×××HOLiC(4)(KCDX)

  • 2804人登録
  • 3.50評価
    • (217)
    • (154)
    • (790)
    • (2)
    • (3)
  • 63レビュー
著者 : CLAMP
  • 講談社 (2004年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063348811

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

×××HOLiC(4)(KCDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四月一日君がバレンタインチョコレートをもらう
    「コトバ」による縛り
    怪が気にならない友達
    地面に生える腕
    の四話が収録されています。
    読み応えたっぷりの一冊です。

  • 【あらすじ】
    “アヤカシ”が見える四月一日(ワタヌキ)と、“アヤカシ”を祓える百目鬼(ドウメキ)、そしてあらゆる不思議を知る謎の女性・侑子(ユウコ)--。彼らの周りで巻き起こる、オカルティックコメディなヒューマンドラマ!超カワイイ座敷童のトクベツなバレンタインチョコ、人間だけが使える“鎖”、街中に生えている不思議な手……CLAMPの不思議ワールド絶好調!第四弾!!

    【感想】

  • 今回は、ヴァレンタインデーのために四月一日がフォンダンショコラを作ってひまわりにプレゼントしようとしますが、そんな彼がチョコレートを渡したいと願う座敷童の少女に出会う話の他、言葉によって縛られた双子の姉妹の話、その他短編2編が収録されています。

    とにかく座敷童が可愛い。

  • 「コトバ」は生きている。生き筋さえ縛る「コトバ」感情任せで発する時は気を付けたい、気を付けなければならないよね…
    フォンダンショコラ、私も食べたいなぁ〜

  • 言葉縛りはわかる気がする。
    小さいワタヌキが半ズボン姿で可愛い。

  • 言霊ってのは、まああるんだろうな・・と思う。
    ただ、結構「大丈夫」って気楽にしてると落とし穴にはまったり、
    大げさに考えて警戒してると、案外簡単にすんだりすることもあり、
    (そういうことも言葉にするから)
    どう考えたらいいのかな・・って悩むことも多い。

  • バレンタインデーの話でなんかほっこり。

  • CLAMPの"×××HOLiC"の第4巻。今回のメインのお話は人にだけ使うことの出来るコトバの鎖のお話でした。これも昔から言霊として言われてきていることで、このシリーズは上手に伝承などを取り入れて、現代の話に変換していると思います。また、今回は短編が良かったです。まずは、座敷童子ちゃんの登場です♪CLAMP先生にかかれば、あんなに可愛らしい女の子になってしまいます。あとは、四月一日の誕生日のお話。これはちょっとほろっとくる話に仕上がってます。最後はちょっとドキッとする神かくしのお話。どれも面白かったです。

  • 売る前準備として登録。

  • これでフォンダンショコラの存在を知ったけど、あんな美味しそうなフォンダンショコラにはまだ出会えてない。

    四月一日ってなんでモテないの?料理上手なのに。

全63件中 1 - 10件を表示

×××HOLiC(4)(KCDX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

×××HOLiC(4)(KCDX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする