ちはやふる(10) (BE LOVE KC)

  • 3010人登録
  • 4.35評価
    • (414)
    • (288)
    • (113)
    • (5)
    • (1)
  • 180レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2010年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063192940

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

  • 9巻の4コマの顛末:千早の姉は表紙になれませんでした
    北央とは、ある意味正規戦。

  •  千早2年生の都大会。

     本作は気持ちのいいマンガだなぁと感じさせる本巻。それは、太一をオトすために入部してきた菫と、姉妹に良いカッコを見せるために入部してきた秋博の成長である。
     先輩の真剣な姿勢を見て、それに感化される1年生の2人。
     負けたとはいえ、負ける恐怖を払って全力を尽くした秋博。
     真剣な先輩らのために、今何ができるかを真摯に追い求めるようになった菫。
     この2人の行動が、先輩らに感化されている今の姿を現している。気持ちのいい部活マンガである。

  • 新人さんが入ってきて、楽しくなりました。男子がみんな落書きみたいなところがいい。

  • いよいよ始まる全国大会都予選。それは、千早(ちはや)たち瑞沢(みずさわ)高校かるた部の原点――。今年も幕を開けた全国高等学校かるた選手権大会東京都予選。千早たち瑞沢高校かるた部は、待望の新入部員を迎え、思い新たに日本一を目指す。復活を目指す伝統校、初出場に燃えるダークホース……。並みいる強豪たちに挑む、千早たちの思いとは!?(裏表紙より)

  • 宮内先生も筑波君も菫ちゃんもみんないい。「実力がないという思いを繰り返すと、とりつかれる。努力をあざ笑う、『才能がない』という思いー」っていう原田先生のセリフは本当。頑張っているからこそつらい時もある。太一がんば!

  • 住人その二が借りてきた

  • 全国大会都予選始まる。

    太一の運のなさ…
    言われてみればわかる気がする。

    仲間を信じてひとり札と向き合う太一が熱い!

  • とうとう10巻ですね、安定して面白いです。

  • 宮内先生、いい顧問ですね。
    そして、太一くん。。。頑張って!!

  • 1年生を迎えての初東京代表予選!!嗚呼...あれから1年が経ったのか...時が過ぎるのは早い...

  • 全国大会都予選。
    新人の初陣戦から決勝まで。

    机くんがまたもやカッコいい。
    筑波くんのいい格好したいっていうのもよくわかるし、
    そういう気持ちがわかる机くんだからこその采配がまたいい!
    影の主人公は机くんなのでは!?

    太一の運の無さはなかなか切ないけれど、
    それ以上に太一を見守っている人が多いことの温かさが嬉しい。

    宮内先生、大好きだー。
    そして一同礼で返すかるた部も好きだー。

  • 【映像化作品特集】
    資料ID:98150634
    請求記号:726.1||S||10
    配置場所:工枚特集コーナー

  • 地区予選、再び。

  • 百人一首の競技の話。
    百人一首って小学生の時しかやったことなくて、競技っていうジャンルで存在することを初めて知った。
    マイナーな世界観なだけに初めて知ったり感じることがあって楽しい。

  • ヒョロくんが意外とかっこいいこと言った(笑)

    北央との一戦、楽しみ(#^.^#)

  • 都大会、迫力がすごいです。

  • 全国高校かるた選手権都予選始まる。真島太一の覚醒がまたれる。

  • 千早たちにとって2度目の全国高等学校かるた選手権大会東京予選が開始。
    秀龍館、西高をクリアし、決勝トーナメントで当たったのは、昨年名人位挑戦東日本代表まで残った、白波会の先輩、坪口が顧問として率いる朋鳴高校だった。太一は、周りが見えすぎて潰れそうになるが、『個人戦は団体戦 団体戦は個人戦だよ』という原田先生の言葉を思い出し、勝ちます。結果は4勝。
    そして決勝トーナメントでは、去年戦った北央学園と再戦。〝最終兵器〟卒業した須藤が読手として参戦して試合開始。どうなるこの試合⁉︎

    机君はどんどんかっこよくなっていきます。

  • 【レンタル】地区大会。すみれちゃんが熱血先輩たちに影響されてどんどん可愛くなってくる。まさかの坪口さん。女子8名しかいないのに3人もかるた部って凄くない? とか関係ないところで驚いた。タオルがいっぱい飛んでくる太一の人気(?)も、宮内先生からの素敵な贈り物も胸を打たれる。頑張れ瑞沢。そして意外にも格好よかったヒョロくんに拍手。

  • 調子に乗る後輩はどこにでもいる。それはかつての自分だからこそいらいらするんだよねえ。
    ヒョロくんかっこいいこと言ったなあ。これぞ青春。高校生の戦いです。
    手を抜くのは大人になってからでも十分できる。
    これしかない!と全てをかけることができる期間は驚くほど短いのだ。

  • 全国高校かるた選手権大会予選。
    1、2回戦は順当に勝ち上がる。1年生も試合に出場し、「速く取りたい」という思いを強くする。
    そして無名の朋鳴と対戦する。朋鳴は、坪口が顧問する高校だった。
    原田先生は「個人戦は団体戦、団体戦は個人戦」という謎のアドバイスを送る。
    仲間を信じて一人になって戦えというメッセージだった。
    そしてついに北央学園との決勝を迎える。

  • 高校選手権東京都予選の始まり。

    「ないんです 運が」言われる太一が。。。あぁ。。。

    みんなが太一にタオルを渡すシーンが好きだ。
    タオルを差し出す千早に泣きそうになるー。なんだか泣きたい!

    そして須藤さん読手として再び登場。笑

  • 2回目のかるた大会が始まります。
    人数的に言えば、2年生だけで事足りてしまう瑞沢高校。しかし、机君はあえて自分を外し1年生を出場させます。
    頼りになりすぎる2年生たちに最初は引け目を感じてしまう1年生ですが、それでも自分のかるたを自分の存在意義を見出そうと頑張ります。
    いいねぇ。まだ少ししか一緒にいないのに、もうこの子たちも瑞沢高校のかるた部の一員なんだねぇ。と思わずほっこり。

    次はいよいよ北央学園との試合です!

全180件中 1 - 25件を表示

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)に関連する談話室の質問

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちはやふる(10) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする