小煌女(4) (KC KISS)

  • 113人登録
  • 3.94評価
    • (8)
    • (15)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 海野つなみ
  • 講談社 (2011年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063408492

小煌女(4) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 前向きなサリーがひたすら愛しい。
    サリーだけじゃなくレベッカさんも幸せになって欲しいのだけど。

  • 小公女のSFものー。
    小公女子供の頃すごい好きだったから嬉しい。

    今回はサリーが頑張ったというかいろいろあった。
    でも短い間にときめいたり幸せだったり切なかったり…大変!
    でも前向きな彼女がすごく好きだー。

  • 王子激甘祭りとクールガイ恋心に戸惑い祭りが同時開催されて楽しかった。だが、恋を恋だけですませないのが海野つなみなので色々とあり、終盤では緊張感のある展開に。ここにきて各話の前のマザーグースの引用がテーマを端的に伝えてて、甘い展開でも話の本筋を見失わせない効果があり、うまいなと思った。

  •  あと一冊で終わりだそうですが、これ、どうやって収集つけるんでしょうか。
     レベッカはジノンだと思うのですが、彼女の目的が、まったくもって読めないまま、最終章です。婚約者だった弟より、好きな人がいて、で、その好きな人が実は生きてた・・・ってことなんだろうけど。
     その婚約者がなんでそこにいるのか、生きてたのか、というのもふくめ、残り一冊で果たして本当に終わるのか! ナゾがナゾ呼ぶ展開ですね

  • レベッカの痛みがとてもよく分かる巻でした。
    マザーグースと小公女をモチーフにした話作りは素晴らしい。

    レベッカが隠している核心へ迫り、次巻で完結かな。
    男女問わず読んで欲しい作品だと思います。

  • ラブてんこ盛りの巻。最終ページはやっぱりねって感じ。次がラストらしい。

  • 2011/7/13 21:33

全7件中 1 - 7件を表示

小煌女(4) (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小煌女(4) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小煌女(4) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする