AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)

  • 1261人登録
  • 3.92評価
    • (242)
    • (87)
    • (277)
    • (4)
    • (2)
  • 60レビュー
著者 : 大友克洋
  • 講談社 (1993年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063193398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
魚喃 キリコ
有効な右矢印 無効な右矢印

AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)の感想・レビュー・書評

  • 絵うまいし、
    ストーリーが凝ってて…

    漫画ってすごい!

  • すごく面白かったけど、終わり方が今ひとつだったような気がする。
    話が生命の起源とか進化みたいな方向に行くのも、ちょっとありがちだった印象かも。
    終わり方は「Fire-Ball」みたいな広がりがあるほうがタイプ!

  • 感動した。
    マンガの域を越えた。
    躍動感、静寂、まるで映画を観ているようだ。

  • 大友前・大友後といわれるだけあって、今読み返しても古さを感じない。
    テクニック的な事は素人でも、いいと素直に賞賛できる。

  • 全巻通しての評価。

    金字塔。

  • 久々に読みかえした。
    3.11後の今、読むべき本だと思う。
    自分達では制御できない力を手に入れてしまった人々の欲望と恐怖そしてその先の希望・・・。
    大友克洋はやはり凄い。

  • AKIRA最終巻。

    はっきり言って、理解しきれていない。

    金田も鉄雄も、憎みあっていた訳ではなくて、
    仲間同士のけじめというか、そういう戦いを続けているように見えた。

    金田は鉄雄に「どうなっちまったんだよ」「逃げろ」と言った。
    鉄雄は金田に「たすけて」と言った。

    彼らをこんな運命にしたのは、進化を性急に早めようとした人間達。
    研究者達によって、アキラも、子供達も、そして鉄雄も、力に翻弄される人生になった。

    これまでの壮大なストーリーから、金田や鉄雄の仲間のやり取りに収束し、
    そしてまた壮大な宇宙へ拡散するこの巻は、読み進めば進むほど引き込まれた。


    これから先、彼らはどんな人生を送るんだろう。
    もともと日本政府には腑抜けばかり。かといって外国は外国。
    大東京帝国AKIRAは、果たしてどうなるのか。

    うん、面白かった。

  • スイス留学時代、向こうの高校の図書館にあって(!)そこではじめて読んだ。よぉわからんかったけど、圧倒はされた。とりあえず本棚に並べておきたい一心で登録(笑)

  •  以前読んだ時は、あんまり感動しなかったのだが、今回はとても感動して涙が出た。金田やケイやテツオや大佐、アキラにももう会えないのかと思うと寂しい。盛大に命の火花を散らしていて素晴らしかった。明るくてエネルギッシュで寂しく切ないラストシーンも最高だ。

     アキラがずっと自閉症みたいな感じで、でもだんだんほんの少しだけ感情が見えるところに、だんだんかわいらしくなってきた。

     鉄雄が巨大化して苦しんでいる時に金田に助けを求めるのが切なかった。大気圏突入は平気そうなのに、金田にレーザー砲で殴られる方がずっと痛そうだった。里親が悪かったんだな。申し訳ない気持ちになる。

     ミヤコも美しかった。最後の最後にサカキを気にしていたのが意外だった。

     一世一代の革命的な超大作だった。また10年後くらいに読み返そう。次は『風の谷のナウシカ』を読もう。

  • 20世紀少年を思い出したけど、アキラにあっちが影響されたんだろうな。古さを全然感じない。凄い作品だった。

  • 大佐が格好いい!金田の成長、ケイの想い、ミヤコやマサルたちの想い…哲学的になってきて、本当に細かいところまで理解したかと言われると「?」だけど、暴走する力に引きずられて肥大化する鉄雄の「金田、助けて」に胸が詰まった。あと、アキラが意識を取り戻してキヨコやマサルと手を取り合うシーンは、なんだか泣きそうになった。
    ラストの「AKIRAは、まだ俺たちの中に生きてる」はいいな。鉄雄や山形と一緒にバイク走らせて、ビルがどんどん建っていって。希望を感じさせる。

  • 知名度に反して複雑なストーリー。映画の方がコンパクトにまとまってて話はわかりやすい。しかしとにかく絵がかっこよすぎ!

  • <閲覧スタッフより>
    新型爆弾、第三次世界大戦によって世界は荒廃。壊滅した東京は旧市街となり、東京湾上にネオ東京が誕生した。ネオ東京の暴走族たちが見たものは・・・その精緻な描写や斬新な未来イメージなどマンガのレジェンドとも言われている作品です。

    --------------------------------------
    所在記号:726.1||AKI||6
    資料番号:20061937
    --------------------------------------

  • 何回読んでも面白い

  • うーん。全部読み終わったけど、童夢の方が好き。ごめん。

  • 中古相場:2000-2500円程度

  • 金田が運動神経や主人公特有の勇敢さ、運のよさなど以外が本当にただの人間でよかった。特になにもしてない。でも物語をすべて見てきて、次世代に自分達の世界を作っていく。
    鉄雄に逃げろって言ったシーンが好き。

  • Design/PENCIL STUDIO、OTOMO KATSUHIRO
    DESIGNER/AKIRA SAITO FROM PENCILSTUDIO
    キオスク製作協力/スドーアート工房

  • 「力」とは何か
    結局のところ、既存の国・軍ではなく、若手が新たなモノを作りだしたことの意味はなにか。

    さまざまなメッセージがこめられている気がするが、言語化するには少し時間がかかりそう。

  • 個人的には何だか良く分からなくなってしまったので、あまり好きなタイプではありませんでした。

  • 結局、アキラとはなんだったのか。 なんか御大層に大局がどうのと言っていた割には単に力ぶつけ合って消失させただけ。ていうかそんなまどろっこしいことせずに、物理的にアキラ殺すんじゃダメだったの?ていうか、なんかアキラと親しげで友達とか言ってたけど、その友達を消滅させることに関して躊躇ったりしないナンバーズの連中はなんなんだろう…結局何で鉄雄が必要だったのか良く分からんし、鉄雄の回想シーンはどういう意図で組み込んでるんだろう。鉄雄に同情的になっても次あたりでそんな事あったっけねと知らんふりで話し進んでるし。

  • 通常の単行本サイズでは表現しきれない世界。

    納得のサイズだし古くならない内容とデザイン。

    本物って素晴らしい。

  • 圧巻…
    希望が見えるラストがいい

全60件中 1 - 25件を表示

AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)に関連する談話室の質問

AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

AKIRA(6) (KCデラックス ヤングマガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする