Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 480人登録
  • 3.70評価
    • (55)
    • (47)
    • (109)
    • (4)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 加藤元浩
  • 講談社 (1998年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063336597

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理数系本格ミステリー
    「ミネルヴァの梟」
    •ミネルヴァとはローマ神話における知性と戦いの女神のこと
    弁証法で有名な哲学者ヘーゲル
    『ミネルヴァの梟は夕暮れに飛び立つ』

    「銀の瞳」
    ・ライデン瓶

  • 「マガジンGreat」という、隔月発売の雑誌で連載されているマンガです。
    MIT卒の天才少年・燈馬と、運動神経抜群な女のコ・可奈が活躍するミステリです。
    ミステリを扱った少年マンガといえば「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」が有名ですが、当作は数学やパソコンなどの理数系ネタが多く使われています。

    ◆ミネルヴァの梟
    可奈の友達・紀子の父親はゲーム会社の社長だが、秘書室で何者かに殺されてしまう。
    犯人は一体、誰なのか?

    初期の燈馬くんは、眼鏡を掛ける時がありました。
    近眼だったのかな。
    眼鏡っこverの方が大人っぽく見えますね。

    トリックは分かりませんでした。
    社長の死体(実は睡眠薬で眠らされていただけ)に最初に触れた人が怪しいなとは思っていましたが。

    可奈ちゃんが動き回って証拠集めをして、燈馬くんは部屋でパソコン操作。
    このパターンは後まで定着していて、二人の役割分担がハッキリしています。
    普通、女のコにあんな危険なことはさせないよね。
    大抵、男性キャラが肉体労働を担当していますから。
    可奈ちゃんの運動神経というか体力は化け物級ではありますが(笑)

    ◆銀の瞳
    市松人形作家の女性が亡くなり、寄贈された作品の博物館が建てられる。
    博物館の費用の殆どは、悪徳金融業者が出していた。
    市松人形を全て自分のものにしたいらしく、誰も男に立て付くことが出来ない。

    ある日、男は謎の死を遂げる。
    一見、病死か発作のようだが、本当に自然死なのだろうか?

    男の傍には、大きな市松人形が立っていました。
    三人の参考人から話を聞くと、どの証言にも食い違いがあります。

    男の死は計画殺人によるもので、人形に細工が施してありました。
    殺意に悪意はなくて、娘を想う気持ちによるものでした。

    「Q.E.D」シリーズは悲しいラストが多いです。
    燈馬くんが真相に気付いても、場合によっては刑事に告げることをしません。
    今回の話も、そのパターンでした。

    人形作家の娘・鈴子は、母親のしたことを知らないまま結婚します。
    燈馬くんは醒めた部分がありますが、優しいコだよね。

  • 静電気で壊れるペースメーカーなんて心臓につけるだろうか。
    1998年当時はあったのだろうか。

  • あまり数学ネタ本にはならないかな。推理モノ(コナンみたいな)

  • ミネルヴァの梟。駆け寄った時に殺害。鉛筆の粉で、どこのパネルが使われていたかを確認。明智光秀の辞世の句を書かせ、その左側を切り取って遺書に見せかけた。スペードのキングはダビデ王、クラブのKはアレキサンダー、ハートのKはチャールズ一世、ダイヤのKはジュリアス・シーザー。
    銀の瞳。静電気で殺そうとした、すでに死んだおばあさん。色々と食い違うのは、それぞれ犯人だと思った人をかばっていたから。

  • 毎回外れなしで面白い。
    作者さんが、一人で考えて作画もされてるとは思えないほどのクオリティ。

  • ~42巻
    読みやすい。
    ただ推理ものとしては、ドキドキ感がなく物足りない。

  • 可愛い絵柄なのに人が死ぬわ死ぬわ。

  • 大好きなマンガなのに語れる人がいなくて寂しいよ。
    高校のときのように勧めるしかないのか?
    布教されてくれたうえに全巻(Q.E.D.32冊+トリックノート+C.M.B.1冊)買って私に貸してくれた彼女に感謝。
    それまでは立ち読みしかしたこと無かったよ☆

    全巻揃えたい…

  • 2011/07/01購入・7/15読了

    考えるのが苦手な私でも、「Q.E.D.」が出る前と出た後に出てくるヒントを元に、推理のようなものを擬似体験できる漫画。

    「ミネルヴァの梟」橙馬くんが万能過ぎる「銀の瞳」泣いた

全37件中 1 - 10件を表示

Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)に関連する談話室の質問

Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)はこんなマンガです

Q.E.D.証明終了(1) (講談社コミックス月刊マガジン)のKindle版

ツイートする