本屋の森のあかり(7) (KC KISS)

  • 429人登録
  • 4.09評価
    • (37)
    • (52)
    • (23)
    • (2)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 磯谷友紀
  • 講談社 (2010年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063408058

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

本屋の森のあかり(7) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 寺山さんに変化が!
    いったいどうなってしまうのか…。

    潮見さんも乙女で可愛いけど、あんまり仲良くなられると複雑かも。

  • 【あらすじ】
    近づくほどに、気になる想い。遠くにあって、気づく想い。緑(みどり)発案の「週変わりフェア」が始まった。あかりは、無理を通そうとする緑に、自分をもっと信頼してほしいと訴える。初めて二人きりで飲みに行った、その席で……!? 一方、最近心ここにあらずとウワサの、本店の杜三(もりぞう)だが、なんと流血沙汰に――!!

    【感想】

  • 7~12巻まで。
    以下読みたくなった本を抜き出し。
    7巻より、フランツ・カフカ「カフカ・セレクション①時空/認知」
    8巻より、竹久夢二「青い小径 第二詩歌集」
    9巻より、シラー「スペインの子 ドン・カルロス」
    10巻より、ヒルトン「チップス先生さようなら」
         ジュール・ヴェルヌ「十五少年漂流記」
    11巻より、レイモンド・チャンドラー「ザ・ロング・グッドバイ」
    12巻より、ノヴァーリス「青い花」
         アントワーヌ・ドサン=テグジュペリ「夜間飛行」

  • 再読ー。ブラックあかり発現。

  • うひょー!
    緑君も応援したいし、潮見さんは美人だし、でもやっぱり寺山さんとあかりさんが上手くいくと…いいのにな…!!
    やきもきしながら読んでいます。
    栞さんはこんな気持ちなのかなww

  • それぞれに気持ちの変化が出てきて、杜三さんの人間らしさが見え隠れで面白くなってきました!

  • 杜三さんの、気持ちハッキリしてきたね~。そんでもって、転勤...恋愛模様が面白くなってきた。

  • 寺山の気持ちがハッキリしてきて…、早くあかりとくっついて欲しいと思ってしまった!!でも、緑くんもいい感じだしで…。複雑な恋模様がとても面白い

  • 今回はマイナーな本が多め。それぞれの考えとか、恋とかが出てきて、読んでいて楽しい巻。

  • 潮見さんがイイキャラしてます。理不尽なクレームはモヤっとしますね…。それからあかりのクロい描写が好きです。

  •  すごく久し振りに本誌を立ち読みしたらオモシロイ展開になってて、そこでようやく単行本7巻を買い損ねていることに気付きました。あかり、ギックリ腰から復帰の第7巻です。そして8巻は来月発売のようですヨ。
     三角関係? 四角関係? なんていうか、物理的にモリゾーさんだけ離れてるからモリゾーさんの変化がうまくあかりに伝わってないのがすごくもどかしいです。緑くんが本気出してきましたしね。潮見さんのツンデレっぽいキャラは好きなんですが、こうなってくるとビミョーだなぁ…。…うん、面白くなってきました。

  • 本好きな人なら思わず手に取ってしまうマンガではないでしょうか。

    毎回、実際にある本が紹介されているのですが、
    正直な所、作者は知っていても内容は??という作品がほとんどです。
    自称本好きをきどってるわたしですが、こういうところで
    うすっぺらさが見えてしまうというか、
    世の中にはほんとにたくさんの本があるんだなぁと
    改めて思わせてくれる「本屋の森のあかり」

    書店で勤める人たちの悲喜こもごもプラス
    さっきのようないろいろな作品たちにも出会えるという
    このマンガ。
    本との出会いってやっぱりいいもんだなー。

  • カフカ、寺山、幸福な王子、読みたくなる。柿の種どっかにあったはず…

  • 杜三さんが随分あかりを意識しだしたなという点は読んでてやっぱり浮つきもするんですが緑に全力で肩入れしている立場としては多少はがゆさも覚える次第でして…うーんソウル支店異動でどう関係が動くかそわそわわくわくであります。潮見さんがかわうい。

  • これ大好き。
    憎たらしかった緑くんも最近は可愛くなってきた・・・!
    この三角関係がたまりません。
    どっちを応援したらいいのかわからなくなってきました(笑)

  • うーん切ないなぁ。切ない。そして潮見さんがだんだんと憎めなくなってきた(苦笑)。彼女の部屋とか、趣味とか…。ちょっと惹かれるなぁ(笑)。この作品を読んでいると書店員さんの苦労が…。何気なく利用している本屋だけれど、その裏には書店員さんの働きがあることを忘れてはいけないなと。書店員さんありがとう!あとネットばかり利用していてごめんなさい!余裕ができたら…可能な限り本屋に行くようにしよう…。

  • [2010年6月購入]

  • 恋愛だとか書店ものだとかでジャンルをくくるのが勿体ないくらいの作品
    マイナーかもしれないけれど1巻がでた当初から大好きな1作品です。
    今、本を読んだりしていない人も小さい頃読んだことがある絵本や何かしら読んだり聞いたことのあるフレーズが出てきてとても面白いです。

  • 恋愛だとか書店ものだとかでジャンルをくくるのが勿体ないくらいの作品
    マイナーかもしれないけれど1巻がでた当初から大好きな1作品です。
    今、本を読んだりしていない人も小さい頃読んだことがある絵本や何かしら読んだり聞いたことのあるフレーズが出てきてとても面白いです。

  • この漫画で出てくる本が読みたくなるO(≧∇≦)o

    とりあえず、マザーグース読んでみたい☆

  • 続きが気になるー!次はすごく動くのかな?ラストの展開に驚かされました。

  • 杜三さんソウルに行っちゃうんだね。
    あかりとの関係はどうなるんだろう?

  • 段々と変わっていく関係が自然な流れで出来ていて、しかもそれがちゃんと毎回表題の本ときちんと合わさっている。危なげないなあ。
    とはいえ、緑くんもよいけれど私は寺山さんを応援したいので今後に期待。あかりの気持ちはどうなんだろう。まだ留まっているのか、新しい方向へ踏み出しているのか。気になるところ。

全37件中 1 - 25件を表示

本屋の森のあかり(7) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本屋の森のあかり(7) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

本屋の森のあかり(7) (KC KISS)のKindle版

ツイートする