モンキー・パンチ・ザ・漫画セレクション 1 幕末ヤンキー (KCデラックス)

  • 25人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (5)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 講談社 (2003年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063348255

モンキー・パンチ・ザ・漫画セレクション 1 幕末ヤンキー (KCデラックス)の感想・レビュー・書評

  • とにかくヤンキーと総司がかっこいい!新撰組ものではまま空気になりがちな近藤さんも、この作品内ではなかなか渋カッコよく描かれてます。
    序盤以外は、「漫画活動大写真」でアニメ化された内容とはかなり違います。こっちの総司は死にそうになくて、原作のほうが好きだなあ。アニメのほうは、無理やりオチをつけなくてもよかったんじゃ……という印象です。
    「幕末ヤンキー」とはちょうど表裏となる発想の「ミスター侍」も収録。こちらはどういうわけかフランスに流れ着いた侍が、銃士隊に入るべくダルタニヤンと腕と知恵を競う……という内容。
    これもアニメ化されましたが、中盤から違う展開。
    この下世話さはわりと原典の「三銃士」ともリンクしており、これはこれでアリだなあと。

  • 新撰組に西洋人が加入というイカレた展開。
    近藤先生が渋いです。

  • 流行に乗って、新撰組もの三連続

    といっても、これだけは全然毛色が違いますが。
    「ルパン三世」以外のモンキーパンチものって、あんまり知らないのですが、この人の感覚は、すごいですねぇ。
    この人にしかないなにかがあります。

    これから、セレクションが続いていくようなので、楽しみです。

  • やっぱりモンキーパンチ先生の劇画調の新選組、かっこいい!けど内容は・・・もうちょっと大人になって読み直してみたらまた違うのかな。

  • 『ルパン三世』で有名なモンキーパンチ先生の新選組漫画。新選組についての知識はほとんど無かったらしく、すごい適当な感じがまた良い。沖田と外国人隊士の友情物語。土方さんがとんでもなくブサイクです。

  • 幕末ヤンキー。
    かっこいいよ。モンキーパンチは。

全7件中 1 - 7件を表示

モンキー・パンチ・ザ・漫画セレクション 1 幕末ヤンキー (KCデラックス)はこんなマンガです

ツイートする