海月姫(8) (KC KISS)

  • 1351人登録
  • 3.87評価
    • (79)
    • (158)
    • (106)
    • (9)
    • (0)
  • 78レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2011年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063408553

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

海月姫(8) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 関西弁を操る歌下手美人インド人ニーシャ。
    兄による契約社員扱いに不満アリ。社長フゥー☆

    人一倍ダメージを受けやすく、
    なまぬる天国尼~ずに不穏な空気が。

    副主任のチラ出もなく、寂しい…と思っていたら
    生菓子司「光楽堂」のおばあちゃんが♡
    テキパキとしたあの動き、あのフォルム。好きだ♡

    そして、東村さんより軽やかなる尼~ず返り咲き宣言。
    どこまで燃え上がるのか、三国志も韓国ドラマも
    さっぱり分からないけど、本編と共に今後が楽しみ♡

  • 結束しあっていた腐女子集団、尼~ずは気持ちの行き違いが原因で絆が崩れようとしていた。そんな中、天水館に謎のインド人美女が登場。さらに、高級ブランド服の勉強会など様々な出来事が尼~ずを更に混乱させる。

  • ファッションショーの山を越えても、まだ問題は山積。

  • ニーシャのどぎつい関西弁に笑い。
    ノムさんの仰る虫ケラ関係の息詰まる頃・・・
    ジジ様の申し出に行き詰まり解消か?

  • うらやましい、好きなことを形にできるって。働くことや、組織を作ることの難しさなどのテーマもあった。和菓子屋のおっちゃんを味方につけて、大切な場所を守っていってほしい。

  • Jellyfishの縫製を委託するためインド工場と接触する蔵之介。新キャラ・ニーシャとその兄登場。
    人一倍ダメージを受けやすい尼~ずのみなさんが、稲荷の言葉に傷つけられる中、蔵之介はなんとか事業をレールに乗せようと工面する。
    しかしお針子軍団尼~ずのストレスも高まっていく。
    そんな中、ジジさんが生産管理に前向きになる。慶一郎グッジョブ。
    今回は意外とまじめな堅実路線で話が進む。が、それもいい。

  • 借り物。インド人面白すぎる。 私も比較的、蔵之介側の人間なので洋服作りが面白くないってことが理解できない。ついでに生産管理も楽しそうと思っちゃう事務方気質だからこの蔵之介しか理解できない。みんなどしたー?

  • おまけ漫画面白い。

  • インド人美女の言ってることは正論だと思う。インドに縫製を頼むところもアパレル業界の現状を表している。

  • 確かにデザインよりも服の生地って大切だよなぁ。

  • インドの工場に発注すべく布を選ぶところ

    日本のアパレル業界の厳しさが語られていた。
    急に社会派の漫画に。

    何かに夢中になれる人って素敵。

    言い換えると

    夢中になれる何かを見つけた人ってスゴイ。

  • 稲荷さんは相変わらず意地悪だし、尼~ずの関係にひびが!!ちょっぴりハラハラドキドキな展開に…。

    Jellyfishも本格始動して、次回どうなっていくのか、わくわくさせられます。

    新登場のニーシャさん、社長さん、和菓子屋ご夫婦がまた面白い…。

  • 怒涛のごとく突き進んで一旦の成功を収めた後に更なる壁が。
    どう乗り越える尼~ず。

  • オイ生産管理のばんばはどこだ!
    見てぇ、そのトレンディドラマ見てぇ

  • また、いいキャラのインド人兄弟出てきました(⌒▽⌒)。カレー食べたくなった。さてこの巻では、もともとニートな尼〜ずの方々が、服作りに嫌気がさしてきてしまいます。ノムさんの言うとおり、メインで作る人と、サポートでは情熱も違ってくるだろうし。でも、ジジ様が生産管理を申し出てくれるなど良い兆しもあり(⌒▽⌒)。
    最後に、月海が布地を選ぶのに、お母さんが作ってくれてパジャマのことを思い出すところが良かったヾ(@⌒ー⌒@)ノ。

  • 久しぶりに買った。
    おもろいの〜。

  • 8巻も大爆笑しました!
    巻末にちょっとだけだけどごっちゃんが出てて嬉しい!

  • 完全にアパレルな話になってきてる。
    ちょっとギャグが少ない気がした。
    インド人ー。

  • インド人とか急に出てこられると人見知りしてしまうわ。

  • 尼~ず達の輪についにヒビが‥?

    新キャラのインド人兄妹がなかなかいいです。

    月海と修兄の接点が増えてきたのも嬉しい!

  • やっぱりみんな嫌になるよね!逃げたくなるよね!

    河原で段ボール滑りしてるシーンがなんか好き。


    濃いキャラも増えてきて、工場に生産頼んだりどんどん現実的になってきたなぁ〜

  • 天水館存続の為に奮闘する尼~ず。ドレスの外注で蔵之介が連れてきたのは関西弁の美人インド人だった!
    ドレスの生地を選べと言われたものの、何を選べばいいのかわからない月海に蔵之介がとった強行策とは――。

    普通に仕事漫画みたいなノリで楽しくなってきたなぁ。
    関西弁なインド美人さんは実にいいキャラしてました。たまにすごい核心をつくというか、真っ当な発言が出るから困る。
    「この業界は甘くないよ」と言ってるシーンがすごくよかった。
    ドレスの生地選びも、確かに素人には何が何やらだよなーと。
    違いを学ばせるために蔵之介が取った手段が実にセレブらしい(笑)
    たぶん私もあんなとこ連れてかれたら石化するな!
    しかし何だか結束にひびが入り始めた尼~ずは一体どうなることやら…。

  • 夢見て走り出したプロジェクト。

    皆、同じ方向を向いていたと思っていた。
    皆、ついてきてくれてると思っていた。


    …ある日、後ろを振り返ると、
    誰もいなかった。


    果たしてこれから天水館はどうなってしまうのか、
    そして尼~ずたちの鉄の結束は?…な第8巻。

  • 腐女子が主役の漫画。読んでて、ついつい笑ってしまう↑↑絵も可愛いし。ただ、だんだんお洒落感がでてきてる…腐女子のままでいて(>o<)

全78件中 1 - 25件を表示

海月姫(8) (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海月姫(8) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする