七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

  • 732人登録
  • 3.81評価
    • (40)
    • (100)
    • (63)
    • (7)
    • (1)
  • 57レビュー
著者 : 二ノ宮知子
  • 講談社 (2014年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409406

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!
    二ノ宮さんの描く『天才』にはいつもわくわくさせられます。
    謎だらけの顕ちゃんも気になります。

  • 面白かった〜。早く続きが読みたい!虎徹も気になる。

  • 宝石(天然石なら貴石じゃなくてもいい)好きなわたし。
    と言っても光を通すその色を見ているだけで満足なので、名前や産地に詳しいわけでなく。

    前置きはともかくとして、
    謎なイケメン顕定と、宝石の本質が視える(いい子だとか悪い子だとかのオーラが見えるらしい)志のぶ。
    おじいちゃんが勝手に決めた婚約者だから、恋愛感情はお互いに今のところないように見える。
    そのふたりがどんなふうにくっつくのかしらん。

    質屋の世界も興味深く。
    今後も楽しみなマンガです。

  • 私は、宝石に詳しくないけど興味がでてきました。

  • ~5巻
    主人公の特殊能力あたりは面白いけど、のだめはなかなか超えられない。

  • 【読了】

    思っていたよりずっと面白かった。
    宝石に関する新書を読んでいるかのようで(おおげさ?)。

    「のだめ」を彷彿とさせる登場人物たちですが、まぁそれは作者の作風ってことでいいかな。

  • のだめカンタービレが大好きだったので、とりあえず買ってみた。

  • のだめカンタービレを想起する不思議系(オカルト)女子とイケメン男子の組み合わせ。面白かった。
    パワーストーンとか興味あったから宝石の話は楽しいし、質屋の悲喜こもごもとか、全然知らない世界のことだから余計面白い。4巻まで読了

  • 宝石なんてまたマニアックな世界だけど、これは面白くなりそうな漫画かも。
    質屋の不思議な能力を持つ娘さん。
    質屋に来る人や物のエピソードも興味深いし。

  • 面白いけど、はちゃめちゃっぷりがちょっと足りない。

全57件中 1 - 10件を表示

二ノ宮知子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)の作品紹介

『のだめカンタービレ』から4年、待望の二ノ宮知子最新作のテーマは「宝石×質屋」!
東京下町の老舗・質屋を舞台に、宝石のオーラが見える質屋の娘・志のぶとイケメン宝石外商・顕が織りなす、キラッキラの人間ドラマ。新・二ノ宮劇場の開幕です!!

『のだめカンタービレ』から4年、待望の二ノ宮知子最新作のテーマは「宝石×質屋」!東京下町の老舗・質屋を舞台に、宝石のオーラが見える質屋の娘・志のぶとイケメン宝石外商・顕が織りなす、キラッキラの人間ドラマ。新・二ノ宮劇場の開幕です!!

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)のKindle版

ツイートする