ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)

  • 727人登録
  • 3.49評価
    • (59)
    • (94)
    • (241)
    • (9)
    • (2)
  • 104レビュー
  • 講談社 (2005年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063405293

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今更ながら原作を既読。
    蛍の不器用さに共感。部長と縁側がわたしにも欲しい。
    ドラマと全然イメージが違って驚いた。ドラマの藤木さんと綾瀬さんの漫談のような掛け合いとは違い、部長も渋く、付かず離れずな関係がちゃんと少女マンガだ。

    綾瀬はるかのジャージにちょんまげ、だらだら、ごろごろの干物イメージが強すぎて、原作の方が割とふつうにちゃんとしてる感じがするのが不思議。それぐらいドラマの綾瀬さんがハマってたんだろうなぁと思う。

  • ちょっと疲れてしまったなぁと思った時に読んだらめちゃめちゃ共感ww

  • 高野部長がなにげに優しい。

  • 全15巻読了。

  • 『きみはペット』との類似点が多くて、「ぱくりかよ!」とツッコミながら読み始めたんですが、最終的には「これはこれでアリだな」と楽しむことができたんでよかったです。
    『きみはペット』も『ホタルノヒカリ』も、いろいろ事情があって、恋愛関係でもなんでもないイケメンと同棲することになるっていう、なんともあり得ない設定なんですが、『ホタルノヒカリ』の方が、より設定やら話の展開があり得ない…というかギャグに特化しています。そこで付いていけなくてギブアップする人もいそうですが、私は「あり得ねー」を連呼しながらも、明るく楽しい漫画のテンポに飲まれ、結局ぐいぐい読んでいました。
    部長も最初は、すごくしっかりしてて常識人なのに、なんで同棲だけはあっさり…?と、そのキャラ付にイマイチしっくりこなかったんですが、物語が進むにつれ、どうやら天然ということが判ってきて(まぁ、この漫画の設定上そうしないと説明つかないですが)、魅力的なキャラになりました。主人公の蛍も、漫画とはいえ運が良すぎるキャラだったんですが、最後の最後でそのままにしなかった展開が好きでした。あり得ないながらも、要所要所で心を掴む展開やセリフがあるから、この漫画にハマってしまったのかもしれません。
    なんだかんだで、干物女を自覚する人は、読んで共感したり、元気をもらえる漫画です。

  • 全15巻 完結

  • わたしも高野部長みたいなのが家に欲しい。

  • ebookjapanのキャンペーンで無料入手。

  • 恋愛を長年疎かにしていた干物女が
    上司とおなじ屋根の下で暮らしながら、年下の男性とはいい雰囲気に…!?

    高校生ですが、初!大人の女性向け漫画!!大人の女性の恋愛の価値観ってこんなんなのか。うーんムツカシイ…。
    蛍より年下のマコトも可愛いけど、お母さんみたいな高野さんにもグッときますなぁ(*∇*)
    そして蛍に共感してしまう自分…いかんいかん。

  • 1巻出てからずっと発売日を楽しみにしていた本でした。

    ドラマも見たけど、個人的にはやっぱり原作の方が好き。

    同じ年代だったこともあり、理解できる、共感できるところが多々あり、勇気もわいてくるので、今でも元気がほしいときや背中を押してもらいたい気分の時に読み返しているお気に入り!

    とにかく部長好きです!

全104件中 1 - 10件を表示

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)に関連する談話室の質問

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)を本棚に「積読」で登録しているひと

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)はこんなマンガです

ホタルノヒカリ (1) (講談社コミックスKiss)のKindle版

ツイートする