本屋の森のあかり(11) (KC KISS)

  • 358人登録
  • 4.04評価
    • (37)
    • (43)
    • (26)
    • (2)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 磯谷友紀
  • 講談社 (2012年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063408775

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 水原店長が素敵な11巻。
    潮見さんの意外な一面を見て驚く店長がとても可愛い。
    いろんな面があるから人って面白いんだなぁと改めて感じるエピソードだった。

    高野さんのこれからもとても気になる。
    「たぶん わたし もっとちゃんと成長したいんだなぁって」
    という言葉にドキッとした。
    私もきっとそうなんだろうな。
    ジダバタしたからって成長出来る訳じゃなかったとしても、ジダバタするしかないのかな…。

  • 【あらすじ】
    届けたい気持ちがある。あなたの目を見て、あなたの手を取り、私は世界でひとつだけの言葉を紡ぐ。潮見(しおみ)の告白を断って、はじめて自分の気持ちに気づいた杜三(もりぞう)。一方、あかりは失敗しつつも、仕事を通して成長を続けていた。噛み合わないタイミング、すれ違う想い。そんな時、杜三のもとに兄からの電話が。父親が倒れた――と。それぞれの関係が変化しながら、物語は青森編へ突入する!

    【感想】

  • 2016.3.19

  • キャリアを積み、責任ある仕事も任されるようになる30前後の女子というやつは『このまま今の仕事を続けて大丈夫なのか』という漠然とした不安、結婚願望も入り交じり、かなり複雑で不安定な生き物です。
    転職を悩む気持ち、わからないでもないです。
    あかりは憧れの理想の本屋に再就職できるのか...できるんだろうな、たぶん。これは漫画の世界だから。
    とりあえず、勘違いとすれ違いが続いた杜三との焦れったい恋はなんとかなりそうで良かったです。

  • 11巻

  • ラストで涙腺が決壊しました。
    杜三さんが素を出せるのは、後にも先にもあかりだけかも知れませんね。
    今後の展開に期待大です。

  • 8〜11巻読了。

  • 既刊一気読み。
    本、読みたい・・と思う漫画。

  • この巻はいつになく素敵
    人間は成長するものですね

  • 安定のキュンキュン。

全35件中 1 - 10件を表示

磯谷友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)に関連するまとめ

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)の作品紹介

潮見の告白を断って、初めての自分の気持ちに気づいた杜三。
一方、あかりは失敗しつつも、仕事を通して成長を続けていた。

噛み合わないタイミング、すれ違う想い

そんな時杜三のもとに実家からの電話が。
父親が倒れた――と。

それぞれの関係が変化する最新刊!

本屋の森のあかり(11) (KC KISS)のKindle版

ツイートする