逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)

  • 386人登録
  • 3.95評価
    • (22)
    • (61)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 海野つなみ
  • 講談社 (2016年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409987

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

  • あー。
    やっぱり面白いなあ。
    この、平坦な面白さが好き。

    ゆりちゃんと風見さんの仲が大きく動く8巻!
    次が最終巻なんて…
    ああ、終わらないで〜

  • とびとびで…4〜8読了
    安定してきた主人公たちより百合ちゃんが気になって仕方ない。
    みくりの気持ちはわかる。対価って大事ですよね。
    まあ家事育児に対価もらったら手を抜けなくなってそれはそれで今の自分には辛そうですが…

  • 今まで実写化された映画やドラマを見ても原作にはなかなか届かない(かなわない)ともどかしく思うことが多かったのですが、逃げ恥はドラマの方が好きです。もちろん原作あっての事ですが…。

  • 風見さん、、せつないなぁ。(>人<;)

  • 友達のやっさんと話す内にやっさんの八百屋の留守番を引き受けることになったみくりちゃん。からの〜商店街の青空市立ち上げに関わるとは。とはいえ引き受けたらしっかり成果を出すのが素晴らしい。これがきっかけでみくりちゃんは自分が進むべき道に気付く。

    思わぬ告白に戸惑いを隠せない百合ちゃん。あー、百合ちゃんに感情移入が半端ない。あいてが無駄にイケメンなのも気後れする大きな理由だけど、でもイケメンにはイケメンならではの苦労と苦痛もあったのね。

    平匡さん、今回影が薄い(苦笑)

  • 最終巻に向けていい感じに盛り上がってきた!
    ドラマから入ったクチなので、やっぱり同じシーンがあると嬉しくなる。
    「他人からはピンと来なくても自分で自分のこの部分はいいなと思う魅力」が自己肯定感に繋がるっていうのは、なるほどと思った。
    みくりは打算的に見えるけど、合理的で賢いんだよね。それがたまにずるく見えてしまうのは、私が感情を優先し過ぎて上手く割り切れてないからだろうな。
    後書きで作者さんが、この漫画のラストについて「皆様のお役に立ちますように」と書かれていたのが印象的だった。「面白く」とか「楽しんで」ではなく「役に立つ」という所が、この漫画の作者らしくて、みくりのキャラクターにも繋がってる感じがした。

  • ・百合、悩む
    ・「今なら三番目になれますよ」

    ゲイ増殖。
    そしてぶっこむ風見。
    表れるポジティブモンスター。
    とにもかくにも風見巻。
    お前、いいやつだな!!!!!!


    青空市が展開。
    みくりは天職に感じてる?

  • 百合ちゃんとみくりは現在同居なう!
    で、
    あからさまに百合ちゃんがヘン!
    だって、
    風見さんに壁ドンされたからね。
    つか、
    方向が間違ってる。。。
    で、
    風見さんの家でお話しなう!
    風見さん、
    ちょいちょい入れてましたが伝わってないと判断しカミングアウト!
    って、
    百合ちゃんに告白ですよー!
    「あなた 僕が絶対 自分に欲情しないと思ってるでしょう」って!
    逃げる百合ちゃん。。。
    役には立った?
    結果、
    無いでしょうって風見さんを切る覚悟をする百合ちゃん!
    おっ!?
    2月11日って今日じゃんって言うシンクロ!
    で、
    偶然会った百合ちゃんと風見さんは百合ちゃん宅で死刑判決笑
    ハグして終了。
    つか、
    百合ちゃんもったいなくないか?
    で、
    風見さんポジモンの元へ?!
    だった2月11日って誕生日なんだもんってちょっと乙女よね風見さん。


    みくりさん八百屋バイトなう!
    で、
    青空市でも開いてみればって言っちゃったもんだからね。
    さぁ大変!
    19pの一番下のコマのめぢからのある人が怖い!
    ただ働きでみくりさん青空市するはめに?
    平匡さんにそれを相談するとまた違った方向に萌え萌え?
    コンサルタントを間に挟んで青空市をしようとするとべらぼうに高い!
    ゆえに、
    結局みくりが日給3000円でやることに?
    バカだなぁ。。。
    占い師なんて10分で2000円とか3000円ですよ!
    by某電話占いのお店に所属時代
    で、
    なんだかんだで青空市開催!
    つか、
    パン屋さんしっかりみくりさんの意見を取り入れてクリームアンパンとか作ってるし。
    売ってるし。
    好評だし!
    つか、
    みくりさんコンサルタントになるか!?
    前に頼んだコンサルタントの人も来てて「あってるんじゃない」って言う一言から。
    どこで自分の才能を知るかわからんもんだね。
    小賢しい小娘からの脱却か!?


    平匡さんの職場ってゲイばっかり?
    もしかして、
    知らないうちに日本人ってゲイ人口が増えてるとかあるのか?
    わからんが。
    レズがたくさんいるのは知ってる!
    レズもどきか?
    どうなんだ?
    知ってないじゃんって自分に突っ込み!

    五十嵐安奈=ポジティブモンスター=ポジモン=好きです笑
    しかし、
    ポジモン怖いです笑


    後書き
    慣れない場所で自分を保つって難しいですよね。
    しかも、
    テレビのドラマの打ち合わせってシチュエーション。
    あれは嫌だわ。

    春に9巻でるのね。
    さまざまな「終わり」と「始まり」だって!
    気になるよね。
    そもそも百合ちゃんx風見さんが本当に気になる!
    もはや、
    みくりはどうでもいい。
    つか、
    ドラマで百合ちゃんって誰がやったのかな?
    知らないんですよね。
    ぐぐる!
    つか、
    石田ゆり子さんですかぁー!
    ハマってる感じがする!
    つか、
    ドラマ観たいかも。。。
    でも、
    風見さんの役者さんがわからん。。。
    はまってましたか?

    つか、
    沼田さんの古田新太さんってズルくないですか!

  • みくりと平匡との今後について気になる。みくりは、シングルマザーの友人とともに、商店街のお祭りを手伝い、そのことがきっかけで就職活動に意欲的になる。地頭が良いのもあり、商店街のイベント企画もユニークな発想で商店街の人たちを感心させるというアイディアマンな面もあり、対価や達成感を大事にする仕事好きな面もあるかと感じる。みくりの決断が契約結婚にもどう影響するか気になる。百合と風見の関係について百合が思うこと、年の差恋愛で引っかかる部分があるのではと悩んだりして切ない。こちらの今後も気になる。

  • #booklog
    ドラマの影響で、原作を手に取ったらスッカリはまってるしまって。
    ドラマより先にストーリーを読んでしまった。すごく後悔しました。
    原作もいいけど、純粋に進展が分からないガッキーのドラマを楽しみたかった。(泣)原作はそろそろ、完結するらしいですね。

  • ドラマも好評だった逃げ恥。『ムズキュン』するならドラマ。『仕事もの』として楽しむなら漫画かなと思っています。
    結局、みくりは仕事が好きなんですよね。対価と達成感が欲しい。青空市も成功して、就職活動も順調にいきそうです。
    あとは、百合ちゃんと風見の年の差恋愛の行方が気になります。漫画も幸せな結末であって欲しいな。

  • 読了。女の人の気持ちのわかる風見さんが、どのようにしてできあがるのか、わからなかったので、漫画で少し理解できた。

  • か、かざみさーーん!! 涙涙……。
    平匡さん、本当に大人になったなあ、とまるで親のような気持ちに。みくりちゃんを支える、いい男になりましたなあ。
    みくりちゃんのワンピース6枚論にぽんと手を叩く。確かに。

  • はーここにきてせつなめ!
    すごーいな
    群像劇だな
    ドラマはこれらを再構成しているのだな、とよくわかった

  • 珍しくドラマにはまってしまい、6巻から購入。ドラマとは違う展開になりそうだけど、キャラ1人ずつの考え方や人生が興味深い。で、やっぱり平匡さんが可愛かった。

  • ドラマで話題沸騰中の原作第8巻。今回は平匡さんより他の方の出番が多い回。それぞれのバックグラウンドが描かれてたので、この巻を踏まえて1巻から読み直すと新たな発見があるかもね~と思ったりもした。とは言え、最後に平匡さん、無自覚に全部持っていくのであった(笑)

  • 風見と百合ちゃんについて一応決着がついたけどこの引きはどうなるんや。平匡のかけた無自覚な言葉がみくりを救うシーンでんぐひぃいいいいと変な声が出た。

  • 題名はハンガリーの諺からつけたらしく、実は漫画の全ての回に諺がついている。
    みくりの家族は全員「実栗」とか植物系だし、ヒラマサさんの家族は魚系だし、この作者かなり「小賢しい」。でも、ヒラマサさんはみくりの好きなところを「楽しく暮らす工夫をする所と、打てば響く頭の良さかな」(8巻149p)と評価し、全面肯定してみくりのトラウマを解消する。

    私も、作者のことをそう思っています(^-^)/。(←今更遅い?)

    テレビドラマが面白くて(「重版出来」の野上亜紀子脚本)、マンガも8巻まとめて読んでみた。8巻まで読むと話は終わっていないが、物語はそろそろ佳境を迎えつつある。第一巻のあとがきに作者は「お仕事漫画なので、ゴールは結婚ではなく(もうしてるし)、「出世」かなと思っています」と書いている。先が見えて来ました。果たしてテレビはどう着地するのか、愉しみです。それらを含めて、意識高い系の最近の独身男女の心情がよく描けていて、とっても勉強になりました。その他の決着の付け方も、キャストの配置でほぼ予想してます。


    それにしても、原作にないことでテレビで描かれていることや、テレビでは尺の関係で描かないだろうけど原作の面白いエピソードがあって、興味深いものでした。例えば、派遣切りの具体例はテレビでキチンと描いたし、フレックスタイム制の残業代つかないのにトンデモナイ労働強化になる部分も、テレビは描きました。また、原作の中にあるみくりの思い付きの、高校生出産適齢期奨励制度などは、通い婚制度の実現含めてむつかしいだうけど、とっても面白いと思いました。

    「結婚て、めんどくさいでしょ」という風見さんの呟きは、現代の若者(だけじゃなくて、私)への大きな問いかけになっていると思う。
    2016年11月19日読了

  • 何と一気読み。読み返しまでするくらい気に入ってしまった。
    五十嵐は「嫌われ役」になりうるキャラかな?
    ポジティブモンスターとあだなされて喜ぶ彼女に
    Good Jobの上ちゃんのセリフをぶつけても
    へらへらしてるだろうか、と思った自分。
    「無闇なポジティブは人を不快にさせますねえ」
    彼女の場合はもしかしたら作為的なポジティブなのか、それとも?

  • 恥ずかしながら、風見くんの気持ちがあそこまでだとは気づいていなかった。年上女性に対する思慕くらいかと思ってたよ。この2人の年齢を超えた関係っていいな。

  • 百合ちゃん始まった…!
    と思ったら終わった…?w
    みくりちゃんの方は前に進んでるけど百合ちゃんにも幸せになってもらいたい!

  • 無理だと思うけど、風見さんと百合ちゃんにくっついて欲しいの思ってしまった。。
    すごく切ないんだもの、二人の別れが。
    現実的に考えると無理なんだろうけれど、でも!と思ってしまう。もうすぐ物語も終着するようだけど、ここは幸せになってほしい。

  • ここへきて、同性愛と一妻多夫という新しい価値観が。
    あとがきにあった「多様性」という言葉が、この話の本質をほんとうに的確に表しているなと感じた。そんな中で百合ちゃんが、一つの「答え」を見付けられたのはよかったなと安心した。

    数ある多様性の中からどれを選んだにせよ、最終的にどう落としどころを見付けて、自分の中で「善し」とするか。結局、人生ってそういうものなんだと思う。
    と言ってしまうとなんだか陳腐な結論だし、この話の本題から逸れてしまう気がするのだけれど。

  • 決して安売りなんかしない。閉経した処女。ポジティブモンスター。小賢しい女。みんな違ってみんないいですね。
    それにしても、50年まもったパーソナルな部分。解放を回避した選択はお見事。王子にほだされるより、リアリティある決断。拍手。

全32件中 1 - 25件を表示

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)を本棚に「積読」で登録しているひと

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)はこんなマンガです

逃げるは恥だが役に立つ(8) (KC KISS)のKindle版

ツイートする