野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)

  • 413人登録
  • 4.18評価
    • (62)
    • (69)
    • (31)
    • (1)
    • (0)
  • 67レビュー
著者 : 柘植文
  • 講談社 (2009年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063376746

野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻から3巻まで読みました。
    このコミックを知ったきっかけは、NHKのショートドラマからです。

    野田さんの向こう見ずな行動に脱帽。
    誰もが野田エキスを吹き付けられることでしょう。

  • kamoshigiさんからの1冊。

    あたしこれ、好きです(笑)

    続きが楽しみ♪

    野田さんが、なぜか光浦さんに見えてしまうのは、
    今だけでしょうか・・・
    早く続きが読みたいです。

  • 野田さんといい重松さんといい、登場人物みんな相当クセあるけど、面白い人間関係だよなー。山本最初迷惑そうだったのに、いつの間にかすっかり馴染んでるし。苦味走ったポメと飼い主が何気に気になる♪(´ε` )

  • テンポ良い短さ、キャラはむしろ良すぎるぐらい

  • 野田さんと友達になりたい。

  • 群馬ネタは地元民としてはあるあるでテンション上がりました。八木節が特に。
    ドラマから入ったので、そのままな話はなるほどなと思いながら読んで、新しい話は楽しく読みました。
    野田さんの絶妙な話のネタ、面白い。
    1番すきなのはお釣りを受け皿に置いて返す富沢さん。

  • なにこれー!めちゃくちゃオモロイ。
    野田さんにハマってしまった。

  • 野田さんすきだし絵も好き。

  • エッセイのような淡々とした日常を描いている漫画。
    野田さんのキャラクターに病み付きになりそう‥。
    ゴーイングマイウェイな野田さん。
    ふしぎとうらやましく見えてくる野田さん。

  • NHKでテレビドラマにもなった漫画だけれど、原作もとても面白い。

    Fラン大学でロシア文学を専攻している野田さんが、日常の出来事の中で自説を蕩々と述べる……のを楽しむ漫画。とにかく、野田さんの生き方がカッコイイ! そして、「こんな人がいるのかな~いるかも!」と思ってしまう絶妙な人物造形のさじ加減。


    この漫画は変形の「無敵漫画」だと思う。無敵なキャラクターが敵をなぎ倒していくという形式の漫画だけれど、この『野田ともうします。』では、無敵なキャラクターがなぎ倒す敵が、現実や社会であるところがミソ。自分がどう思われていようが、まったく意に介さない野田さんの無敵さは、小泉純一郎が言ってた「鈍感力」にも通じるものがあるなぁと。


    あと、私は重松さんが大好き! 無口だけれど、心の中では饒舌で、しかも金持ちというキャラクターは、野田さんの対になっていて良い。時代がこういう漫画を求めているのかなぁと、そんな風にも思えてくる。

全67件中 1 - 10件を表示

野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)はこんなマンガです

野田ともうします。(1) (ワイドKC Kiss)のKindle版

ツイートする