東京タラレバ娘(5) (KC KISS)

  • 554人登録
  • 3.82評価
    • (29)
    • (62)
    • (45)
    • (3)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 東村アキコ
  • 講談社 (2016年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
東村 アキコ
羽海野 チカ
東村 アキコ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

東京タラレバ娘(5) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • 2〜5読了
    こういう系のリアルな女子っぽいお話は久しぶりに読んだ。うーん痛い痛い痛い。。
    古傷が疼きすぎる。
    そして、言ってやりたい事がありすぎる。
    みんな幸せになってほしいよ〜

  • 読んでる途中で3回くらい息を引き取りそうになりました。

  • ブクログランキングで5巻が販売されているのを知り、Amazonでぽちり。
    これ下手に仲いい独身友達に、面白いよとか言って渡しちゃったら最後。
    嫌われかねないから、注意が必要です。

  • なんだか話の内容的にも、展開的にも積んでいる感が少し漂う巻でした…。

  • 読了。

    (170807)

  • 全9巻読了。「右のポッケにゃ不安を入れて~」って。本当にいつから夢や希望が不安に変わったのか、こんなに成長してしまったのか…もう思い出せないっ!この漫画は本当に20代のうちに読んで頭の隅の隅に残しておいて、30代入ってアレっと思った瞬間引っ張り出すみたいな使い方が適切。

  • もういろいろと痛いよ。辛いよ…。

  • 続きが気になる。

  • 読了。しんどい漫画である。一緒にいて疲れる相手と生活できない話があった。主人公の立場に立つとわからないでもないと思ったが、相手(映画好き)もそんなに悪くないと思うと悲しく切なくなった。自分がいいと見てる物も相手に好きになって欲しい気持ち。髪型を変えて欲しい気持ち。わからんでもないと思った。
    いろいろ考えてコメントを書こうと思ったが、袋小路に入りそうでやめとこう。
    考えた。たぶん人をランク付けしてしまうから、結婚できないのでは、とふと思った。今アドラー心理学のNHK100分で名著のテキストを読んでふと思った。私が結婚できたのは、お互い、コンプレックスを持っており、どこかで規格外だと思っていたからかもしれない。規格外だからこそ、素でお互い、一緒に暮らしていけるか判断したかもしれない。私は、学歴で、奥さんはなんだろう?よくわからない。たぶんユニフォームを着て、ベンチで待てる存在ではなかったのだろう。漫画の主人公たちを鼻で笑う気持ちは少しあるかもしれないが、罵倒されるほど酷いことでもないと思う。ただ、婚活などは、自分もランク付けされる、市場なのかもしれない。(何かの本に書いてあった気がする。)未婚率を下げるには、婚活であっても、相手も自分も何もない状態で、数分で合う、合わないを判断すれば、もっとうまくいくのではと考える。いい学校に入って、いい会社にはいれば、人生うまく行くと教えられてきたが、はみでたらどうするかは、聞いていない。落ちた階級で一生我慢しなければいけないと聞いた気がする。でも人生そうとも言えないなと思うようになってきた。みんな生きてる。役に立つか、役に立たないかわからん。生きていくだけだろう。私は末永く一緒に生きて行くパートナーがみつかって良かったと思っている。娘も妹もパートナーがみつかれば、いいなと願っている。

  • 第二次結婚ラッシュで着飾るのをやめて適当なワンピースと自分でそれっぽく髪もまとめるくだりにギクッとしました。

  • 本シリーズを読むたび漫画を読む層の広がりを感じる。
    タラレバ娘は共感を得る物語であると同時に、読者に自己の客観視を要求してくる漫画であるということが、醍醐味なのかも。
    ・わかってほしいという気持ちと説教されたい(=忠告してほしい)という気持ちのせめぎ合いを良いバランスで綱渡りする感覚を味わうのです。

  • なんで元に戻っちゃうんだろう。

  • 3人がケンカしたときはどうしようかと思ったけど、なんとか仲直りできてよかった!

    第三次結婚ブームとかままならない恋愛とかいろいろあるけど、もうこの際開き直ってもいいような気もする。

    でもまだ結婚しないって決断はできないんだろうな。

    それでも小雪は不倫はやめたほうがいいと思う。

    KEYの過去もちょっと明らかにされたけどびっくり。まさか奥さんが亡くなっていてさらに先生だったとは。なんか複雑な事情がありそう。

    最後に香!!まさかまさか??
    あー続きが気になる!

  • 「あーだったら…」「こうなれれば…」まだまだ止まらないタラレバ話。 と、思いきや、がっちりスクラムで結ばれていたはずの3人娘の友情に決裂の危機!? そして、KEYの過去も徐々に明らかに!? 累計110万部突破、超話題作!(Amazon紹介より)

  • 声をあげて泣きたい漫画…

  •  相変わらず多彩な攻撃手段でアラサー女子を追い詰めてくる人気シリーズの第五弾である。ごく個人的な感覚だが、act16「ドロドロ女」での内輪揉めからのact17「なめあい女」でのなあなあな仲直りで物語は一段落している風に見える。次の展開に向けて、ネタ元だろう美空ひばりの東京キッドを引っ張っているところなどは、その意味で心憎い演出に思えた。
     それはさておき、物語は三人の恋愛模様がグシャグシャに展開されていく様はいっそ壮観でさえある。そのホラーぶりには、さすがに高みの見物をしていた男の自分でさえ怖気が走った。本当に描き方に容赦がない。
     巻末のタラレBarもまた相変わらず容赦なくえぐってくれていて、特に第7夜の悩み相談への回答例の豊富さには「さすが漫画家、アイディア力が違う」と唸らされた。

     今回も星五つで評価している。この三人娘の行く先がどうなるのか、見守っていきたいものである。

  • またホラーな展開に。いつもだけど。
    KEYはなんか歪んでるし、あとの2人は問題外だし、そんな男たちに振り回されてるタラレバ娘たちにもイライラしてしまう…。
    でも、ここまで来たら最後まで読むぞ‼︎

  • 女の友情に亀裂が!?と思ったら、逆に友情が深まる。良いのか悪いのか…。(笑)
    KEY君の過去が気になります。

  • えぐってくるわー既婚者でさええぐられるこちらのコミック。東村さん、容赦ない(笑)バツイチモデル、バンドマン、不倫男。厳しいけど、至極真っ当な意見を聞かせてくれるのはモデルくんです。きつい言い方だけど正論。残り二人はあかんやつや。はよ、手を切るべし!

  • 倫子たち女同士でけんかが始まって、どうなることかと思ったけど、また絆が深まったようで、良いのか悪いのか…。
    年をとるとだんだん友人の結婚式への意欲が湧かなくなってくるのがすごくリアルでそんなことも漫画のネタにしちゃう東村先生ってすごいなぁ。
    香がどう判断するか次巻も楽しみ。

  • 201605/一層容赦ない巻。現実には倫子達は高スペックなほうではと思うけど、それでもままならないのよねー。

  • いやああ身につまされますねえつまされます

全36件中 1 - 25件を表示

東京タラレバ娘(5) (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京タラレバ娘(5) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京タラレバ娘(5) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

東京タラレバ娘(5) (KC KISS)の作品紹介

「あーだったら…」「こうなれれば…」まだまだ止まらないタラレバ話。
と、思いきや、がっちりスクラムで結ばれていたはずの3人娘の友情に決裂の危機!?
そして、KEYの過去も徐々に明らかに!?累計110万部突破、超話題作!

「あーだったら…」「こうなれれば…」まだまだ止まらないタラレバ話。と、思いきや、がっちりスクラムで結ばれていたはずの3人娘の友情に決裂の危機!?そして、KEYの過去も徐々に明らかに!?累計110万部突破、超話題作!

ツイートする