黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)

  • 1768人登録
  • 3.91評価
    • (316)
    • (182)
    • (336)
    • (17)
    • (8)
  • 216レビュー
著者 : 高野文子
  • 講談社 (2002年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063344882

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「自分は実っ子だ...。」
    そう思う読書好きは多いと思う。
    偶然出逢った本にのめり込み、車中でも、お布団のなかでも、読んでないときでも、登場人物たちと共に生き、会話をし、そのなかのひとりに恋をし、物語の終わりには別れがくる。
    そういう本は限られていて、実っ子と『チボー家の人々』のような幸福な関係にはなかなかならない。
    本の世界が日常生活を侵食してくるような関係には。

    実っ子は学校の卒業を控えていて、冬が過ぎれば図書館の本を返し、就職しなければならない。
    そう、社会ってやつに組み込まれるのだ。
    たいして『チボー家のひとびと』は革命や恋、非業の死に彩られた世界。
    どんなに望んでも願ってもその‘世界’には行けない。

    うまいなあ、と思ったのは実っ子を夢見る少女ではなくリアリストとして描いたこと。ちゃんとそういうことは‘覚悟’しているのだ。

    でも‘現実’で気になった男の子へのほのかな思いを‘本の世界観で’書き消していたのには笑ったなあ。

    「ジャック!彼に騙されてはいけません!彼は同士ではありません!」

    そんな本に出逢えた娘に気づき、

    「好きな本を一生もってるのもいいもんだど」

    と注文してくれる父親に胸一杯になる。

    『マヨネーズ』と『二の二の六』のふたつの高野さん的恋愛漫画も好きです(^-^)/

  • 貸してくれた先輩に感想をなんて伝えようかとても迷う。

    読書の終わりはお別れなんだ。
    最後のページを何度も開き、この世界に入り込みたい、この人達のここからの時間を共有したい、と思った時の気持ちを鮮明に思い出す。

    「好きな本を一生持ってるのもいいもんだと俺は思うがな」
    というお父さんの言葉に頷きながらも、実ッコちゃんは買わないんじゃないかなと想像する。
    そしてなんとなくその気持ちも分かるような気がする。

  • 30年ほど前、高野文子の「絶対安全剃刀」を読んだときはびっくりした。構図といい、その平坦なストーリーといい、これって漫画という枠じゃないよな、と衝撃的だった。当時は「ニューウェーブ漫画」と呼ばれていたっけ。
    その後の作品には、あまり驚きはなく、追いかけていなかったが、先日、ある本棚で新作を見つけた。

    いいねえ、やっぱり…、いや傑作かも、表題作は。

    現実逃避としての読書体験をみごとに描きつつ、それだけに終わらない。「本を読むクワク!」とは違う感じ…というかそれだけじゃない。
    「日常」を描いた漫画(映画、小説)は多いが、日常を描くだけに終わってしまっているものが多い。日常の奥にある不穏な空気や悲しみや時代感などを感じさせないと、深みのない表面的な雰囲気だけの作品にしかならない。
    高野文子の漫画からは、日常の奥にある「何か」を感じさせる。

    ラストで「チボー家の人々」を読んだ主人公は、図書室に本を返却する。父親の「好きな本を一生持っているのはいいものだ」というアドバイスには従わず、本を買うことはないだろう。

    面白い!と勧められたけどあまりの長さに読むのを諦めた「チボー家の人々」、やっぱり読むべきかなー。

  • 絵柄が受け付けないけれど、すごい技巧だと思う。

    すごく好きで、その本の世界に入り込んでしまって登場人物と会話しちゃう感覚、昔はあったなー。

    マヨネーズという話もなんだか味わい深かった。

  • 様々な人間関係の中で生じる空気感や会話の中での間が上手に表現されていて独特の世界観がある。
    少し難しい表現もあったが、面白かったのでまた読み返したい。

  • 方言の心地よさ。
    時間を気にせず、夜中まで読みふける幸せ。
    本の中の親友たち。

  • もう一度。何度でも何度でも読み返す。「好きな本を一生持ってるのもいいもんだと俺は思うがな」実ッコが戦ってるものは何なんだろうな、そんなことを何度も考える。ワタシもこんな風に本を読もう、と思う。

  • 表題作は★★★★★
    もちろん他も素晴らしい。
    高野文子は一生読める漫画。
    読み捨てではなく家に永久保存したい本。

  • これは…こんな感じ初めてなのだ(;゚д゚)
    漫画を読んだはずが一冊の本を読書したような読後感?!

    本が好きな僕は気に入った(〃ω〃)

    正直、一回目では面白いとは思わなかった(-ω-;)
    でも二、三回と読むと何故だか面白くなってくる!まさにスルメ本!!

    何度も読めるから限られたお家のスペースにこの本を置くことに僕は決めたよ(。・ω・。)b

    内容は『元祖、日常系漫画』?

  • 本好きだったあなたなら、わかる。

    登場人物に対して「置いていかないで」じゃなくて、「さようなら」って思うところが好きだ。個人的に。

全216件中 1 - 10件を表示

高野文子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松本 大洋
高野 文子
花輪 和一
よしもと よしと...
ほし よりこ
魚喃 キリコ
黒田 硫黄
黒田 硫黄
有効な右矢印 無効な右矢印

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)に関連するまとめ

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄色い本 (KCデラックス アフタヌーン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする