海月姫(4) (講談社コミックキス)

  • 1748人登録
  • 4.08評価
    • (164)
    • (185)
    • (111)
    • (7)
    • (0)
  • 89レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2010年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063407907

海月姫(4) (講談社コミックキス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大人の階段登っちゃった系♡

    蔵子、ベルばら効果で尼~ず無事入会[笑]
    そしてオスカルに恋する副主任。
    あぁぁああ、副主任をもっと見たい!!!

  • 尼~ずの楽園、天水館を救う計画がいよいよ始動しようとしていた。クラゲドレス制作を積極的に推し進める蔵之介に遂に「覚醒」する月海だったのだが、思わぬ恋の傷が。更に、蔵之介が男であることが発覚しそうになる。

  • 服作りも本格化し蔵之介も月海への気持ちを自覚しつつある。
    しかし月海はおにいちゃんと稲荷さんの中に嫉妬して?

  • くらのすけはほんといいこだねー。魔法かけ損にわらった笑。

  • 面白い!
    蔵之介、女だって嘘吐いちゃっていいのか?後で怖そう。でもヴォーグに載り、天水館を助けるためだもんね!(本当に?笑)
    魔法使いの例えがぴったりで面白かった。東村先生って、常に自分や自分の作品を客観視してる感じがする。だから共感できるし、ギャグも面白いんだろうな。
    ギャグ満載でポップな感じで読みやすい。

    あとがきを読んで、それだけ夢中になれる事があったり、一緒に騒げる仲間がいたりするのが羨ましいと思った。でもアシさん達は結婚してる方が羨ましかったりするのかな。
    無い物ねだりだな〜。

  • にたにた笑いながら読んでしまう。

  • 【レンタル】実際に出来たクラゲのドレスが思ったより可愛くなかった。クラりん(名前覚えた!)のイメージしてた方が可愛かった。クラりん男とバレた。むしろよく今までバレなかったな。さすが尼ーず。

  • 普通の女の子のように、恋をしてしまうことに戸惑う月海。クラゲドレスづくりで、覚醒してしまうところ。オタクの女の子とは違う一面がいろいろ出てきて、まさに少女から大人への成長という感じがする。蔵之介は、月海に恋しちゃってるというか、夢中になっちゃってるけど、お兄さんに心が向いてる月海を振り返らせることができるのか?

  • 千絵子のミシン捌きが素晴らしい。
    ジジまで吊る蔵之介怖い子。
    覚醒した月海によってクラゲのドレスは完成するが、修と稲荷を見た月海はまたネガティブモードに陥り、さらに蔵之介が男だったことがバレてしまう。
    とりあえずベルばらのオスカルということで逃げる蔵之介。さすが尼~ず。ベルばら強し。

  • 借り物。クラゲドレスかわいい。けど突然ドレス作るとか無理あるでしょ。っていうファンタジーな展開。

全89件中 1 - 10件を表示

東村アキコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
東村 アキコ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

海月姫(4) (講談社コミックキス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海月姫(4) (講談社コミックキス)のKindle版

ツイートする