雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)

  • 547人登録
  • 3.82評価
    • (67)
    • (75)
    • (88)
    • (10)
    • (1)
  • 53レビュー
著者 : 岩明均
  • 講談社 (2001年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063343878

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)の感想・レビュー・書評

  • 実際の歴史に基づいたストーリー。日本史好きだとそれなりに突っ込みどころはあるかもしれないが、個人的には結構面白かった。佐竹家にちょっと詳しくなった気がした。

  • やっぱり岩明均は構成に無駄がなくて、読んでて気持ちがいい。

    「雪の峠」のタイトルがとても象徴的だった。
    峠を乗り越えることに意義を見出す(それにすがるしかない)古参の家臣たちと、峠の存在をなかったことにしてしまう内膳。太平洋戦争や高度経済成長期を経験した世代とそれ以降の世代の比較にもつながるものがありそう。
    彼らの去就は、ラストの「のちの秋田市である」と合わせて、時代は変わる、と思わせる。
    (というか、「秋田市である」は突然すぎて笑ってしまった。現在の○○であるってのは歴史小説でよくある記述なのに、漫画にすると一発芸みたい)

    あと、謙信公は内膳とおなじように海を渡っていたのかなと思ったけど、兼実の回想で大群を引き連れているし、それはないっぽい。

    剣の舞もじりじりした緊迫感があってよかった。

  • やっぱり、この作者の歴史物は面白い。寄生獣は勿論絶品だけど、他の諸作品にこそ、底力が発揮されてると思う。強引にこじつけたように出てくる謙信は微妙だけど、そのせいでむしろインパクトはでかかったり。“剣の舞”はまあ、ありふれた復讐劇って感じだけど。

  • 「寄生獣」以外も描かれてるのね。戦国時代のお話ということもあり、男性に評価高そう。ちょうど、「信長のシェフ」も放映されていたり、戦国づいています。

  • 岩明均といえば寄生獣ですがこちらも。

  • 友人が貸してくれました。何度も読もう・買おうと思っては流れてきた一冊だったので、まさに我が意を得たり。淡々と進みます。その裏や奥にある人情。『寄生獣』から入ったので、どうしてもシンイチに見える部分はともかく(笑)、引きこまれる一冊でした。巻末の実在人物小解説が親切。「雪の峠」は佐竹家、「剣の舞」は剣豪の話です。

  • 歴史漫画。
    人物描写がすごく生き生きとしていて、その世界に引き込まれます。
    面白いです。

  • じわじわくる。
    何度も読み返したくなる。

  • 寄生獣の作者による戦国モノ。街の成り立ちにも歴史あり。
    安易なハッピーエンドでないところが特色。

  • 何の予備知識も無く読んでみたら、
    佐竹家が舞台!
    土崎、横手などの地名も出てきて、秋田県民にはニヤリとさせられます。
    しかし、数ある大名、武将の中から何故佐竹を選んだのか…


    秋田県民にはお馴染みの佐竹ですが、
    名前を知ってるだけでその詳細を知っているわけではありません。
    そんな詳細を色々と知れるのは有難い。
    別に窪田じゃなく横手もそんなに悪くないように感じたが…
    もし横手になっていたら、今頃県庁所在地も横手だったのだろうか、
    横手の町並みも今より栄えていたのだろうか…
    そんな事を考えるのもまた楽しいです。


    「剣の舞」は戦の無常さやはかなさを感じさせる作品。

  • 戦国時代のふたつの短編が収録されている。ひとつは佐竹家が秋田転封後に久保田城を本城にする際の駆け引きや川井事件についての作品。もうひとつは上泉信綱の弟子である疋田景兼を主人公にした作品。いずれも名作。

  • 「説明」ではなく「戦」をすること。
    ・戦略、戦術が必要。調整の要諦。

  • 関ヶ原のあと、秋田に転封となった佐竹氏の話と、上泉信綱の弟子の話。岩明均さんは客観的なテイストな漫画の書き手で、作者が作中の登場人物を顕微鏡で観察しているような絵と、さらに物語の中で冷静に周囲を観察しているキャラクターという二段構えの「客観性」で面白さを生み出す稀有な漫画家だと思う。

    面白かったのは雪の峠のほう。この、乱世の知恵者と平時も知恵者の戦いは、時代の節目の中でドラマを生み出している。

  • これは地味・・・ 関ヶ原戦以降に常陸から出羽半国に左遷された佐竹氏の話。 扉絵の上杉謙信はほとんど内容に関係ありません(笑)

  • 2編収められているのだけど、そのどちらもきれいにまとまってるなと思う。良し。

  • 『雪の峠』…関ヶ原後、出羽に転封された佐竹氏の話
    『剣の舞』…上泉伊勢守の門弟、疋田文五郎と文五郎に弟子入りしたハルナの話

    二話ともに、特に雪の峠は非常に面白かった。

  • 表題作。「へなへなした人がごっつい人を頭脳で倒す」っていうテンプレにのっとっているものの、戦の天才でちょっとキモチワルイ謙信と岩明均お得意の切断シーンを足すとこんなに面白いっていう。

    「剣の舞」。振られる刀のスピードと切れ味を楽しむべき一篇。でも後味が悪いので寝る直前には読まない方がいいかな。

  • 「雪の峠」
    新設する城の場所をめぐって、殿および若いブレーンと血気盛んな中年たちの駆け引き。
    どちらのがわの論理もよくわかる描写で、大変丁寧。

    「剣の舞」
    家族を殺された復讐を果たすため剣豪の高弟を師匠に求めた女の子の話。
    戦が始まり……

    寄生獣はそこまででもないが、ヘウレーカにしてもヒストリエにしても、妙に頭の冴える若者、という人物設定が好きらしい。
    人懐っこさというか。
    また悲惨ということにも興味があるのは間違いない。
    本当に独特の漫画世界を作り出していて、この作者の文体であり発明でもあると思う。

  • どちらの話も悲しい…;;

  • 岩明均の時代物短編2本。

  • 江戸時代初期の久保田藩(秋田藩)のお家騒動を題材とした「雪の峠」と、上泉信綱(上泉伊勢守『バガボンド』でもお馴染み)門下・疋田文五郎を扱った「剣の舞」の2作品を収めた歴史作品集。

    岩明作品には欠かせないちょっとグロテスクなシーンもありつつ、良く練られた話の展開(特に「雪の峠」)はさすが。渋江内膳の顔が、『舞姫 テレプシコーラ』の桜子ちゃんと瓜二つすぎる。

  • 前半は川井事件を元にした佐竹家の物語。雪の峠を鬼の形相で越えた上杉謙信、そのエピソードを絡め前時代的な錯誤に陥っている旧家臣たち。戦国から太平の世へと移り変わる中、深く読み進めるとこの辺りの暗喩がとても心に響きます。後半は疋田文五郎と仇打ちに走る或る少女の物語。実話に基づくのかどうかは分かりませんが、「それは悪し」という言葉と共に、悲劇を前にしても一貫して飄々と描かれる疋田文五郎の内面描写が、読み手の心の琴線を揺さぶってくれる良い人情話でした。

  • 時代劇。佐竹氏と秋田市の関係については勉強になった。

  • 「敵陣をかく拌してやるのだ!」「かく乱じゃなくて?」の下りを読みたくて購入。

  • とくに冬の峠が良かった。
    先人が考えに考え抜いた上でその場所に町を築いた理由がある。

全53件中 1 - 25件を表示

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)に関連する談話室の質問

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)に関連するまとめ

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする