ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)

  • 383人登録
  • 3.35評価
    • (15)
    • (31)
    • (54)
    • (16)
    • (2)
  • 38レビュー
著者 : 木尾士目
  • 講談社 (2009年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063145670

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻救いがない。
    出口がない。
    当人からすればいつ終わるか分からない地獄。
    おそろしい。

  • 育児ノイローゼを描きたかったのかわからないけど、どことなく出口が見えないし、そもそも行き先もわからない。

  • 再読。子育てって恐ろしい。

  • ものすごい。コレが現実なのか。。。。と。。。。

  • 子育てノイローゼマンガ。今こそまさに読むべきと思い、再読。完璧主義でぜんぶ一人で抱えこんで解決しようとする主人公を見て思わず、「やめて!」と叫びたくなります。そして赤ん坊がちっともかわいくないところが…。リアルに子育て中の日々なので、色々と迫るものがあります…。

  • 若い2人姉妹の育児奮闘記。赤ちゃんを世話する細かな描写と、そこから派生してくる負の感情の描き方がリアル。超大好きー、みたいな作品ではないんだけれど妙にずしんと読後感があるな、という感じ。

  • 2巻まで一気に読んだけど、分けて登録するほどの内容でもなかったからこっちでまとめて。まず絵が苦手。こういう絵だと、伝わるものも伝わってこない、自分の場合。内容もありきたりだし、結局、作品を通じて伝わってくるものがほとんどなかった。

  • 出産する気が失せる漫画。お腹が痛くなる。

  • 2完結

  • 育児ノイローゼが主題。自分が赤ん坊の頃、親は大変だったんだろうなぁと考えると、いろいろと思う所がある。将来このマンガに共感しない日が来ることを祈っていますが。

全38件中 1 - 10件を表示

木尾士目の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)に関連する談話室の質問

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぢごぷり(1) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする