ちはやふる(5) (BE LOVE KC)

  • 3284人登録
  • 4.34評価
    • (495)
    • (288)
    • (155)
    • (6)
    • (2)
  • 157レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2009年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063192667

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

  •  現在出版されている5巻までを一気に読んだ。

     扱っている競技が百人一首であるということをのぞけば、案外オーソドックスなスポーツものである。まあ、ここに「スポーツもの」と書くあたりが特色といえば特色である。僕自身は、「競技百人一首」がそういうものであることをたまたま知っているので、それほど意外でも新鮮でもなく、純粋に競技として「スポーツドラマ」として楽しめた。

     あんまり取り柄のない主人公が、何らかのことに挑戦すると天才的な能力を発揮して、という話は良くある。この作品の主人公に関して言えば、実はすごい美人なわけで(姉の陰に隠れてはいるけど)、前向きで真のしっかりした性格と合わせ、むしろ超人系である。これも、最初に感じたイメージとはずいぶん違っていた。小学生時代の話は、かなり「何も出来ない私でも」という気分があったような気がするんだけど、高校になるとすっかり雰囲気が異なってしまっている。
     
     だからむしろ、超人でも天才でもない、主人公の周りにいる人たちのほうがドラマとして気になる。それこそ、なんの取り柄もないと思っていた高校生達が、主人公に引きずられるようにして努力を重ね、様々に悩んだり(嫉妬したり自己嫌悪に陥ったり)しながら、初勝利をあげたりするあたりは、さらりと書いてあるけど、読んでいて感動した。

     それにしても、カルタ部面々の成長はすごいね。こんなにあっという間に全国大会に行けていいのかなと思う。競技カルタというもののおもしろさは十分に味あわせてくれるんだけど、そんなにどんどん上っていけるとしたら、やっぱりみんな超人系なのかもしれない、なんて思ってしまう。

    2009/6/28

  • 【あらすじ】
    初めての全国大会団体戦で、まさかの途中棄権に涙を飲んだ千早(ちはや)。悔しさを抱えつつも、仲間たちの声援に支えられ個人戦へと挑む。いよいよ始まる、トップレベルの選手たちの戦い。まだ見ぬ強さに胸を高鳴らせる千早のまえに、彼女は現れた。史上最年少クイーン――若宮詩暢(わかみやしのぶ)。未知なる強さ。空前の速さ。ライバルなき世界を知るのは、彼女ただ一人――。

    【感想】

  •  千早と、かるたクイーン・詩暢との初対決は、自身の力の片鱗を見せたものの、結果は完敗。
     笑顔での詩暢との別れの直後、こみ上げてくる悔し涙にくれる一人反省会は千早の決意を生む。
     それと共に、それを垣間見た太一には気付きをもたらす。準優勝で満足してしまう自分は未だ泣いてはいけないのだと。

     そして、糸が依りあうように互いに切磋琢磨する姿は、本巻では、太一だけではなく、他の部員、机くんや奏ちゃんにも見られるのだ。
     この夫々の感情を細かに描いていく様は、部活作品を良質にする所以であるが、その基本がきっちり守られた王道作品である。

  • ワンサイドゲームなのに、千早とクイーンの戦いは読み応えがありました。動きをあれだけ表現できるのも、少女漫画では貴重な存在かと。

  • 面白いです。
    そして、百人一首に興味が涌いてきました。

  • 初めての全国大会団体戦で、まさかの途中棄権に涙を飲んだ千早。悔しさを抱えつつも、仲間たちの声援に支えられ個人戦へと挑む。いよいよ始まる、トップレベルの選手たちの戦い。まだ見ぬ強さに胸を高鳴らせる千早のまえに、彼女は現れた。史上最年少クイーン――若宮詩暢。ライバルなき世界を知るのは、彼女ただ一人。(Amazonより)

  • 最年少クイーン・若宮との初対決。

    ここまで千早が打ちのめされるとは思っていなかった。

    きっと大きく成長してくれるハズ!

  • クイーン登場で新たな展開。表紙の表情といい、クイーン、いいじゃないですか。

  • クイーン、本編はかわいいのに表紙はちょっと失敗していると思う・・・。

  • 新との胸キュンシーンはさておいて
    ちはやと同い年のクイーンとの対峙
    化物級の強さを誇る相手になす術もなく倒されるちはや、
    そして、物語は次なる戦いに向けて少し実動き出していく...
    胸の高まりが止まらない!!

  • 全国大会トーナメント。
    クイーンとの対決から太一準優勝&体育祭まで。

    強さと正確さを兼ね揃えたクイーンはやっぱりすごい。
    自分よりも出来る奴からはどんどん盗んだほうがいいんだ、絶対。
    悔しい中にも光る、千早の向上心に拍手。

    太一の頭の中、どうなってんのー。
    新と同じスタートラインに立ちたいっていう思いが溢れでんばかり。
    諦めの良い太一よりずっといい!

    収穫の多い全国大会終焉。

  • 【映像化作品特集】
    資料ID:98150629
    請求記号:726.1||S||5
    配置場所:工枚特集コーナー

  • かるたクィーン登場

  • 孤独な最年少クイーンの前に完敗した千早。
    仲間もライバルもいないのはすごく寂しいんじゃないかな、と思った。

    かるたがやりたくなる(#^.^#)

  • この巻は、千早と、クイーン、若宮詩暢との出会いの巻です。
    2回戦で早速当たりますが、
    『真空を飛ぶ 針のような 音のしないかるた』
    で千早は全く太刀打ちできず。
    でも、12歳の自分、新たにがむしゃらに立ち向かっていた自分を思い出し、ふくからに、ちはやぶると、クイーンから2枚連取します。
    『ああ もっと 自由になりたい 競技線の中で』
    結局クイーンとは20枚差、5枚で試合終了。
    悔しくて涙を流す千早に太一も触発され、決勝戦まで勝ち上がるも負け、準優勝で終わります。

    全国大会はここで終了。2学期、かるたの秋が始まり、皆目標を持って進みます。千早は1月のクイーン戦に向けて東京代表となるべく、太一とにくまん君はA級に昇進すべく、かなちゃんと机君はD級で優勝して段位取得を目指すべく。

    そして、相変わらず太一は切ないなあ。。

  • いよいよ太一が本気モードに。

  • クイーンすごいですね、これからがますます楽しみです。チームが結びついていくところも素敵。

  • 【レンタル】ついにしのぶちゃんとの試合。アニメでもだったけど、しのぶちゃん戦に限らないけど、あの緊張感が堪らない。ジワジワ伝わってくる。千早の棄権はかなり悔しかっただろうし、新のメッセージには彼の決意が見えると同時に受け取った千早太一の気持ちが暖かい。居場所が違っても、やっぱり彼らはチームなんだなー。原点だし。

  • 素振りとかある
    やるわー
    うん
    本気だして負けるの悔しい
    本気じゃなくてもだけど

  • 瑞沢高校は団体戦で決勝トーナメントに残ったものの、二回戦敗退。
    個人戦。千早は二回戦で史上最年少クイーンの若宮詩暢と当たる。
    その力の差は歴然で、千早は20枚差をつけられて敗れる。
    一方、太一はB級準優勝。

  • 千早とクイーンの初めての対戦にドキドキ。
    クイーン速いな。

    しかしスノー丸が好きというお茶目なところもあって。
    試合中に千早が着てたダディベアTシャツに反応して、千早はクイーンが着てたスノー丸Tシャツに気付いて、お互い照れ合ってたのが可愛らしかった。笑

    千早、太一の悔し泣きに涙。

  • 1-5巻読了。
    これはおもしろい!

  • 熱で団体戦を途中棄権した千早。
    今度は個人戦です。
    現クイーンのしのぶちゃん登場です。雰囲気すごい。圧倒的強さ。しかし、強いだけではないしのぶちゃんのキャラがすごく良い。

    そして太一です。B級の決勝戦。部員みんなが手をつなぎ見守る中試合は行われます。
    結果は惜しくも準優勝でした。でも、「よく頑張った」「準優勝で十分だ」そうやって励ますのではなく「悔しいよな」「勝ちたかったよな」そう言って一緒に泣いてくれる仲間たちがいるって素敵。それに気づけた太一はまた一つ成長したように思えます。

  • 団体戦を体調不良で棄権した千早。
    翌日、個人戦に出るところから

    千早のためにすんなり団体戦優勝しちゃうかと思ったけどそこまではしなかったな。
    いきなりの全国出場もどうかと思ってたから、
    そこはよかったなと思う。

    2回戦でクイーンと対戦することになった千早
    圧倒的な力の前でも最後まで挑んでいく千早はすごいと思った。

    新も前に進めたみたいでなによりだ。
    いつ新と戦うことになるのかな

全157件中 1 - 25件を表示

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)に関連する談話室の質問

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(5) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする