もやしもん(1) (イブニングKC)

  • 6899人登録
  • 3.82評価
    • (1002)
    • (824)
    • (1506)
    • (42)
    • (6)
  • 822レビュー
著者 : 石川雅之
  • 講談社 (2005年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063521061

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

もやしもん(1) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

  •  面白い。
     が、セリフ回しと絵柄が、ほんの少しおどろおどろしい。農大?(菌類)マンガ。

     「銀の匙」の方はさほどおどろおどろしさを感じなかったが……。
     そうか、汚部屋描写の違いかぁ…。

  • 農大を舞台に、菌を見ることができる主人公が、活躍するでもなくいろんなできごとに巻き込まれていきます。

    目に見えない菌の世界を今までにない見せ方で表現されているので、酒造りや体調不良に関わるような菌の話が非常に身近に感じられるようになりました。

    農や食に興味のある方にはとてもオススメです。

  • 全11巻 学ぶこととは何か考えさせられる作品。中学や高校の頃に出会えていたなら人生が変わっていたと思う、きっと。もっと続いて欲しかった。

  • 日本酒好きとしては一度読んでみたかったマンガ。潔癖症の人は読むのがつらいだろうなあ。発酵バンザイ!

  • 説明が詳しすぎるところは端折ったりしちゃいましたが、こういうウンチクストーリーは好みです。新しいことを知る楽しさを感じました。菌が可愛いです。シリーズ読んでいこう、と思えました。

  • 最近酵母が気になり、読んでみる。著者は研究者だな。マニアック&説明が細かく、面白いが読むのが大変。

  • 日頃見えていなかった部分も含めて、
    みんなが息づく世界に、改めて感謝したくなる一冊。
    グルメ本としても。

  • 設定が衝撃的で、絶対面白いと思って読みました。
    菌関係の話は面白いですが、キャラの性格が現実離れした人ばかり…。読者を置いて行きがち。基本うんちくだらけのマンガで、上から目線のうんちく語りキャラ達がなんとなくめんどくさい。偉そうな割に、内容は間違ってる事が多い。
    菌しか出てこない話が時々あり、それに癒されます。

    絵があまり上手くないです。アニメの方が絵が上手く、話も暴走してなくて、原作より面白かったかも。

    余談ですが私も生物学専攻なので、菌は見えませんが、少しだけ'感じる'ようにはなりました。蓋開けとくと菌が入るなーとか、これ3日経ってるから菌増えてきてるだろうな、とか(笑)
    このマンガを読むと少し世界が変わるかもしれません。

  • 有名かな?何故か菌が見えるという大学生が主人公の奇想天外な設定の農業大学キャンパスライフ作品。
    全13巻にて無事完結。
    これまた好きな雰囲気なんで全巻所持してます。

  • この前見た11巻とは絵柄も違う気がする。毎朝ヨーグルトと納豆と漬け物を食べているから乳酸菌は摂取できているんだな。
    さっき山田が来た。

  • 久々に読みます。

    「農大物語」ってタイトルが出た時は一瞬何の漫画だ!?って思いましたが、タイトル変えて「もやしもん」なんすね。そういう変遷とか忘れるくらい、すんごく久しぶりに読みました。

    いやー、菌かわいいなぁ。

    まぁ、とあるプロパーの菌類学者にもやしもんのことをお伺いしたら、「これをきっかけに菌に興味を持ってくれるのは嬉しい。しかし、あくまできっかけとしてはいいのであって、鵜呑みにする前にやはり勉強はして欲しいと思っている」そうです。

    どぶろく作りは本当に、もっと家庭で手軽に作れるようになればいいんですけどね。酒税法ェ……。
    ちなみに、梅酒など混酒で作るのは自家製でもいいけど葡萄はワインになるからダメとか、酒税法は酒税法でなかなか面倒臭い。売るには年間6万リットル以上とか生産量にも規定があるみたいだし。酒作るのってホント大変みたいね。。。よう自分らで作ろうとしたわ、川浜と美里。。。。

  • 発酵と腐敗は基本的には同じ微生物の働き
    人間にとって成功であれば発酵
    失敗であれば腐敗

  • 娘が面白いといっていたので買ってみました。
    もやしもん単体では可愛いのですが、数が多くて
    読んでいるうちに痒くなりそうで1巻で断念。
    話も理系が苦手な私は入り込めなかったです。

  • 面白いし、ためになる。
    マンガの良さを認識した。

  • 酒が恋しくなる。菌が可愛い。沢木が可愛い。みんな可愛い。長谷川さんの恋を見守りたい。もっと続いてほしかった。もっと早く出会いたかった一冊。

  • ためになる漫画。可愛いキャラに凝った設定。必見!

    あらすじは菌が見える青年が農大に入学。教授、先輩、同級生との出会いを経て成長していくという農大キャンパスライフを描く。

    菌が見える。というのはもう完璧にフィクションで主人公は菌がデフォルメされた可愛らしいキャラクターとして見えている。
    菌。とは一般的な菌の事で、作品中の菌は拡大したものを作者がまんまデフォルメしている。

    内容はストーリーパートと説明パートの大きく2つにわけられ、主人公達が活躍する通常のストーリーと菌やキャラクターが時に日本酒とはなんぞや。を説いたり、表皮常在菌にはこんな役割が?!などためになる知識を噛み砕いて説明するパートに分かれている。

    ストーリーはギャグありシリアスあり笑いあり、恋愛あり、微笑ありと目まぐるしく展開されていく。


    文字数が多く、単に漫画として読むのは非常に面倒に感じてしまうかもしれない。
    しかし、ストーリーに菌の知識などをうまく載せているので楽しみながら勉強になる情報を仕入れる事ができる。
    特に、酒については多々、話が挙がっているので酒好きにはぴったりのネタがごろごろ転がっている。
    しかも、菌をキャラクター化する事で親近感も持たせており、そのキャラクターは子供たちの人気も獲得し、絵本にまでなった。


     話も斬新で展開が全く読めないところも魅力の一つです。
     好きなのは枠外のキャラクター説明と作者のつぶやき。意外とツボです。
     そんな
     ためになる漫画。ぜひ、ご一読を!

  • 農大に入学した種麹屋の息子と造り酒屋の息子の話。
    菌に関することなら何でも話題になるらしい。

    かなり詳しく菌について書いてあります。
    お酒、漬け物、乳酸菌など生活に密着して存在してる菌だけじゃなくて、アザラシのお腹の中に海鳥を入れて土中で発酵させ、鳥の内蔵を尻から吸って食べるというおぞましい物まで色々出てきました。。

    主人公が「菌が見える」という設定のため、部屋が汚いシーンとかげんなりするほど汚いです。
    そういうシーン以外は面白かったです(´∀`;)
    続きが気になる。

  • お友達からお借りして読みました。
    全巻読み終わって、『この漫画に出会わせてくれて本当にありがとう!!』と、お友達に全力でお礼を言いたいです。

    舞台は東京の農業大学。
    最近は荒川さんの銀の匙とかで農業系のお話が話題を呼んでますが、こちらのお話は農業のもっともっと深い所のお話。
    主人公は実家が「もやし屋」を営んでいる菌を肉眼で見ることが出来るという男の子。『菌が見える』って、そんな発想聞いたことないですよね。目からうろこ。しかしこの設定がまた面白いんです!!
    空気中を漂う菌たち。私たちの体に無数にくっついている菌たち。菌って聞くとなんか嫌なイメージを持ってしまうんですが、この漫画を読むとガラリとイメージ変わります。
    菌たちが可愛らしく描かれている、という点ももちろんありますけど、お話が進むにつれ菌たちがもたらす奇跡が本当に素敵なのです。
    普通の漫画とは違って、ストーリーとは別に菌についての説明や菌を使った様々な発酵物に関する説明も盛り沢山です。きっと全部読めばそれだけで一気に雑学が増えます(笑)
    ただ全部読むのは結構大変…(笑)

    1巻~13巻まで様々なシリーズが展開されていますが、どのシリーズも甲乙つけがたいほど面白い。
    菌が見える主人公沢木の成長と、仲間たちのそれぞれの恋愛と。新しい仲間を加えて行われる未来と。全部がちゃんとまとまっていて、最終巻は最終巻に相応しいほどの良作。ここまでちゃんとまとまっているのもなかなかありません。
    でもでも、この先ももっと読みたいってよくももちろんありますけどねー!!
    何にしても、読んで損はありません!自信を持ってオススメします!一度読めば菌たちの虜になるはず!(笑)

  • 第一巻でまだ二日目ってところがすごい。まえ読んだときにすっ飛ばしたセリフのところが案外面白かった

全822件中 1 - 25件を表示

もやしもん(1) (イブニングKC)に関連するまとめ

もやしもん(1) (イブニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もやしもん(1) (イブニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もやしもん(1) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もやしもん(1) (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

もやしもん(1) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする