鬼斬り十蔵 1 (アッパーズKC)

  • 136人登録
  • 3.57評価
    • (17)
    • (16)
    • (47)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
  • 講談社 (2003年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063462104

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼斬り十蔵 1 (アッパーズKC)の感想・レビュー・書評

  • 初連載作品らしい。
    もともとイラストレーターなだけあって絵の方は流石に上手いが、CGの合成技術は当時でもまだ前例が無かったらしく、暗中模索の印象を受けた。
    (具体的に言うと合成した背景がまったく絵に馴染んでいない)

    他作品と比べると登場人物が非常に生き生きとしてます○

  • 知人から借りて。
    阿倍晴明と蘆屋道満の因縁が生み出す物語。
    数多の英雄、伝説を絡めた物語、式神、狗神、鞍馬天狗の類が出てくるので面白い。
    餓鬼のような美丈夫としての義経にも魅力があった。

  • 忠犬十蔵に大いに萌える十蔵と愉快な仲間達の旅物語

  • バジリスクを読んだので、こちらにも手を伸ばしてみることに。

    陰陽師安倍晴明などをふまえた歴史物。
    兄の源蔵がここぞという時にいつもチャチャを入れるのが減点。
    妹のカナコは可愛いのに。

    せがわまさき初連載作ということで、不十分な部分もあるがそれなりに楽しめる。
    全4巻

  • 時代劇というほど、大きな歴史のうねりを扱っているわけではないか。
    でも、陰陽師、妖怪、剣豪と、なかなか楽しい題材を盛りだくさん詰め込んだ物語です。

    絵は、「バジリスク」に比べるとかっこよさは少ないのですが、あっちはあくまで人間(?)の物語、こっちは妖怪や魔物たちの物語ということで、わたし的な好みでいうとこっちの方が上です。

  • 甲賀忍法→柳生忍法→そして鬼斬り十蔵と買いました!
    これが初連載?驚きました!
    義経が出たり、安倍清明が出たりと読みやすかった!
    そしてストーリー展開が面白い、すぐに2巻が読みたい。
    陰陽師、妖怪と色々出てきて楽しい!
    私は柳生忍法が1番好きだけど、これも好き!
    もう、せがわまさきのファンです!

  • おもしろい。エロいから飽きない。

  • 初連載でこの面白さとは…!!安倍清明と道満の因縁から翻弄される運命の主人公達。清明って癖の有る人物で良い役柄で描かれることが多いけど、このお話では悪役サイドで新鮮に感じた。

  • 初連載ものです!絵の密度といい、話の展開は「上手い」の一言!!ぜったいのオススメ★
    安倍晴明のとらえ方が面白かったです。

  • 厄災の封が解かれるとき、数奇な運命の歯車が回りだす。江戸の世によみがえったのは平安の世からの宿縁。復活した伝説の陰陽道師を迎え撃つは、体内に狗神を宿した男、十蔵。

  • 十蔵の包容力半端ないです。

  • 安倍清明と道満、その因縁に振り回される主人公たち。珍しく清明が悪役な感じで面白かったです。最後にちょっとだけ出てくる、源蔵の子供の名前をウチの猫の名前に付けました(笑)。

  • 一途な狗。/全4巻完結

  • 『バジリスク』にハマったのでこの作家さんの集めてみよーと思って定価買い。つか、男女に弱いんです私。最後はめのっそお気に入り。お幸せに・・・!

  • 妹の身体の中にお兄ちゃんが入ってしまってびっくり。最初、源蔵が主人公かと思ったのですが、十蔵が主人公なんですよね。源蔵活躍しすぎなので、間違えてしまいました。(題名が鬼切り十蔵なのに…(汗))河童のような妖怪(?)の顔がシリアスさを程よく壊していて、いい感じです。<div class="bk1detail"><a href="http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?aid=p-souzyu32161&bibid=02345609" title="オンライン書店bk1:鬼斬り十蔵 1(アッパーズKC)" >bk1での購入はこちら</a></div>

全17件中 1 - 17件を表示

鬼斬り十蔵 1 (アッパーズKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鬼斬り十蔵 1 (アッパーズKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする