ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)

  • 143人登録
  • 3.73評価
    • (7)
    • (20)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 弘兼憲史
  • 講談社 (2007年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063521825

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

  • とうとうヤングの方も主任です。
    個人的には社長編より面白いです。
    世界情勢とか政治とかじゃなく、身近なところにテーマがあるので読みやすい。

    もうここで既に結婚している島耕作。
    でも仕事人間になる下地はこのあたりから養われつつあります。
    クリスマスに奥さんとコンサート、ディナーに行く予定でしたが、仕事の都合でドタキャン。
    その時に島がクリスマスに働いている人を見ている目線が共感できました。
    クリスマスイヴの日にも多くの人達は一生懸命仕事をしている。
    人それぞれいろんな事情の中でいろんな過ごし方をしている。
    だから人生は面白いんだ。

    全く同感!
    人それぞれが面白い!
    こんな考え方が出来るから島耕作はモテるんだと思う。

  • この上と下に挟まれてるような感じ。まさに主任!(´;ω;`)
    生意気な部下とのやり取りや変わっていく様子、結婚などが見どころでした。
    あと課長編でもおなじみの中沢部長が、やっぱりいい人で和みます。

  • 離婚相手、玲子との結婚秘話。

    :)

  • う~ん…実にいいねえ!と思わせる読後感。

    序盤の亀渕のキャラは、びっくりするほど分かりやすく、
    またあっさりと失敗して更正するなど、展開もあっけないが、それでも面白い。


    耕作の結婚があんなあっさりしたものだったとはwwwwww
    たったの2話だぜ!?
    そりゃ離婚するわw

  • 友人にすすめられて読みました。

    個人的には、『ヤング編』が好きです。

  • 島耕作シリーズ大量購入中。
    あの部下の根性が凄い。

  • 島耕作シリーズ、大好きです。
    いつも、その展開は期待を裏切らないものです
    (出来過ぎですけど)。
    フィクションなのでそこは承知と言う感じでしょうか。

  • 課長から始まったシリーズ、主人公は既に社長になっていて、社長・島耕作が進行中である。この「ヤング」シリーズは、課長になる前の島耕作を扱ったもの。こういう風に、既に出来上がっているキャラクターの話を遡って書くのって結構難しいと思うのだけれども、破綻なく書かれている。

全9件中 1 - 9件を表示

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)はこんなマンガです

ヤング島耕作 主任編(1) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする