海月姫(15) (KC KISS)

  • 532人登録
  • 3.85評価
    • (24)
    • (48)
    • (37)
    • (0)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2015年1月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

海月姫(15) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 「108円、108円、108円、210円…」

    (えっ!!!)
    何、買ったっけ?
    210円の本って何買ったっけ?
    買ってないはずですけどぉ~~~

    と、内心めちゃめちゃ焦りながらも
    平然を装って支払いを済ませる。

    で、レジを少し離れた時点で
    黒い袋の中をそぉ~~~っと覗きつつ確認。
    (あっ!!『海月姫』って210円だったんだ? 
     や~~、失敗したなぁ~~)
    と、くよくよ悩む私の様な女を
    『腐女子』
    と、言うのですね。ハハハ(^^;
    そんな訳で
    海月好き
    三国志好き、
    鉄道好き、
    オタク女子『尼~ず』が集まる『天水館』
    めっちゃたのし~い♪
    私も入所したいっ。

    間違って買って良かったな~~

    ここのメンバー、
    磨けば光りそうな子ばっかり♪
    おそらくそういう方面に話は進んでいくんだろうな。
    この先も楽しみ♪

  • 蔵之介は、シンガポールで月海奪還を決行する。持ち合わせの作戦を駆使する蔵之介。しかし、35階社長室手前で刺客が待ち構えていた。一方、日本にいる尼~ずたちもようやく何やら動き出し始めたようだ。

  • アパレル業界の構造的な問題など出てきて、真面目な巻。
    ここまできても、自分達を現実逃避しちゃう尼~ズたちにちょっとイラっ。いや、だからこその筋金入りのオタクなのだろーけどもw

    くらぴょんカッコいい。

  • 洋服の在庫のところが妙に印象に残った。それを変えなきゃって、とっても真面目な話になってきたよ。久しぶりに読んだけど、人間らしい、良さとダメさを兼ね備えた人々が大好きです。

  • お願いだから慟哭はやめて!!

  • 気がつけばもう15巻。
    蔵子が月海奪還!

  • 巻末の尼~ずの始まりの話がおもしろい。

  • 蔵之介、月海奪還の戦を開始!
    花森さん、ついにシンガポールのカジノに現る!
    運命の女神は果たして誰に微笑むのか?

    蔵之介、まさかそういう手段で進入するとは。
    まぁ確かに美人ではあるけど、モデルとして疑われずに入り込めるほどってすごいな。
    あと花森さんは本当に通常営業で笑いました。ここまで残念だなんて…。ギャンブルに絶対に手を出しちゃいけない人だ。
    尼ーずの過去はおおむね予想通りだけど、まややさんが本当に酷くてうわぁってなった。

  • 本篇飽きてきた…。
    でも巻末の天水館前史が良かった。みんなが入居に至る経緯。
    まやや殿ゼロ歳からの英才教育…。あとジジ様のエピソードがつらい。。

  • シンガポールに月海を迎えに来た蔵之介が何故かスタジオでモデルデビューしてるところから。

    久しぶりに14巻から続けて読んでみましたが、まー話が進まない。。
    面白いけど、話が迂回し過ぎて本線がよく分からないことに。

    何の条件も出さずに月海だけ連れ出しても天水館を取り上げられてお終いでは?
    続きやいかに。

  • 話が順調に進むのでストレスがなくてよい。ストーリーに全く関係なくカジノエピソードが入ってくるのとか楽しい。まやや様の過去がきつい。

  • 月海奪還成功なのか?
    花森さん…

    「尼~ず前夜」良かった。

  • 大量生産、大量消費のアパレル業界に物申す⁈
    職人技の高品質な商品を正当な価格で買ってあげたいとは常々思っているのだけど…。しかし、金がない‼︎ 特別オシャレさんというわけでもない!
    高い服を修繕しながら、長期間着れば良いのだろうか?大量消費しなくても経済が回るように変わって行くべきなのだろうか?
    ギャグ漫画なのに難しい問題をぶっこんでくるな〜。

  • AVIDYの裏側をファヨンから教えられる蔵之介。
    そして花森さんはカジノで盛大な空振り。ダメ人間の見本か。
    舞台がシンガポールに行ってから登場の機会が激減した尼~ずだが、尼~ず結成にいたる前日譚が語られる。
    「我々にとっては一般教養みたいなものです」。

  • 王子様は遅れてやってくる。ヘタレな兄貴とは違い、やはり蔵之介さん、かっこいい。それにしても、金を生み出す為に金を燃やす、というサイクル。確かにはいて腐る程の服を買っては捨てて、というのを、特に日本人はよくしてる。「狂心症」ではないけども、物が溢れた生活を省みるのは必要だと思う。

  • 尼~ず前夜、面白かったけど、見ているのがつらい。
    とくにまややとジジ様。
    ジジ様の萌えメーターが面白くて笑った。
    本編は月海奪還作戦うまくいくといいけど、どうなるか。
    続きも楽しみ。

  • 入居の様子が面白かった。

  • 201501/本編より、エピソード0のほうが断然面白かった。東村作品では、こういう勢いのある物語のほうが好み。「ひまわりっ!」からあのお方の登場にも笑った!すき焼きのシーン、まやや様にもちゃんとしたとこあるのが描かれてて良かった。そして本編でもそうだけど、千絵子は尼ーずの中でまともな立ち位置のキャラとして書かれてるけど、それだけじゃなくみんなに対して優しいとこもカワイイ。

  • エピソード0楽しい。やっぱり尼~ず好きだ…。
    さて、兄は一体何をやっているのか…というかいつになったら出てくるのだろうか…

  • 花森さんが香港に来た!!!!めっちゃ楽しいし安心します( ◜◡◝)実際不安要素だらけだけど。笑
    尼〜ズエピソード0は実写映画のまやや思い出すと、無駄にしんみりした気持ちになった。

  • 話はいよいよクライマックスへ?
    ①花森さんがトミーさん(メロポン)に見える…②まややがウィング関先生の従姉妹だった…

  • うーん、内容が進むのが遅い気がするー。1冊のボリュームが少なくて、なんかなぁ。もっとサクサク話が進んで欲しいなぁ。

  • エピソード0がさほど深刻でなくて安心しました。あんくらい軽めがいいです。本編も。

  • 花ww森ww

全28件中 1 - 25件を表示

海月姫(15) (KC KISS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海月姫(15) (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海月姫(15) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海月姫(15) (KC KISS)の作品紹介

蔵之介、月海奪還の戦を開始! 花森さん、ついにSGP(シンガポール)のカジノに現わる!?
運命の女神は果たして誰に微笑むのか?SGPの熱い夜が今、始まる──。海月姫episode0「尼~ず前夜」&番外編『海月姫 英雄列伝☆』も収録!!

蔵之介、月海奪還の戦を開始! 花森さん、ついにSGP(シンガポール)のカジノに現わる!?運命の女神は果たして誰に微笑むのか?SGPの熱い夜が今、始まる──。海月姫episode0「尼~ず前夜」&番外編『海月姫 英雄列伝☆』も収録!!

ツイートする