ドラゴン桜(1) (モーニング KC)

  • 709人登録
  • 3.56評価
    • (61)
    • (87)
    • (181)
    • (9)
    • (4)
  • 89レビュー
著者 : 三田紀房
  • 講談社 (2003年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063289091

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • 創造は、真似ることから始まる!

    受験に知能はさほど重要ではない。
    必要なのは根気とテクニック!

    基礎的な学習が、
    全ての根元であり、王道だ!

    当たり前のことを、
    当たり前にできるようになれ!

    知識は、
    幸せをもたらす強力な武器!

    ナンバーワンにならなくていい、オンリーワンになれだぁ?
    ふざけるな。
    オンリーワンていうのは、その分野のエキスパート、
    ナンバーワンのことだろうが。

    大人になるってことは、
    客観的にものを見られるかどうかってことだ。

    理想的な成績の伸ばし方は、
    壁にちょこちょこあたってその都度、乗り越えていくこと。
    右肩上がり一辺倒でいくと、
    ちょっとしたつまずきで急降下する危険が多い。

    自分が精神的に自立していれば、
    本音とか建て前とか、
    細かいことは気にしないはずなんだ。

    信じるか信じないか。
    これが人生の分かれ道。

    ルールをはなから無視しているやつは、
    ただ何も考えてないだけだ。


    うまくいかなくても、そこで終わりじゃない。
    ダメなら新しいものに挑戦すればいい。
    さっさと次に乗り換えりゃいいんだ。

    思い通りに運ばないのが世の中だ。
    利益を損なう一番の障害はなんだと思う?
    それはな…「人間の感情」だよ。

    人間が自分の力をほぼ100%出せるのはどういう場合か。
    それは慣れていてリラックスしている時だ。
    演劇でも歌舞伎でも、徹底的に稽古して舞台を踏む。
    その経験と慣れがいい技を出せるのだ。

    目標がすでに実現しているかのように行動することで、
    目標を真に達成できるのだ。


    おバカが集まる龍山高校が、倒産の危機。債権整理するためにやってきた弁護士・桜木は、急に気を変えて、一年以内に東大合格者を出して、学校を超進学校化して有名にし、再建することにした。桜木自らが、特別進学クラスの担任となり、集まった水野と矢島の二人を教える。伝説の数学教師・柳、英語の川口、国語の芥山、理科の阿院と個性的で強力な教師陣集まった。それぞれの教師が教える勉強法は、ユニークで効果的なものばかり。

  • マンガZEROで読んだ。話題になっただけあってなかなか良い。

  • 自分の勉強法を見直す いい機会となった

  • 高校時代に周りで「これは「ドラゴン桜」に書いてあった」とか、耳にしていた気がする。その時は読んだことはなかったけれども何故か今になって読み始めてしまった。思ったこと。三田先生の書く人物は下手だなぁ・・・。あと後半になるにつれてより具体的な東大対策になっていくけれども現在の自分に関係がなさすぎてよむ元気が低下してきた。作者は画ではなくて取材でヒットを飛ばすタイプなので内容はよかった(使う機会がないが)。

  • ①めざせ理科1類...英国数理広く浅く確実に(6)
     センター最低600(75%クリア)2次60%弱
     例)321/550 センター80 2次240/440
    目標)英90/120国60/80数理90/240
    数学6問中1問必ず解く
    ②国語は全教科の基本
    ③古文漢文で得点稼げ(8)
    ④あさきゆめみし
     マンガ日本の古典(歴史)...中央公論社
     陰陽師...岡野玲子(白泉社)
    ⑤am数学、夜記憶(9)
     脳を活かす!必勝の時間攻略法
     吉田たかよし(講談社現代新書)

  • 絵は途方もなく下手だが、名作。世の中は公平ではなく、頭の良い人間に有利になるルールで満ちている。変えたければ自分がルールを作る側に回るしかない、というのはズシリときた。現実に政治家と官僚を見ていると自分たちにしかわからないように巧妙に表現した法が次々と成立して、庶民から金を取っている。年金然り、消費税然り。

  • 全巻持ってる。
    すごくよくできた内容だね。驚いた。
    三浦展が、格差をテーマにした社会学的な内容の本の中で、このマンガを引用していて、なるほどと思った。
    三浦展の書く本より、こちらのほうが奥が深いし、すぐれている。

  • 経営破綻した底辺高校に乗り込んだ弁護士が、再建のために東大進学を目標に立てて、受験テクニックのすべてを二人の高校生に注ぎ込んでいく。

    私が高校生の頃に、この漫画と出会えていれば、かなりモチベーションが違っていたのではないかな〜と思う。それくらい、社会のルールを説明し、物事の本質に迫ることを目的としている漫画だった。最初の頃は眠たそうな顔の生徒が、少しずつ表情と目の色が変わってくるところも面白いし、教師たちの考え方も変化していくのが良い。

    受験に役立つかというと、志望校にもよるだろうね、という印象。作中でも、東大と慶応早稲田の問題は違うと言われているし、漫画のような講師陣がいないと、これを実践するのは一人では難しいかもしれない。

    それよりも、普通に生活していたら気付くことのない「方法論」が、学校という限定した空間の中でも語られるところに価値があると思う。この漫画を読めば、考え方の一助になる。それが、青年誌に掲載されている本当の理由なのかなと。

  • ■お前等 騙されずに生きて行きたければ 馬鹿とブスこそ東大に行け!

    ■社会にはルールがある。だがな、そのルールってやつは、頭のいいやつが作っている。それはつまり、すべて頭のいいやつに都合のいい様に作られてるという事だ。



    勉強しないと損だらけ。

    大人になった今、社会の仕組みが分からなすぎて困惑。。

    政治も問題もどこか他人事。

    そんな事をズバズバ言ってくれて、勉強する気になる!!


    大人になった今だからこそ、頭よくなりたい。

  • 「なんで勉強しなきゃいけないかわからない。」「大学行くのは意味がない。」そんなことを思っている君、これを読みなさい。

    マンガだから朝読の時間はダメだけどね。

    これを読んでも「勉強する気がおきない」って人はもう知らないけど。

  • 実戦に役立ちそうなので頭に入れておきたい。
    ちょこちょこ頭に現実の風を入れるのも大切かもしれない。

  • 試験勉強中なのでカンフル剤として。時間帯別に最適な勉強が紹介されていたが、仕事してたら無理だよね。(屮゜Д゜)屮<もちべーしょん!!

  • 受験生の頃この作品があればな…と思う。受験のあらゆるテクニックがつまった作品。例えば社会科であれば、現代史から遡り学習をするなど、(確かに学校だと現代史まで授業が到達しないし)「なるほど!」がいっぱい詰まっている。

  • 全巻
    府県テクニックも含めいろいろためになる

  • 高校のときこれを読んで世界史の偏差値70行きました(ほんと)。

  • 立ち読みしたことある漫画だったけど、始まりはこんなだったのね。

    弁護士が学校再生のため(本当は名を上げるため)先生をかってでるのは面白い話の始まり方。

    『教えてやる!東大は簡単だ!!』

    ですか、、、自分の頃は東京大学物語だったな。。。

  • ・受験の基本書?

  • 資格試験勉強中の自分にはなかなかいい本。とりあえず歯を磨くように勉強しよう。

  • 自分が高校生の時にこの本に出会っていれば人生変わっていたかも。いや、40歳を過ぎた今からでも遅くないと信じて、勉強したいと思う。

  • 全巻そろっております。
    東大についてだけでなく、教育、リーダーシップ、モチベーションについても言及されているため一読の価値はあると思います。

  • 勉強はテクニックに過ぎない。
    いろいろ異論はあるにせよ、合格することが重要ではなく、
    その次のステップで、自分は何をするのかが重要ですね。
    そのためにも、頑張って合格すべし。

全89件中 1 - 25件を表示

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドラゴン桜(1) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする