小煌女(1) (KC KISS)

  • 212人登録
  • 3.87評価
    • (18)
    • (26)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 海野つなみ
  • 講談社 (2010年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063407976

小煌女(1) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不遇の姫君とシンデレラストーリー。
    古典的少女文学をベースにSF風味で味つけし、階級社会の理不尽さをほろ苦いスパイスとして加える。ハーレクインロマンスのような物語でも、調理法によっては随分と美味しく頂けるものです。素朴な絵柄がクドさを抑えているせいもあるでしょうか? 現実を忘れ、甘い気分に浸ることが出来ました。

  • 小公女をベースにしたSFラブロマンス作品。サリーが自分の部屋にも魔法がかかっているのではないかと期待したエピソードはせつない。ただ、小さな喜びも糧にして、力強く生きていて共感できる。二つの恋の物語が、輝きあって素敵だ。

  • ジノンの外見以外は特に惹かれるところがなかったです。ストーリーも退屈。けどこの1巻まるごと前置きみたいな扱いなのね。

  • 5巻で完結。

  • 4巻まで読み終わりました(^_^)
    SFの小公女なストーリー。
    SFいいね~

  • かの有名な小公女をモチーフとしたSFファンタジー作品。

    女学校のハウスメイド、サリーの視点から描かれており、毎度キャラクターの掘り下げが上手いと思う作家さんです。

    特に3巻収録の15話は必見!

    自分にも特別な何かがあったら…という気持ちは誰だって抱くけれど、そうはならない現実を皆生きているんですよね。

    そんな複雑な心境を、小公女の有名なエピソードを用いて見事表現しています。

  • スペースオペラ版小公女。壮大なのにミクロな視点が切り替わってお話が進むのが楽しい

  • 主人公少女二人の対比が面白い。

  • 気になっていた1冊。
    「小公女セーラ」をベースにしたSFコミックス(?)
    面白かったので、続きも読みたい。

  • SFで小公女!ワクワクします。1巻のラストが衝撃的だったので、2巻が早く読みたい。

全16件中 1 - 10件を表示

小煌女(1) (KC KISS)のその他の作品

海野つなみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
海野 つなみ
海野 つなみ
海野 つなみ
海野 つなみ
ヤマシタ トモコ
海野 つなみ
海野 つなみ
有効な右矢印 無効な右矢印

小煌女(1) (KC KISS)に関連する談話室の質問

小煌女(1) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする