはないけれど、でも共存している。夢のような、現実のような不思議な世界に浸れる。

  • 香る闇が好きです。

  • 今までは漫画でも本でもせっかちに読む癖があったのですが、この漫画を読むようになってからゆっくり読むことの楽しみを知った気がします。

    登場人物がギンコと別れるときってこういう感じなんだろうなぁ と感じた最終回でした。
    またゆっくりと読みたいです。

全135件中 1 - 10件を表示

漆原友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

蟲師(10) (アフタヌーンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蟲師(10) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蟲師(10) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

蟲師(10) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする