海月姫(11) (KC KISS)

  • 932人登録
  • 3.84評価
    • (45)
    • (105)
    • (63)
    • (9)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2013年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409031

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
羽海野 チカ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

海月姫(11) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 良い意味でアパレル業界お仕事マンガになった感が強い。しかし、この路線でどこまで突っ走るのか?

  • 15巻まで読了。あとがきまでおもしろい・・・。

  • なんと、世界に認められちゃう?

  • 【借り物】あーなんか社長出てきて不穏な空気だな~。やだな ~。クラゲドレスはかわいかったけどクラゲワンピは毒入っても微妙な気が…

  • いろいろなことが良い方向に、発展しつつある。いろんな意味で、いまのファッション業界はよくない。でも、海外への引き抜きはびっくりだ。これから、どうするんだろう。修さんと結婚したらどうなっちゃうのかな。蔵之介は、大丈夫なのかな?

  • 展示会に向けてクラゲのワンピースを作る尼~ず。
    そして謎のハンサムアジア人が登場。対千代子最終兵器となるか。
    美しいクラゲにも毒がある。月海の覚醒によりワンピースも完成。
    なんとか間に合った展示会だったが……。

  • 腐女子の楽園、天水館を守るために立ち上げたブランド「Jellyfish」はまさかの世界進出へと壮大な話に進みそうな予感。相変わらずのギャグの中、アパレル業界の現状と今後について考えさせられるシリーズである。

  • 蔵之助の目標意識の高さ素敵。

  • アパレル界の厳しさが徐々に表に出てきて、これからどうなっちゃうんだろうって心配になる。

  • 権利書を探す不動産会社ご一行さんの様子が笑えて、蔵子が頑張っている。
    今回、お互いを下からねめあげるような見定めているようなコマがあって新鮮でした。
    ゆりじゃあないけれど、お互いの存在を距離を置いたところから眺めて認めている感覚がよい。何でこの作者はたまにしぜんーんと超えちゃってるのか!

  • 仲間割れの危機は免れたようだけど、「そもそも服に興味がない」という点はスルーされているが、そこはもういいのだろうか。ちょっとすっきりしない。
    カイ社長は作者の韓流趣味丸出しでどうかと思ったが、かっこいいからいいか。

  • 天水館を守るためJerryfish初の展示会に出陣。
    そこに現れたアジアアパレル界の美しき首領!
    Jerryfishまさかの世界進出!?
    その頃浮かれた中年童貞はゼクシィ読んでイタリア行きを決意していた!?

    アパレル界きっびしいなぁ。
    展示会とかどうなるかと思ったけど、想像以上に悲惨でびっくり。
    そして新キャラの外人が腹黒そうで怖い。
    さりげなく月海ごと持って行こうとしてる!?
    まさかの展開ですね。

  • まじめにファッションな感じになってきました。
    ビジネスの話とか。
    もっと月海たちがおしゃれしたり、デートしたり、恋愛のお話を進めて欲しいです~

  • 女をオレ色に染める方法を知り尽くし、
    帰りは代行を呼ぶおかかえ運転手花森さんの
    傍若無人な下種っぷりが今回も最高♡

    Jellyfish展示会!
    展示会の説明に1ミリも興味が持てない
    マヤヤたち…前途多難の様相。
    ペプラムワンピを着こなす蔵之介ステキ!

  • うーん、なんか今ファッション業界のネタってどうなのかな‥と思ってしまった。
    安野モヨコさんのファッション漫画は今でも面白く感じれると思うんだけど。
    海月姫の場合は、政治家の息子(女装癖ありだがファッション業界にはうとい)、オタク女子たちで服作りを商売にしていくというのがあまりにも無理だと思うからなのかな。
    あと、尼~ずのみんなは服作りに関してほんとに嫌々だし、あの下宿から追い出されてもなんとかするんじゃないの?と思ってしまう。
    それなら月海の恋愛メインにしたほうが良さそうなのに‥。
    だんだんつまらなくなってきちゃってこの先も不安。

  • 天水館の救済から、瀕死のアパレル業界の再生へ…めざすところが壮大になってきました。
    アパレルの現状を憂えているけど、身の丈に合わない高級ブランドを買い漁っていた頃よりは今の方がまだ正常な気がします。
    高い服が売れないのは、収入が減ったことと供給過剰で服が余っているから。
    どうにかできるのか⁇

  • ドレスをアパレルの展示会に!の巻

    月海のデザイナースイッチ(?)が入って
    創造力が発揮されている場面が気持ちいい

    漫画がカラーじゃないから、
    頭の中で素材感や色を勝手に想像しながら読んでいるけど
    合ってるのかな・・・・

    有名デザイナーに認められて
    ドレスのデザインを月海と一緒に売ってくれという話になって終わった。

    続きが気になる終わり方!くぅー

  • ばんばさん誕生で爆笑

  • おまけ漫画の高校生たちが一番おもろかった

  • 月海たんのセンスが買われた!!

    次号どうなるのかすごく気になる!!

  • 毒クラゲドレスかわいい~

  • 尼〜ずの住処を守るため、今度はJellyfishが展示会に出陣!
    現在、日本であまりアパレル業界に勢いがないことなど、社会的な話も出てきてややスローな展開になっている。
    色恋沙汰もあまりなく、個人的にはもだもださせられた感じ。
    その分、次巻でぐっとくるのではと期待が高まる。

  • 随分、真面目なアパレル業界マンガになってきましたね。そして一つの、そして大きな可能性・・・月海の才能だけ引き抜くということ。月海を売って金を手に入れ天水館を買い取っても方法は後味悪いけど、結果はオーライになる。きっと蔵ピョンはその選択はしないだろうけど、改めて、蔵之介はファッション自体が好きなのだと自覚するのだろうな~。って違う展開になったらどうしよう<(; ^ ー^)。最後に、ベライスたんの撮影を邪魔しまくるおじさんは何者!?ヾ(▽^;)ゞ

  • まだつづくのね。

全57件中 1 - 25件を表示

海月姫(11) (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海月姫(11) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海月姫(11) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする